ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌

劇場公開日

ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌
17%
63%
17%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ビューティフル・マインド」「ラッシュ プライドと友情」の名匠ロン・ハワードが手がけたNetflixオリジナル映画。「アメリカン・ハッスル」のエイミー・アダムスと「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズをキャストに迎えたヒューマンドラマ。J・D・バンスの回顧録「ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち」を原作に、3世代にわたる家族の愛と再生の物語を描く。名門イェール大学に通うバンスは理想の職に就こうとしていたが、家族の問題により、苦い思い出のある故郷へ戻ることに。そこで彼を待ち受けていたのは、薬物依存症に苦しむ母ベブだった。バンスは育ての親である祖母マモーウとの思い出に支えられながら、夢を実現するためには自身のルーツを受け入れなくてはならないと気づく。共演は「キングス・オブ・サマー」のガブリエル・バッソ、「マグニフィセント・セブン」のヘイリー・ベネット、「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント。Netflixで2020年11月24日から配信。一部の映画館で11月13日から劇場公開。

2020年製作/115分/PG12/アメリカ
原題:Hillbilly Elegy

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第93回 アカデミー賞(2021年)

ノミネート

助演女優賞 グレン・クローズ
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

Netflix映画「ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌」11月24日(火)より独占配信開始

映画レビュー

3.5主演ふたりが柱となって織りなす力作

2021年3月25日
PCから投稿

主人公の”僕”と、母と、祖母。親子三世代におよぶ物語を紡ぐとなれば、それなりの語りの巧さと力量が不可欠だ。その点、本作におけるロン・ハワードの存在は、観る側にとって安心して身を委ねられる最良の材料となるだろう。彼がもたらす映像的なダイナミックさ、さらには森の緑と人間の営みとのコントラストは、一瞬一瞬が色濃く記憶に焼き付く。その物語全般にわたって自分でも制御不能なほど事態をかき乱してしまう娘役がエイミー・アダムスならば、グレン・クローズは「決して諦めるな」「強くあれ」と皆を厳しく叱り抱きしめる防波堤のような存在だ。彼ら二人のもたらす巨大な柱あってこそ、この映画は成立したと言っていい。一方で、2時間に収めようとしたのか、後半は”駆け足”感が否めない。イラク戦争、大学進学の経緯も、全くの言葉足らず。もしかすると必要なエピソードをカットしてしまったのだろうか。これほど魂のこもった作品だけに残念だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

3.0セレブオーラのふっしょく

津次郎さん
2021年5月31日
PCから投稿

もっとも見えるポイントはスターオーラの払拭。
Amy Adamsといえば魔法にかけられて──の、現代に迷い込んだおとぎ話のお姫様であり、アメリカンハッスル、メッセージでも、育ちのいいきれいな人だった。
そのイメージを取っ払って、無化粧で髪もボザボサ、体型もbeforeなかんじのまま。

それはGlenn CloseにもHaley Bennettにも言える。
受賞したのはミナリのユンヨジョンだったが、本作でアカデミー助演女優賞にノミネートされたGlenn Closeは強そうで苦労が見える、とてもリアルなばあやだった。

ニュース動画等で、なにげなくうつったアメリカの一般人が、みょうにエロく見えてしまうことがある。その視覚的な内訳は、豊満な体型と二の腕とcleavageで構成されていると思われる。すなわち、たいてい所得が低ければ低いほどそれが露顕する。

ここに出てくるHaley Bennettはそれだった。すっぴんで低所得者層風の肥満をしている。だが顔はHaley Bennettである。
わたしにはHaley Bennettの顔は、昔の(とりわけあなただけ今晩はの)シャーリーマクレーンに見える。

母子の愛憎の話。母親はクスリに頼って問題ばかりおこしている。世の中には、ダメでもあるけれど、いい側面も持っている親がいる。こどもたちは、母親のいいところがクスリに打ち克ってほしい。と願っている。その浮き、沈みを、描いていく。

ベストセラー回顧録「ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち」の映画化とのこと。シリアスな主題だった。

ロンハワード監督を優れた演出家だと認識している。が、この映画は、筋書きが持っている人間模様の苛烈さに圧され、演出上の巧拙はあまり見えなかった。

アメリカを知らないが、映画を見ていて、あっちの家庭では、(家族間で)争う・戦うことが、成長に正常に(反教師的に)作用することがある──と思うことが多い。

少年時代をやったOwen Asztalosが巧かった。また、やはりGlenn Closeがじょうず。生半可なリアリティじゃなかった。ノミネートの女王だがノミネートせざるを得ないことは、よく解る。
余談だがGlenn Close、本作でラジー賞でもノミネートされていたとのこと。同年に同俳優が別作品でオスカーとラジーにノミネート(または受賞)されることはあるが、同作品の同ノミネートは稀──とのことだった。
厳ついばあやの造形が滑稽でもあった──かもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.5ノミネートも納得のグレン・クローズ

movieさん
2021年5月17日
Androidアプリから投稿

21055.分断を乗り越える強さ。そして人種による分断は更に厄介

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie

3.5個人的には好き

JYARIさん
2021年5月6日
iPhoneアプリから投稿

アメリカでは批判もあったみたいだが、
私としては好きだった

ザ田舎の母ちゃんと
ザ田舎のばあちゃん。
この二人の演技が驚異的で。
本人たちを忠実に再現したなと。

まずそこから好印象だし、
グレンクローズは女優賞獲れると思ってた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。