ディヴィジョン

劇場公開日

ディヴィジョン
0%
33%
67%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラジルのリオデジャネイロを舞台に、誘拐事件撲滅のため戦う警察の姿を描いたポリスアクション。1997年のブラジル、リオデジャネイロ。街では毎月10件以上の誘拐事件が発生しているが、その多くが富裕層から身代金を取ることを目的としたギャング絡みの 「誘拐ビジネス」だった。ある時、次期大統領候補といわれる議員の娘が誘拐される。これをきっかけに、警察の首脳陣は誘拐事件の撲滅のため、容赦ない捜査で「殺し屋」の異名を持つ麻薬取締課のメンドンサと、賄賂などの汚れた手口でギャングの世界にも精通しているサンチアゴを誘拐対策課に加える。議員の娘を救出するためサンチアゴらは捜査を進めるが、犯人は常に警察の行く手を先回りしていた。捜査情報が漏れていることに気が付いたサンチアゴは、警察内部の裏切り者の存在を疑うが……。監督は「善き人」「汚れた心」などで知られるビアンテ・アモリン。

2020年製作/134分/R15+/ブラジル
原題:A Divisao
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血ぬられた墓標
  • 知りすぎた少女
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 呪いの館
  • 血みどろの入江
  • 新エクソシスト 死肉のダンス
  • GONIN
  • GONIN2
  • カリスマ
  • 霊的ボリシェヴィキ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

TODOS OS DIREITOS RESERVADOS A AFROREGGAE AUDIOVISUAL S.A. E HUNGRY MAN BRASIL PRODUCOES LTDA.

映画レビュー

3.0腐敗が標準

2021年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1990年代のリオデジャネイロの実話で、誘拐ビジネスと警察との攻防を描く。
麻薬の横流しや殺人、誘拐、何でも警察が絡むという腐敗ぶり、このような環境下で誘拐事件の解決に奔走する二人の刑事はすでに手を汚していた。
ブラジルの無茶がこれほどとは。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0汚れたヒーロー

MARさん
2020年12月23日
Androidアプリから投稿

怖い

興奮

誘拐や汚職が蔓延るリオデジャネイロにて、誘拐された議員の娘を取り戻すために闘う警察の物語。

そうは言っても、登場する警察たち自身が金銭目的の誘拐の歴があったり、すぐに癇癪を起すような奴だったり…さらには上層部や議員もクセありの胡散臭いのばかり。

味方の中に敵がいたり、その逆も然りで捜査は難航。
しかし、こんな状況だからこそ皮肉にもギャングに精通している警察のおかげで前進できたり…秩序もくそも無いですねぇ。。

実際どれくらいリアルな話なのかは分からないけど、映画として、汚職警察がその顔を利かせて事を進める様は面白かったし、人物相関が多様に絡まっていながらも、比較的わかりやすく、それでいて単純すぎない構図は非常に自分好みだった。
あまり色彩を感じない映像もおどろおどろしくてグッド。

最後は意外とも王道とも言えそうな展開。まぁでもそうなるか。
本当の勝者って?正義っていったい…?そもそも綺麗な正義は根付きにくい土地なのかな。

そんなに線を切ることが得策なの…?と思うようなツッコミどころもちょくちょくあったし、何故か体感3時間くらいすご~く長く感じたりしたものの、最初から最後まで目を離さずに掴まれた作品で、中々の掘り出し物だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
MAR

2.5私腹と懲悪と良心と

Bacchusさん
2020年12月20日
Androidアプリから投稿

怖い

毎月11件もの誘拐事件が起きていたという1997年のリオデジャネイロで、議員の16歳の娘が誘拐されて巻き起こる話。

身代金目的で富裕層を狙った誘拐ビジネスが流行とか、警察官も汚職まみれとか、当時の事件にインスパイアとか言ってるけれど、出て来る警察官でまともな人物は誰一人おらずという状況。

身代金を払って終わらせたい議員の圧力と、身代金は渡さず捕まえたい警察のぶつかり合いや、内通者云々の話だったり、裏社会とのコネで進むドロドロとした展開は面白いのだけれど、まどろっこしいし、テンポが悪いし、これといった見せ場はないしでダレてくる。

何が本当のエピソードかは判らないけれど、警察が上流階級を守るのが警察の務めだとか自ら言い放っちゃったり、3年で132件が0件とか、治安が良くないのは知っていたけれど、まあ無茶苦茶な国だなというのは理解出来たw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る