FUNAN フナン

劇場公開日

  • 予告編を見る
FUNAN フナン
11%
64%
19%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ポル・ポト率いるクメール・ルージュに支配された1975年以降のカンボジアを舞台に、息子と離れ離れになってしまった母親の激動の日々を描いた長編アニメーション。世界最大のアニメーション映画祭である第42回アヌシー国際アニメーション映画祭で、長編コンペティション部門の最高賞であるクリスタル賞を受賞した。1975年4月のカンボジア。武装組織クメール・ルージュによるプノンペン制圧のニュースを境に、多くの住民が強制労働のため農村に送られる。一家で農村へ移動する道中、チョウは息子のソヴァンと離れ離れになってしまう。農村での苛酷な労働や理不尽な扱いは、彼女と夫クン、そして共に生活する家族を追い詰めていくが、最愛の息子を取り戻すためチョウは何があってもあきらめずに生き延びていく。主人公チョウの声を「アーティスト」「ある過去の行方」のべレニス・ベジョ、チョウを支える夫クンを「グッバイ・ゴダール!」「パリの恋人たち」のルイ・ガレルが担当。監督はフランス生まれでカンボジアにルーツを持ち、自身の母親の体験をもとに本作を描いた新鋭ドゥニ・ドー。タイトルの「フナン」は1世紀から7世紀にかけ、現在のカンボジアやベトナム南部周辺にあった古代国家「扶南(フナン)」から。

2018年製作/87分/G/フランス・ベルギー・ルクセンブルク・カンボジア合作
原題:Funan
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

Les Films d'Ici - Bac Cinema - Lunanime - ithinkasia - WebSpider Productions - Epuar - Gaoshan - Amopix - Cinefeel 4 - Special Touch Studios (C) 2018

映画レビュー

4.5美しい背景が人の残酷さを際立たせる

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

カンボジアのクメール・ルージュの大量粛清の時代を生き抜く親子の物語をアニメーションで描いた力作だ。物語は1975年4月から始まる。首都プノンペンの陥落を知らせるラジオが流れ、まもなく田舎の村の住民も強制労働のために農地に送られることになる。小さな息子と離れ離れになってしまった両親は必死で息子を探そうとするが、過酷な労働に追いやられてしまう。
美しい田園風景と非人道的な強制労働の強烈な対比が印象的だ。人間の行いは醜い、しかしそれとは無関係に自然は美しい。塚本晋也監督の『野火』も人間は餓死寸前なのに自然が美しかったことを思い出した。
カンボジアは、かつて東南アジアの映画大国だったそうだ。クメール・ルージュの粛清によってカンボジア国民の4分の1が失われ、映画人などの文化人も数多く殺され、歴史が失われてしまった。フランス資本のカンボジア映画というとリティ・パン監督が有名だが、こうして新たな世代が自身のルーツに目を向ける作品が生まれていることは頼もしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

2.0凡庸とは言いたくないけれど…

pekeさん
2021年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

僕はカンボジアを2度訪れました。
また、ポルポト時代の同国の様子を少し勉強していたということもあり、興味を持って映画館に足を運びました。

でも期待したほどではなかった。
アヌシーで受賞したということですが、とくに感動はしなかった。
凡庸と言いたくはないが、特筆すべきことのない作品でした。

ポルポト時代の4年間で犠牲になった人は、100万とも200万ともいわれています。
カンボジア全土で虐殺が行われ、遺体の多くは土に埋められました。
多数の遺体が埋められた土地(キリング・フィールド)では、土壌の表面まで脂が滲み出していたといいます。

もちろん、本作でも悲惨な出来事は数々描かれているのですが、「親子愛」がテーマのアニメーション作品ということもあってか、そういった陰惨さ、生々しさは抑えて表現されていました。
それゆえに、極限状態に置かれた人間たちを描いているわりには、どこか緊迫感に欠けるような気がした。

ストーリーも想定内のものでした。
強制労働下における人々の生活について何か新たな知識を得ることができるかなと思っていたのですが、それもほとんどなかった。
そして、いちばん大事な、映画のクライマックスであるはずの、親子が再会する場面もわりとあっさりとしている。
もっとも、このシーンは、長きにわたる過酷な生活によって、親子双方の、とくに子どもの人間的な感情が鈍麻したということを表しているのはわかるのですが、それにしてもちょっと拍子抜けでした。

あと、これは僕がじっさいにカンボジアを訪れているから思うのですが、舞台となった現地の雰囲気があまり伝わってこなかった。
その要因のひとつは、セリフが全編フランス語ということ。どうしても「違うんだなぁ」と思ってしまいます。
それから、映像からも東南アジアの温度や湿度をあまり感じなかった。

ちなみに、カンボジアの土はもっともっと紅い。
ポルポト時代に虐殺され埋められた人々の血が滲み出しているのかと思うほど紅い。
僕がカンボジアを旅して印象的だったのは、その大地の紅さと、人々が身につけている「クロマー」の鮮やかさです。
まあそこまでローカルカラーを打ち出す必要も、リアリティーを追求する必要もないのだろうけれど。

あと、タイトルの意味するところも、ちょっとわかりにくいかも。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
peke

4.0【首筋に優しく夫から息を吹き掛けられながら、極限状態の狂気に覆われた祖国で、息子を探す・・。】

NOBUさん
2021年2月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

■物語は1975年4月、首都プノンペンがクメール・ルージュにより、制圧されクンとチョウ夫婦と3歳のソヴァン等、多数の住民が強制労働のため、農村に送られる所から、始まる。そして、途中でソヴァンははぐれてしまう。ポル・ポト等により、結成され知識人を中心に170~200万人が殺害され、国外へ逃亡した者は50万人にも及ぶと、テロップで流れるが、何故同じカンボジア人同士で、かくも、凄惨な殺し合いが起きたのか?については、未だ解明されていない・・。

■印象
・暗い色調の中、頻繁に描かれるカンボジアの長閑な風景

・同じカンボジア人だが、クメール・ルージュの思想に染まったオンカー(革命組織)の姿。生きる為に彼らに媚びる悲しき女のセリフ。

・諦めずに、我が子を探すクンとチョウ夫婦の姿。そして、命懸けで、妻と息子をタイに逃がそうとするクン。

・クメール・ルージュの勢いが衰えて行く中での、共産党幹部の姿。お前も仲間ではなかったか!と言う虐げられていた人々の疑心暗鬼の姿。

<かつては、扶南として栄えていた土地で起こった凄惨な史実を淡々としたトーンで描く作品。彼の出来事を風化させない!と言う意味でも、意義ある作品である。>

<2021年2月21日 刈谷日劇にて、観賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.0空気感が違う気がするんだよな

mikyoさん
2021年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

クメールルージュに支配された時代のカンボジア。制圧されたプノンペンに住んでいた一家が、時代に翻弄されながらも生きていく様子を描いたアニメーション。

監督はフランス生まれで全編フランス語。その所為なのか、湿度みたいな空気感が感じられない気がした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo
すべての映画レビューを見る(全18件)