レディ・マクベス

劇場公開日:

レディ・マクベス

解説

「ミッドサマー」「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」のフローレンス・ピューが2016年に映画初主演を務めた文芸ドラマ。ロシアの作家ニコライ・レスコフの小説「ムツェンスク郡のマクベス夫人」を映画化した。19世紀後半のイギリス。17歳のキャサリンは裕福な商家に嫁ぐが、年の離れた夫は彼女に興味を示さず、体の関係を持たない。意地悪な舅からは外出を禁じられ、人里離れた屋敷で退屈な日々を過ごしていた。そんなある日、キャサリンは夫の留守中に若い使用人セバスチャンに誘惑され、不倫関係となる。欲望を抑えきれなくなった彼女は、驚くべき行動に出る。舞台演出家ウィリアム・オルドロイドの長編監督デビュー作。「のむコレ2020」(20年10月9日~/東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映作品。

2016年製作/89分/イギリス
原題:Lady Macbeth
配給:アットエンタテインメント
劇場公開日:2020年10月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)iFeatures Limited 2016.

映画レビュー

3.5堂々たるピューさん

2024年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

今どハマりしているドラマ「SHOGUN」の按針役コスモさんが出演しているので鑑賞。ピューさんの凛とした演技が素晴らしい👍静かだから、床上の足音やドアの閉まる音が凄く響く。もうちょっと上手く欺けばと思いましたが、そこが17歳なんですよね。

コメントする 2件)
共感した! 2件)
サラ

3.0フローレンス・ピューは良い

2024年3月12日
Androidアプリから投稿

この人出てればハズレなし、今のところ。マーゴット・ロビーのようなTheハリウッド女優ではないけれど、確かにテディが言うようにかなりの美人ではある。現実的な美人ってのがこの映画には必要だったのでしょうね。ものすごい野心家で妖婦って感じでもない、ただその場の思慮のない判断で確実に間違った方を選ぶ感じの所在ない女性。これからも特に困ることもなく生きていくんだろうな。しかしテディが完全に黒人なのはどういう意味?ぜったい父親白人じゃないでしょ。彼女を困らせるための最後の夫からのいやがらせ?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
三毛猫泣太郎

2.0まるで病気

2024年2月28日
iPhoneアプリから投稿

あー嫌いこの女嫌い、そもそも何故この女と結婚しようと思うのかどことっても嫌な女だった。女中や下僕に対しての態度も悪くあなた何様。抑圧された状態で可哀想とかそんな話しじゃないでしょう。見ていて非常に腹が立った。この話としてはどういう意図だったのだろう。こんなに簡単に人の生命を奪う事を躊躇なく描く事に嫌悪感しか無かった。演技が上手いとかそういうのはもう分からん

コメントする (0件)
共感した! 0件)
GAB I

3.0まさに…女帝

2022年12月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 2件)
共感した! 3件)
しろくろぱんだ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る