建築と時間と妹島和世

劇場公開日

建築と時間と妹島和世

解説

金沢21世紀美術館やルーブル美術館ランス別館などを手がけ、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した世界的建築家・妹島和世が、大阪芸術大学アートサイエンス学科の新校舎を設計・建築する様子を追ったドキュメンタリー。アートとサイエンスとテクノロジーを柔軟に連携させ、これまでになかった研究と教育を行う大阪芸術大学アートサイエンス学科。その新校舎に妹島が込めた思いは、誰もが立ち寄れる見晴らしの良い丘の上の「公園のような建物」だった。その構想から完成までの3年6カ月を記録し、1人の建築家がひとつの建築に向き合う姿を鮮明に描き出す。1990年代から妹島建築を撮影してきた写真家のホンマタカシが監督・撮影を手がけた。

2020年製作/60分/G/日本
配給:ユーロスペース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
エグゼクティブプロデューサー
内藤久幹
プロデューサー
内田現
アソシエイトプロデューサー
吉野裕介
撮影
ホンマタカシ
音楽
石若駿
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

Copyright 2020 Osaka University of Arts. All Rights Reserved.

映画レビュー

2.5私の好きな妹島和世の世界

M.Joeさん
2022年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

設計からデザイン、建築現場の定点観測。妹島氏のありのままの発言。
よくあるドキュメンタリー映画だと別の角度からの発言やもう少し突っ込んだ議論もあるかと思うが、妹島氏だけで話しが多く、葛藤もあるが静かに進行していく映画だった。
少し物足りなさを感じた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
M.Joe

タイトルなし

たなさん
2022年3月6日
スマートフォンから投稿

妹島さんも監督も多忙だったのかな。
興行映像作品としての手数が少なすぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たな

4.0これはこれで良いのだ~!

2020年10月17日
Androidアプリから投稿

妹島和世さんの考え・話が聞けて良かったです、見積・予算の件での構造プラン変更が最終的には原案に戻っていたけど施主側の配慮(追加予算?)叉は全体でのプラン調整が有ったのかな?
他の方のコメントに音楽が~、と有ったけど集中する方向が違うでしょうと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なんてこった

2.5映画と記録の間

ksyiさん
2020年10月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ホンマタカシ監督ならではの撮影と編集。いわゆるドキュメンタリー映画とは異なる手法は、建築が持つ特異な時間的空間的スケールを感じる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ksyi
すべての映画レビューを見る(全8件)

他のユーザーは「建築と時間と妹島和世」以外にこんな作品をCheck-inしています。