名も無い日

劇場公開日

  • 予告編を見る
名も無い日

解説

名古屋を舞台に永瀬正敏、オダギリジョー、金子ノブアキ演じる3兄弟の数奇な運命を描いた人間ドラマ。愛知県名古屋市熱田区に生まれ育った達也、章人、隆史の3兄弟。自由奔放な長男の達也は、名古屋を飛び出し、ニューヨークで写真家として多忙な日々を送っていた。そんな達也が突然の弟の訃報を受けて名古屋へ帰ってきた。自ら破滅的な生活を選択した弟に何が起こったのか。カメラを手に名古屋をめぐる達也は、過去の記憶を探るように家族や周囲の人びとの思いを手繰っていく。長男役を永瀬、次男役をオダギリ、三男役を金子がそれぞれ演じるほか、13年ぶりの実写映画出演となる今井美樹、真木よう子らが顔をそろえる。監督は高倉健のドキュメンタリー「健さん」や樹木希林が企画に参加した「エリカ38」などを手がけた、写真家の日比遊一。

2020年製作/124分/G/日本
配給:イオンエンターテイメント、ジジックス・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2020「名も無い日」製作委員会

映画レビュー

命日が有る幸せ

2021年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

些細なサインを見落としてた話

永瀬正敏、オダギリジョー、金子ノブアキ。
この三人が出てるってだけでこの映画、見るしかないでしょ!

日比監督の作品は一本も見てなかったのですがキャストだけで期待大。

期待に応えるいい映画だったと思います。
いきなりのスローモーションや花火、狐面の少年とかちょっと演出的にどうなんだろうって思えるシーンも多々ありましたが、物語としては兄弟がいる自分にも刺さる箇所が数か所あって、共感度は高かったですね。

いやしかし、この三人の競演は凄い!実力も知名度もありながら、言っちゃ悪いがこんな地味な作品に出るなんて。
それぞれ、この物語に感じる所があったのでしょうか、なんとなくみなさん役にかなり入り込んでた様に見えました。

家族、兄弟、一緒にいても分からないことだらけですよね、何考えてるか、何に悩んでるかほんとに分からない。

一番まともで頭のよかった次男の死は、その優秀さと優しさと責任感が原因だとは思うけれど、こういうタイプの人ってため込んじゃうんでしょうね。
他の兄弟みたいにもっと気楽に生きられれば良かったのにとか、逃げ出せばよかったのにと思うけれど、それが出来ないほど真面目で優しかったんでしょう、ほんとうに気の毒で可哀そうに思えた。
過去の家族団らんの記憶にすがる姿は切なかったな~。自分も家族が大好きなんで団らんの景色とかずっと守っていきたいと思うし、箸置きのシーンとか胸が苦しくなりました。。
小さなSOSって見つけずらいし、小さいからこそ危険視しずらいけど、助けを求めるのに大きいも小さいもないのかも知れませんね。
自分が生きるだけで精いっぱいな世の中ですが少しでも思いやりの心は残しておきたいものですね。

わき役の大久保さんとか中野英雄の演技、存在感よかったですね、ちょっと笑えましたが安定の演技で心地よかった。
真木よう子は相変わらず美人で元気で癒されるし、今井美樹の倖薄さとかいい塩梅でしたね。
キャスト全体が無駄なく調和のとれた作品だったのではないだろうか。

ストーリーは弟の死を主軸にしつつ、地元の友人の諸問題やら葬式、死の真相など結構複雑というかエピソードもりもりなので若干進行が鈍い気がしました。
それに長男がほんとに自分勝手すぎ、大事な時に連絡入れずに自由行動とりすぎ。長瀬さんだから自然と納得というか苛立ちは覚えなかったけれど、普通に考えてこの兄貴の行動の無責任さはむかつく。
なんやかんや、カメラのシャッターが切れるようになるし、日常に戻るのだけれど、弟の死を受けて何か変わったかは描かれない、もしかしたらなにも変わらないかもしれない。
ただ心に喪失感と傷が残るだけで、そのまま生き続けるだけかもしれない。
そんなの嫌だな~なんて思ってたけれど、冷静に考えてみたら自分もそうなるかもと思った。
悲しいけれど生き方って変えるのは難しい、もしかすると変えられない、いろいろ考えさせられた映画でした。

本作とはほとんど関係ない話になってしまいますが
最近、劇中で祭りのシーンが入る邦画をよく目にするきがするのですが私だけでしょう?

なんとなくですがコロナ禍で弱った心には本能的にあの賑わいが必要な気がします。
感染リスクの問題で祭りに参加しにくいけれど、映像だけでも見るとなんだか心が軽くなります。
いままでそんなに祭りに関心は無かったけれど、今まで続いてきた行事には当然意味がある訳で、心の栄養素たりえるのかなと思いました。

----------------------------------------------------------------------
劇中セリフより

「ニューヨーク、僕も行ってみたいな」

人生を変えるきっかけはいくらでもある。
行きたいところがあるなら行くようにしたいものですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリント

4.0他人事ではない

2021年7月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

自分もいまだ独身で、兄と半年連絡とらないなんてざら。
しかし、孤独気質なのか、助けを求めるよりほっといて欲しい性格。
映画の弟さんみたいになることは、ありえると感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jiro komoda

3.0地元だったので、せっかくだから

cho-yaさん
2021年7月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

地元だったので、せっかくだから

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cho-ya

4.0鎮魂の映画

2021年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この作品は、登場人物の相関図(親子、旧友)を頭に入れてから見ないと、楽しめませんよ。

疎遠にしていた弟が死んだ。久しぶりに故郷へ帰って家族、旧友と再会した。
「あの時、俺がもうちょっと・・・」と、みなが思う。

大きなストーリー展開はありません。だからこそ有名俳優をいっぱい集めて、2時間の映像を飽きないようにしています。
今井美樹(旧友の役)を起用したのも、アイドル時代からの容貌の変化で、「時の流れ」を確かに感じさせます。若手の岡崎紗絵(姪っ子の役)の明るく若々しい姿も、これからを生きる人を象徴しています。
鎮魂の映画です。故人を偲ぶだけでなく、それによって自分自身の魂も鎮められる・・・ということを伝えています。

写真家が創った映画だけあって、どのシーンの映像もキマっていました♪

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
センノカゼ
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る