アジアの天使

劇場公開日:

アジアの天使

解説

「舟を編む」の石井裕也監督が、韓国人スタッフ&キャストとともにオール韓国ロケで撮りあげた作品。ひとり息子の学を持つ青木剛は妻を病気で亡くし、疎遠になっていた兄が暮らすソウルへ渡る。兄からは「韓国で仕事がある」と言われていたのだが、剛の期待とは違い、兄はその日暮らしの貧しい生活を送っていた。剛はほとんど韓国語も話せないまま、怪しい化粧品の輸入販売を手伝い始める。一方、ソウルでタレント活動をするチェ・ソルは、市場のステージで誰も聴いていない歌を歌う仕事しかなく、所属事務所の社長と関係を持ちながら、仕事や家族との関係について心を悩ませていた。主人公・剛を池松壮亮、兄をオダギリジョーが演じる。そのほか、ソル役に「金子文子と朴烈」のチェ・ヒソなど、キャストやスタッフの多くは韓国人が務めている。

2021年製作/128分/G/日本
配給:クロックワークス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2021 The Asian Angel Film Partners

映画レビュー

4.5タイムリーな問題に挑むアジア映画界のトップランナー

2021年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

幸せ

石井裕也監督が5月公開の「茜色に焼かれる」に続き、またも今の私たちが直面している難問を題材とする意欲作を世に送り出した(撮影の順は本作の方が早かったそうだが)。今回のテーマをやや大げさに言うなら、(主に政治や経済の分野で)日本と韓国の関係が悪化している現状で、市井の日本人と韓国人の付き合い方や助け合い、交流のあり方にどんな可能性があるのかを模索する、といったところか。もちろん石井監督のことだから、理屈っぽい話や理想論に走るのではなく、ソウルから地方へ向かう数日間の旅をたまたま同行することになった両国の3人組同士の姿を描き、人間味あふれるドラマを通じてさりげなく観客に考えること、感じることを促している。

妻を病気で亡くした小説家の剛(池松壮亮)は、8歳の息子・学を連れ、「韓国で仕事がある」という兄(オダギリジョー)を頼ってソウルに到着。早々に兄が仕事仲間の韓国人から商品を持ち逃げされて途方に暮れるが、3人は怪しげなワカメのビジネスの話をあてにして北東部の港町・江陵を目指す。

剛はソウルのモールで買い物をしていた時、観客のいない舞台で歌う元アイドルのソルを目にする。ソルは末端労働者の兄ジョンウ、喘息持ちの妹ポムを養うため細々と芸能活動を続けていた。3兄妹は若くして死んだ両親の墓参りのために電車に乗り、たまたま乗り合わせていた剛たち一行と思いがけず旅を共にすることに。

6人が最初に食事をした店で、酔ったジョンウは韓国人の嫌日感情と日本人の嫌韓感情が共に高まっているという世論調査の数字を韓国語で話す。韓国語がわからない剛は黙って聞いているばかり。剛がソルや他の韓国人に話しかける時は、通じていないのに日本語を口にする。観始めてからしばらく、なぜ剛も他の主要人物たちも簡単な英語でコミュニケーションをとろうとしないのか疑問だったが、これは序盤で容易に意思疎通させない石井監督の狙いだろう。旅の途中から片言の英語で、剛はソルたちと少しずつ会話するようになる。

コロナの時代を舞台にした「茜色に焼かれる」に比べれば、日韓関係の悪化はタイムリーさの点で弱いかもしれないが、長年にわたり改善が進まない印象だし、この問題を扱う映画もドキュメンタリーを除けばおそらくなかったのではないか。他の映像作家たちが敬遠しがちな、現在進行形の社会問題や国際問題といった扱いにくいテーマに果敢に挑む姿勢を石井監督に感じる。

「搾取する側と、搾取される側」という台詞が出てくる。あるいは、ソルが仕事をもらうため芸能事務所社長と関係を持っているという話。経済格差、男女格差が根強く残る社会という点でも、両国は似ている。剛の兄とジョンウはそれぞれ“搾取する側”になりたいと望んでいるが、その願いがかなうことはおそらくない。

それでも、たとえば家族を亡くした喪失感のように、ありきたりかもしれないが大切な感覚をきっかけに、歩み寄ったり共感したりできるようになるのかもしれない。あるいは、お腹がすいている時に、おいしい料理を一緒に食べるシンプルな喜びでもいい。

ファンタジックな要素が含まれる点では、「町田くんの世界」と共通する。現代の寓話のような側面はあるが、主要人物たちと同じようにもがき苦しみながらも支え合って今の時代を生きている人は大勢いる。

最後にもう一つ。ソルたちの親戚の家に泊めてもらう場面で、オダギリジョー演じる兄が色目を使うその家の娘・テヨンを演じているチャン・ヒリョンがなかなかに魅力的。これまで韓国向けドラマの出演が多かったようだが、日本で鑑賞できる出演作が増えるといいなと願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

4.5全ての映画ファンに「サランヘヨ(愛してる)」と伝える愛情深い作品

2021年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

新型コロナウイルスの脅威が迫りくる2020年2~3月に石井裕也監督、主演の池松壮亮、共演のオダギリジョーが韓国人スタッフ、キャストとともにオール韓国ロケで撮りあげた、命がけという言葉が大袈裟ではない気概で製作された意欲作。日本映画ともいえず、韓国映画ともいえず、国籍不明の映画と形容するほかない。
だが、芯が通っているから、どこの国の映画なのか?という些末な問題が一切気にならなくなる。
石井監督の眼差しがそのまま池松に憑依したかのようで、なんとも言えない気持ちになる。切ないのに温かい。全ての映画ファンに「サランヘヨ」と伝えている愛情深い作品。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
大塚史貴

4.0ちょっともの哀しいロードムービー

琥珀糖さん
2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

石井裕也監督が韓国オールロケ。
韓国人スタッフで撮った《ロードムービー》
2021年(日本)監督:脚本:石井裕也
決して仲が良い・・・とは言えない隣国、韓国人と日本人。
《わだかまり、憎しみ》をなくすためには、
《家族になる》
それしかないのではないか?

2つの家族がいる。
妻を亡くした池松壮亮とその8歳の息子。壮亮の兄のオダギリジョー。
一方、韓国人家族・・・
元アイドルで売れなくなった中年の歌手。その兄と妹。

2つの家族が、鈍行列車で出会い2泊3日の旅をする顛末が、
ロードムービーで描かれる。
売れない作家(池松壮亮)
事業に失敗した兄(オダギリジョー)
契約を切られた歌手(チェ・ヒソ)
生活力のない兄(キム・ミンジェ)
ひょんなことから、チェ家族の墓参りに同行して、
互いの生き方を見直すことになる。

韓国人も日本人も個人的に付き合えば、思い遣りのある優しい人たち。
《ビールを飲み、食卓を囲み、愛を語る》
きっと未来が見えて来る筈だ。
とても素敵な題名『アジアの天使』・・・
この天使の実物を見たら、笑うしかなかった。

深刻ぶらず、ユーモラスで、居心地のいい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
琥珀糖

3.0近距離ロードムービー、快作の系譜

2022年6月9日
iPhoneアプリから投稿

近距離小規模ロードムービーの心地好さ。
いこかもどろか、クレしん温泉わくわく、ブルーアワー、など快作の系譜。
オダジョの脱力演は既視感ありつつも新味ありと評す。
いい役だ。
最少人数登場人物らの成長と和解の微量が良い。
石井裕也は巧くなってきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい
すべての映画レビューを見る(全67件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る