Mishima: A Life in Four Chapters

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

1985年製作/120分/日本・アメリカ合作
原題:Mishima: A Life in Four Chapters

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 カンヌ国際映画祭(1985年)

受賞

コンペティション部門
芸術貢献賞 ポール・シュレイダー

出品

コンペティション部門
出品作品 ポール・シュレイダー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0三島の文学と自決

2020年7月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

難しい

アメリカが描く"三島由紀夫"をコッポラ、ジョージ・ルーカスと名だたる監督を冠に、脚本家としての手腕が確かなポール・シュレイダーで撮った本作。

日本人なら知って当たり前と言わんばかりな三島文学の映像化、幻想的な雰囲気と佐藤浩市に坂東三津五郎、奇想天外で近未来的な世界観と沢田研二、三島の分身的?坊主頭の永島敏行と物語が入り乱れ。

[金閣寺/鏡子の家/豊饒の海 第二巻・奔馬]

伝記映画として幼少期を含んだ三島由紀夫の生涯を物語に、、、真正直に観ていると混乱してしまう複雑さに戸惑う、、その理由は三島文学を読んでいるか否かの差が試される!?

断片的に挿入される三島文学の映像化、また違った映画を観ている気分に浸れる反面、三島自身を描く物語に切迫した心情など、緒形拳の演技や監督の演出に力強さが足りないような、淡々と一定のテンションを保ちつつ。

三島由紀夫の影響力と偉大さがヒシヒシと、同じ日本人として誇れる人物でもあり、自分自身の無知な部分に情けなさと恥ずかしさが、、??

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る