テロルンとルンルン

劇場公開日

テロルンとルンルン
13%
53%
27%
0%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

広島を舞台に社会から孤立した男女が窓越しに交流を深めていく姿を描いた中編作品。自分のために作った花火で父親が事故死したことから実家のガレージに引きこもっている類。聴覚障害のため学校や家族から孤立していく高校生の瑠海。ある日、窓を隔てて出会った2人は、窓越しで交流を深めていく。しかし、社会と学校から孤立している2人の境遇が、2人の穏やかな時間を少しずつ狂わせていく。主演は「踊ってミタ」「王様になれ」の岡山天音と「アルプススタンドのはしの方」、ドラマ「中学聖日記」の小野莉奈。監督は広島出身のCMディレクター・宮川博至。中之島映画祭グランプリ、横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル中編部門優秀賞など受賞。

2018年製作/49分/G/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0量より質

2020年9月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

怖い

2020年映画館鑑賞79作品目

2018年の作品

演者の皆さんが良い
特に岡山天音小野莉奈川上麻衣子西尾まりの4人がいい

岡山天音はこういう役がよく似合う
うまい

『アルプススタンドのはしの方』で演劇部の女子高生を演じていた小野莉奈もうまい
不機嫌な感じが良い
窓の辺りをしつこくドンドン叩くシーンが面白い
聴覚障害のわりに話す言葉は普通だが発症した年齢や程度の差によって違うのだろう
膝の辺りが痣だらけだが俳優業の前はソフトとかバレーとかに打ち込んでいたのだろうか

すっぴんの川上麻衣子も良かった
夫を爆発事故で亡くしそれが元で引きこもりの息子を抱えた幸薄い疲労感たっぷりなやつれた姿が良い

ヒロインの母親役の西尾まりも良かった
『パパはニュースキャスター』の西尾愛(めぐみ)として子役だった女の子が高校生の子供がいる母を演じても不自然さが全くなく板についている
昭和は遠くなりにけり

「名無しさん恐縮です」5ちゃんねるの芸スポ板である
なんJ鬼女VIP嫌儲例外無く全てにおいて気持ち悪い
映画くらいはネットから離れたいが現代劇では仕方がない

ヒロインに対するいじめはありがちだが虐められる方がやられてばかりでなく反撃したときは正直「いいぞいいぞ」と応援する野蛮な自分がいる
その一方で類に対する執拗な仕打ちはいくら何でも酷すぎる
リアルな竹原市民の民度さえ疑われる恐れをあるのに抗議しなかった竹原の市長は器がでかく偉い
この映画を観て竹原市民を侮辱する連中の方がよっぽど民度が低いんですけどね

窓越しの2人のやりとりがとても良い

忠海地区の景色が素晴らしい
特に最後の方の「下り坂」「類」「タクシー」「海」「島?」の組み合わせの映像がとにかく芸術的で素晴らしく感動的な美しさ

ヒロインの母親についてどう思うかは観た人によって違うだろう
たとえ勘違いとはいえ母親なら娘を心配するのは当然で警察沙汰も許容範囲だと子を持つ親の多くは多かれ少なかれ共感するだろう
逆に親の立場になったことがないどちらかといえば学校カーストの下の方で辛酸を舐めてきた陰キャの人たちはこの母親に対し深く反省し類と娘に謝罪しろと思うに違いない
数年前に川崎市の登戸通りで50代の引きこもり気味の男に通学途中の女子小学生と父兄さんが殺される通り魔事件があった
その事件に対する反応は松本人志と爆笑問題太田とでは全く違うものだった
娘がいる親の立場の松本は犯人にとても批判的で引きこもりの経験があった太田は犯人に少し同情的だった
ネットの多くは太田に共感し松本に批判的だった
つまり何がいいたいかといえば察してほしい

ところでいきなり「せんだい」に引っ越すとは驚いた
仙台だと思うが鹿児島の川内の可能性もなくはない
いずれにせよいい学校があるからって広島県人が親子揃ってそんな遠くに引っ越すことに僕は驚く
坊ちゃんみたいに赴任先の松山から生まれ育った東京に戻るような話ならわかるが

仙台市で1300円を払って49分の『テロルンとルンルン』
山形市で1300円を払って179分の『海辺の映画館 キネマの玉手箱』
映画館が同じグループで会員なのでこの値段で観ることができた
この2作品どっちがお得だろうか
価値観によって人それぞれだいぶ違うだろう
僕は断然前者の方だ
もう一度観てみたいのも前者の方
『新聞記者』は評価が高い一方で批判も多かったが『海辺の映画館 キネマの玉手箱』は不自然なくらいほとんどが高評価に感じる
『テロルンとルンルン』は49分でも映画館でお金を払って観る価値がある
少なくともヘトヘトに疲れたり体調が著しく悪くなることはないはずだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

4.0母親役 で でています

2020年9月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

岡山天音と今をときめく?「アルプススタンドのはしの方」の主演あすか役の小野莉奈の共演。
よかったです。
川上麻衣子も母親役ででています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カールⅢ世

3.0温かいし、少し前向きほっこりムービーだけど、 尺とかではなく、物足...

おれさん
2020年8月24日
iPhoneアプリから投稿

温かいし、少し前向きほっこりムービーだけど、
尺とかではなく、物足りなさは否めなかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おれ

3.0痛みを知る人

Bacchusさん
2020年8月21日
Androidアプリから投稿

悲しい

単純

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「テロルンとルンルン」以外にこんな作品をCheck-inしています。