スザンヌ、16歳

劇場公開日:

スザンヌ、16歳

解説

フランスの名優バンサン・ランドンとサンドリーヌ・キベルランの長女である20歳の新鋭スザンヌ・ランドンが監督・脚本・主演を務め、16歳の少女と年の離れた大人の男性のひと夏の恋の行方を描いたラブストーリー。16歳の多感な少女スザンヌは、同年代の友人たちに物足りなさを感じていた。そんなある日、彼女は通学途中にある劇場の前で、年の離れた舞台俳優ラファエルと出会う。ラファエルもまた、繰り返される舞台や仲間たちとの付き合いに退屈していた。互いの中に共通点を見つけたスザンヌとラファエルは恋に落ちるが、スザンヌは彼に夢中になればなるほど、自分が人生を見失っているのではないかと不安になっていく。共演に「BPM ビート・パー・ミニット」のアルノー・バロワ。2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション作品。

2020年製作/77分/PG12/フランス
原題:16 Printemps
配給:太秦

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)

出品

カンヌレーベル「初監督作」
出品作品 スザンヌ・ランドン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0雰囲気だけ

りあのさん
2022年1月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

16歳の少女スザンヌは、同年代の友人たちに物足りなさを感じていた。そんなある日、彼女は通学途中にある劇場の前で、年上の大人で舞台俳優ラファエルと出会った。ラファエルも仲間たちとの付き合いに退屈していた。互いの中に共通点を見つけたスザンヌとラファエルはお互いを好きになり・・・という話。
何が起こるでも無くずっと退屈だった。音楽と映像でフランスっぽさは有ったが、ストーリーももやもやしてて雰囲気だけだった。
これ劇場公開するレベルの作品か?って疑問符がついた。
20歳で監督と主演をしたスザンヌはまだ若いし、次回作に期待かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りあの

5.0魅力的なフランス映画

kyo0520さん
2021年9月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

16歳の頃にしか体験出来ない、恋する気持ちを瑞々しく、ストレートに表現した作品。
カフェでの朝食に誘われ、母親から5ユーロ借りて高校ヘ行くスザンヌ。そんな彼女の少し危険な恋がパリの風景にマッチし、一方で信頼し合う家族との情感が見事に描かれ、とても印象的な映像になった。この監督の自作自演である事に、改めて驚かされた。次回作品に期待したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kyo0520

2.5心が触れ合う様子をコンテンポラリーダンスの動きで表現するのはとても...

2021年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

心が触れ合う様子をコンテンポラリーダンスの動きで表現するのはとても心地良くてよかった。
内側に向いていく2人のとても小さな世界を描いているだけに物足りなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
パプリカ

3.0悪くはないけど、色々足りない。

2021年8月24日
iPhoneアプリから投稿

大人に恋して、相手に存在を認められはしゃぐシーンは可愛いなぁと思ったけど、それ以降がなんだか…激しい起伏がなくとも感情を描くことはできますよ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Oyster Boy
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る