ワールドエンド

劇場公開日

ワールドエンド
ワールドエンド
3%
27%
50%
13%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人類誕生に秘められた謎と、人類とエイリアンとの戦いを描いたロシア製SF大作。遠くない未来、宇宙空間から飛来した放射線によって全世界で電力が喪失するブラックアウトが発生する。月の陰になっていた一部の地域だけが被害を免れ、ロシア軍特殊部隊が調査を開始するが、正体不明の敵の襲撃により次々と部隊は全滅してゆく。そんな時、20万年前に地球にやって来た異星人・イドが姿を現す。やがて消滅する母星から地球への移住を計画した異星人たちは、当時地球を支配していた先住民族を駆除するため、似たDNAを持つ人類を生物兵器として地球に送りこんだと言う。そんな彼らの最後の計画は、現在の地球を支配している人類を奴隷化し、地球を手に入れることだった。巨大UFOの移住船の地球到着は明日に迫っており、人類に残された道は、奴隷を操るエイリアンを倒すことのみだった。監督は「魔界探偵ゴーゴリ」シリーズがロシアで大ヒットを記録したイゴール・バラノフ。

2019年製作/154分/PG12/ロシア
原題:The Blackout
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)«TNT Network»JSC, 2019

映画レビュー

2.5ロシア映画

遊眠さん
2020年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

よくできていたと思うが、科学が進歩してるのに、武器が機関銃?ってなぜ進歩していない?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
遊眠

3.0豚鼻エイリアンがゾンビを製造⁈

けんさん
2020年6月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

今後、エイリアンの子供の子育てに困惑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けん

3.5実際にありそうな、、、話

2020年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

リアルすぎる映像、SFを超えた現実が、、将来こんな時代が来るような
身の毛もよだつシナリオ。CG技術も申し分なく、素直にエンターテーメントとして
楽しめる映画。でも、、ちょっと女子にはお勧めしません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みなかみ問屋

2.5ブレードランナー 2049@モスクワ近郊でエイリアン襲来!大味詰込みSF

kuronAさん
2020年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

未来の世界でなぜか現在のロシア軍の最新兵器とSF上の兵器が混在する
謎な世界に未知のエイリアンが襲来する。
未来のモスクワがブレードランナー 2049ライク。
ロシア軍協力らしく実在兵器の鑑賞ミリタリーマニアにはいいかも。

最初の掴み分数から中頃までは襲来モノのセオリー通りの映像演出で
適度な緊迫感があり楽しめる。

途中から風呂敷がどんどん広がり、謎組織や、能力の存在、
プロメテウスなお話等、次から次へと伏線?謎展開。

途中からこいつ誰だったっけ?みたいなことに一瞬なったり、
後半のエイリアン登場から一気にB級路線に転落(笑
このプロットだと絶対却下されるだろう暴力肯定演出とか
シリアの話とか、アメリカンなハリウッド文法(規制)に
見慣れた人だと、異文化カルチャーショックか。

最後は、置いて行かれる。。。そりゃないよ~こんだけやっといて。
という謎なオチ。

詰め込み過ぎ、幕の内弁当で監督の趣味かプレデターネタとか
仕込まれているが、総じて大味。

結局何だったのか....呆然として劇場を後にする。

唯一の見どころ:
CGやVFXはハリウッド同等かそれ以上クオリティで
全てロシアのスタジオ。
日本は、まず追い付けない映像クオリティでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kuronA
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る