中村屋酒店の兄弟

劇場公開日:

  • 予告編を見る
中村屋酒店の兄弟

解説

若手映画作家の登竜門となっている田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でTBSラジオ賞を受賞した中編作品。数年前に家を出てひとり東京で暮らす和馬は、親が経営していた酒店を継いだ兄の弘文のもとへ帰ってくる。数年ぶりに訪れる実家は当時のままの温かさと懐かしさに包まれていたが、その一方で確実に変わってしまったものもあり……。田辺・弁慶映画祭TBSラジオ賞のほか、第30回東京学生映画祭グランプリ、第11回下北沢映画祭観客賞などを受賞。監督は俳優活動の傍ら独学で脚本を書き、本作で初監督を務めた白磯大知。20年11月、田辺・弁慶映画祭の受賞作品を特集する「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」(20年11月20日~12月10日、東京・テアトル新宿)で上映。22年3月に単独で劇場公開。

2018年製作/45分/G/日本
配給:パルコ
日本初公開:2020年11月21日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)「中村屋酒店の兄弟」

映画レビュー

4.0兄弟の絶妙な距離感が生む優しさ

2022年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あぁ、好きだわーこの作品。
自身が仲が悪くない兄弟(姉妹でも、兄妹でも、姉弟でも)であれば響くんじゃないかなぁ?親ではない、対等のようでそうじゃない、べったりじゃないけど、周りに漂うような寄り添い感。あー、これこれって感じでした。この空気感が絶妙すぎて自分を見てるみたいでした。久しぶりに会う感じも良かったなぁ。

あくまで家族の物語にフォーカスしたことで、なんのことはないエピソードでも深く染み入るものになり、なかなかのイベントの結末に説得力生んでると思います。

藤原さん目当ての鑑賞でしたが拾い物でした。白磯さん監督の次回作楽しみですし、本作は短編でしたが、長編として改めて観たいですね。愛すべきこの兄弟の次を観たいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
バリカタ

3.0幸せって何?

2022年3月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

寝られる

幸せは人それぞれで、それを理解しない弟と、兄としてのプライドを捨てきれない長男。ぎこちない再開からお互いに思うことはあっても話しはしない。

弟の身勝手にイラつきながらも結局は弟がかわいい兄。

とてもわかりやすかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ふわり

5.0東京のがいいんだよ。

2022年3月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

挑戦的なショートムービーです。たった45分なのに開始数分間は音声のみのラジオドラマ形式になっていて、暗いスクリーンに向かって想像を膨らませながらめちゃめちゃ集中しました。ここはスピンオフとなってますが、どちらかと言うとプロローグの方がしっくりくるかなと思います。

田舎の酒屋を継いだ兄の弘文と東京から突然帰省した弟の和馬。大切な人から忘れ去られた優しすぎる弘文。一方で要領がよく好きに生きる和馬。弘文の内に秘めた憎しみにも似た嫉妬心を和馬の無神経さが静かに逆撫でしてゆく。ものすごくリアルな兄弟の描写だと思った。

どちらの気持ちも理解できるし、どちらの気持ちも理解できない。そしてどこか不自然な和馬の違和感の正体が明かされた時。最後まで弘文は「お兄ちゃん」でした。表情1つ1つ。言葉1つ1つ。丁寧に演じた長尾琢磨と藤原季節が素晴らしかった。

45分とは到底思えないほど重厚で、深くて、何気なくて、温かくて、無情な物語でした。白磯大知監督が96年生まれと知って驚いています。天才ですか。今後も期待しています。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
はるたろう

4.5体脂肪削ぎ落としたバディムービー

2022年3月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

オープニングでオマケのラジオドラマが挿入されていましたが、これって全ての上映館でやってるんですかね??絶対そうであって欲しいな。あるのとないのでは印象が全然違うから。そして、そんな映画(画面真っ暗な作品)を観てみたい(?)とも思いました。これだけでも良い体験だった。
本篇も最高です。朴訥とした印象を与えながらも、結構なビターテイストの社会問題を織り込んで、見事なタペストリーに仕上がっておりました。
うん。これは良いものだ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
lynx09b
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る