かくも長き道のり

劇場公開日

かくも長き道のり
22%
45%
0%
22%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2017年の伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞で審査員奨励賞を受賞したシナリオの映画化。群馬県・中之条町の美しい自然を背景に、往年のジャズの名曲が物語を彩る。駆け出しの女優の遼子は4カ月ぶりに故郷の田舎町に帰ってくる。連続ドラマへの出演が決まった彼女は、上京前からの恋人・村木順次と別れるよう事務所から迫られていた。順次は、遼子と25歳も年が離れた元プロの賭博師で、いまは質素に暮らしているが、遼子を女優としてこれから売り出したい事務所にとっては邪魔な存在だった。しかし、遼子にとって順次は大切な存在で、別れる決心がなかなかつかず……。主演は「シグナル100」「黒崎くんの言いなりになんてならない」などに出演した北村優衣と、数々のドラマや映画で活躍するデビット伊東。

2020年製作/71分/日本
配給:ナインプレス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

Copyright (C) 2020 かくも長き道のり All Rights Reserved.

映画レビュー

1.0男の美学

odeonzaさん
2022年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

2.0若い恋人

kossyさん
2022年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 破天荒な生活をしていた村木順次50歳。という設定にもかかわらず、今では遺品整理業のバイト。元は博打打ちだとは言ってたけど、ヤクザなんかの金持ちの麻雀の代打ちだったとか。暴対法以降、そんな仕事もなくなったんだね、きっと。群馬県の温泉地といった環境だと、やっぱりそんな奴が多かったんでしょうね。

 それにしても自分より25歳も若い恋人を持つなんてうらやましい限り。移動図書館職員やってる松下なんてのもいい設定だとは思うけど、遼子がそうなる前に何とか出来なかったのか。そういった過去の話の方が青春していて面白いような気もするが・・・

 中心人物の心情もよくわかるけど、一番の謎は松!マネージャーの推理力も冴えていたけど、松の本心まではわからないはず。登場人物すべての心理変化を表現するには脚本もまだまだといったところ。ジャズと心酔する順次は良かったですけどね♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.0余韻に浸れた作品

momotaroさん
2021年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

じゅんさん(デビッド伊東)の年齢が50歳設定、自分とほぼ同年代、人生の残り時間を意識しだすころに、娘のような歳の差の彼女がまばゆい光への階段を登り始めた・・・

主人公のヒロインの輝かしい未来を遠くから応援したい気分で完全にじゅんさん目線(笑)

題名の「かくも長き道のり」はB21スペシャル時代から知っているデビット伊藤さんとそれを見ていた自分にかぶってみていました。

マネージャーのキャラクターがこの映画のテンポを良くしてくれてますね。
70分と短い時間なので、ややこしいひねりはないかと思いきや、見終わっての余韻がとても残った良い映画だったのでコメントしました。
自然の多い温泉行きたくなりました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
momotaro

1.5往路のバスなら駅でしょう。

Bacchusさん
2021年2月16日
Androidアプリから投稿

悲しい

幸せ

連ドラへの出演が決まった25歳の駆け出し女優が、群馬県は中之条町にとある事情で帰郷して巻き起こる話。

中之条町といわれても良くわからなかったけれど、四万温泉のあるところなんですね。

バス停で1時間に1本の路線バスを待つところからコミカルに始まって行くけれど、祭で?となり、なぜ一度断る?花屋なんかある?そもそも知ってるだろ?もう祭のこと忘れた?と、疑問が浮かぶ。
ただ設定とか台詞とか、本が雑なだけなんだろうって程なく理解し始めたけれど、導入部分の会話は大切だからねー。ホント細かいところかも知れないけれど。

ちょっと粗暴な片鱗の見え隠れする主人公の帰郷理由と、25歳年上の元代打ち師の恋人との話に、ストーカーが絡む物語で、話自体もありがちだし、何か薄~く上っ面をなぞっただけの様に感じてしまって盛り上がらなかった。

そして、キレイに終わった風になっているけれど、結局松もどこ行った?でマネージャーは仕事半分しかしていませんよ。
この規模の映画じゃ仕方ないと受け入れろってことですかね…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全6件)