ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

劇場公開日

32%
48%
18%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

質素な暮らしぶりで「世界で最も貧しい大統領」とも言われた第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカと日本の知られざる関係を描いたドキュメンタリー。2012年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた国連会議で、先進国の大量消費社会を優しい口調ながら痛烈に批判したムヒカ大統領。その感動的なスピーチ映像は世界中に広まり、日本でも大きな話題を呼んだ。当時ディレクターを務めていたテレビ番組でムヒカ大統領を取材した田部井一真監督は、ムヒカ大統領が日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされる。その後も田部井監督は大統領退任後のムヒカに取材を重ね、多くの日本人に彼の言葉を聞いて欲しいと願うように。ムヒカも訪日を熱望し、16年に初来日を果たす。

2020年製作/98分/G/日本
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
濱潤
プロデュース
濱潤
プロデューサー
大島新
堀治樹
撮影
中島大樹
編集
大山幸樹
音楽
石崎野乃
主題歌
三浦透子
主題歌(作曲・編曲)
森山直太朗
ナレーション
安藤サクラ
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

映画レビュー

5.0たおれても起き上がって歩き続けること

Tomさん
2022年5月3日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tom

4.5「人新生の資本論」を目指して実践して来た人がいた!

2021年8月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ムヒカ氏の考えは、分散管理の社会主義。中国やロシアのような、中央集権の社会主義ではない。これは、斉藤幸平の「人新生の資本論」のメインの主張そのもの。こういう政治家が世界中に増えれば世界も変わると思うが、ムヒカ本人も難しいことを認めている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと

5.0見てよかった。知れてよかった。

fukui42さん
2021年8月25日
iPhoneアプリから投稿

一言「だからか!」。

報道等で「自分の報酬8割を注ぎ込んで、国民の家を作る」質素な大統領。
なんか小柄で人のいいおじいちゃんだなあ、と思ってました。

ドキュメンタリーなので、「!」と思った点を。

●このドキュメンタリーを作ったのが、日本だったこと。
前半はウルグアイでのムヒカ。後半は、来日したムヒカを追う内容。

●ムヒカは70年代軍事政権と戦う、左派の革命家だったこと。
政治犯として妻と12年間投獄。
ムヒカはいいます「絶望の中で頭で考え、いろんなことを思いめぐらせていた」。
そして、あの経験がなかったら、今の自分はいないと。

●ウルグアイに移民してきた日本人に、菊の栽培を学んだこと。
なので日本のことに関心がある。

●来日して、車中から銀座を見て。
「なぜ広告は西洋人ばかりなの?。日本人も綺麗なのに」。

●日本で一番会いたかったのは、若者。
これからの世界を担う世代だからでしょう。
彼らに向けたメッセージには、ムヒカの愛が溢れてました。

終盤はその言葉の一つ一つに、うなづき涙ほろり。
いろんな経験が彼の言葉を産んだんだな。

高校の課外授業でもぜひ見てほしい。
そんな最高のドキュメンタリーでした。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「人生を一人で歩むんじゃないぞ」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

4.0尽きぬ欲が貧しさ

2021年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ウルグアイの元大統領ムヒカ、彼を取材し略歴を紹介したあと、日本に招待する。
次から次と欲しがるのが貧乏で、人間が生きるというのはそんなことではないだろう、と問いかける。
日本に敬意を払いながら、今後に懸念を表し、納得。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る