ぶあいそうな手紙

劇場公開日

ぶあいそうな手紙
ぶあいそうな手紙
23%
54%
21%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

手紙の代読と代筆を通して交流を深めていく老人と娘の姿を、おかしくも温かく描いたブラジル発のハートウォーミングストーリー。ブラジル南部のポルトアレグレに暮らす78歳のエルネスト。隣国ウルグアイからブラジルにやって来て46年になるエルネストは、頑固で融通がきかず、うんちく好きの独居老人だ。老境を迎え、視力をほとんど失ってしまったため大好きな読書もままならなくなってしまった彼のもとに一通の手紙が届く。手紙の差出人はウルグアイ時代の友人の妻だった。手紙が読めないエルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。手紙の代読と手紙の代筆のため、ビアがエルネストの部屋に出入りするようになるが……。主人公エルネスト役をウルグアイ映画「ウィスキー」に主演した名優ホルヘ・ボラーニが演じる。ブラジル・サンパウロ国際映画祭批評家賞、ウルグアイ・プンタデルエステ国際映画祭では観客賞と最優秀男優賞を受賞。

2019年製作/123分/G/ブラジル
原題:Aos olhos de Ernesto
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019

映画レビュー

4.0二本立て二本目。ジジイの妄想物語。 息子が世話してくれた親切なハウ...

2021年3月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二本立て二本目。ジジイの妄想物語。

息子が世話してくれた親切なハウスキーパーをクビにし、あろうことか、路頭に迷う若い女を自宅に。気持ちは分かるがやばすぎ。悪い奴でなかったから良かったものの…。
終盤はその若い女の仲介(手紙代筆)で、昔の女へと繋がっていく。
ありえな〜い、ありえないけど何故か感情移入してしまった…悪かったな、私もジジイなのよ(笑)

面白かった。そう思った自分が悲しくもあった(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0【アンサンブル】

ワンコさん
2021年1月21日
iPhoneアプリから投稿

この作品には、
老いたエルネストと若いビアを中心に、さまざまな対比が織り込まれている。

手書きの手紙と、タイプライターの手紙、

形式に拘った表現と、率直な言葉遣い、

スマホの動画のどこかぎこちない話し方と、語りかけるような口調、

視力の衰えたエルネストと、聴力の衰えたハビエル、

長年想い続けたのに気持ちを押さえ込もうとするエルネストと、常に誰かを求めてしまうビア。

そして、途中の場面。
夜の街で詩を大声で交わし合う若者達を見ると、どこか普通と異なるように感じられて、これも対比のようなものではないかと思ったりする。

しかし、こうして語られる対比の物語が絶妙に絡み合って、まるで調和してアンサンブルのように感じ始める。

そう、対比とは言っても対立するものではないのだ。

僕達は、いつの間にか、古いとか新しいとか、あっちとこっちとか、分けて考えることに慣れすぎているのではないか。

どこかに壁を作ってはいないか。

エルネストがお金を取られるのを覚悟でやったことと、ビアが返金する行為。
そして、ここから、二人の気持ちはお互いに向き合い始める。

最後、エルネストは自分の気持ちに素直に従おうと思い立ち旅立つ。

ビアは誰かに依存することなくやっていこうと決心をする。

この旅立ちで、この映画の物語はいったん終わりになるが、また、別に奏でられる物語が続くのだと、多くの人に思わせる。

一歩踏み出す素敵なストーリーだと思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ワンコ

3.5サッカーばかりやってないで、もっと映画撮って。

2020年12月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

人は一人では生きて行けない。そのくせ、一人になりたがる。
どうせ一人で死ぬのだから、今、一人になっていたとしても何も変わらない。
と考えるか。
一人で死ぬ前に、一緒に居たい人と最後の時を過ごしたい。
と考えるか。

人生の最後のピリオドで知り合ったビアによってもたらされた変化。
エルネストの最後の人生の選択。
それだけの映画ですが、面白かったです。

ただ、とても長く感じられた。と言うか、あまりにも退屈w
それと、抒情詩テロって言うけど、あれのどこが抒情詩なのかが判らないw

ブラジルと言えばサッカーとコーヒー豆と借金しか思い浮かばない罰当たりな私ですが、もっとブラジル作品を見てみたいと思わされる映画でした。

退屈だったけど、良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bloodtrail

3.0優しくも少し悲しいブラジル音楽

kizkizさん
2020年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

視力の落ちた老男性と手紙を代読/筆する若い女性のブラジル映画。

ハートフルな映画かと思ったら前半からそこそこ不穏な空気で驚く。
途中ですこし寝ちゃったのでキー部分を押さえてないかもだけど地味めでちょい好みからは外れたかな。

エンディングは”そうくるか”と印象に残るものだった。
レビューを見ると伏線や叙述トリックも色々と貼ってたのかもしれない……ってことは結構寝ちゃってたのかな?;

優しくも少し悲しいブラジル音楽がめちゃくちゃ心地良かったのは最高だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kizkiz
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る