劇場公開日 2020年7月18日

  • 予告編を見る

ぶあいそうな手紙のレビュー・感想・評価

3.732
24%
55%
20%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全32件中、1~20件目を表示

4.0楽しく元気が出る映画

2021年6月6日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

幸せ

自分の生き方を決めるのは自分自身、誰かに、社会に、望まれてる自分ではなく。
自由に楽しく生きることを怠けてはいけないなあ…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アメリカの友人

4.5補いあうこと

ミカさん
2021年4月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

若者と年寄り、ましてや異性だとなかなか交流することはないし、交流のきっかけもないですよね。エルネストとビアの関係が素敵だったのは、お互いに足りないものを補いあっていることと、友人であること。羨ましかったです。

ビアの若さは、エルネストに未来を生きる想像力を与えてくれたと思います。逆にエルネストの思慮深さは、ビアに安心と落ち着きを与えた。お互いを補いあったからこそ、エルネストもビアも人生をただやりすごさずに、前を向いて新しい道を歩きだせたのだと思います。

劇中のLGBTの集会が、過去にエルネストが関わっていた社会運動を連想させました。それは、未来を良くしたいと夢見た当時の若者と現在の若者の言葉を代弁しているようでした。そう、未来を良くしたいと考えて生きることの他に、生きる意味はあるのでしょうか。

哲学的だしフィルムも美しくて私好み。素晴らしい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ

4.0二本立て二本目。ジジイの妄想物語。 息子が世話してくれた親切なハウ...

2021年3月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二本立て二本目。ジジイの妄想物語。

息子が世話してくれた親切なハウスキーパーをクビにし、あろうことか、路頭に迷う若い女を自宅に。気持ちは分かるがやばすぎ。悪い奴でなかったから良かったものの…。
終盤はその若い女の仲介(手紙代筆)で、昔の女へと繋がっていく。
ありえな〜い、ありえないけど何故か感情移入してしまった…悪かったな、私もジジイなのよ(笑)

面白かった。そう思った自分が悲しくもあった(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0【アンサンブル】

ワンコさん
2021年1月21日
iPhoneアプリから投稿

この作品には、
老いたエルネストと若いビアを中心に、さまざまな対比が織り込まれている。

手書きの手紙と、タイプライターの手紙、

形式に拘った表現と、率直な言葉遣い、

スマホの動画のどこかぎこちない話し方と、語りかけるような口調、

視力の衰えたエルネストと、聴力の衰えたハビエル、

長年想い続けたのに気持ちを押さえ込もうとするエルネストと、常に誰かを求めてしまうビア。

そして、途中の場面。
夜の街で詩を大声で交わし合う若者達を見ると、どこか普通と異なるように感じられて、これも対比のようなものではないかと思ったりする。

しかし、こうして語られる対比の物語が絶妙に絡み合って、まるで調和してアンサンブルのように感じ始める。

そう、対比とは言っても対立するものではないのだ。

僕達は、いつの間にか、古いとか新しいとか、あっちとこっちとか、分けて考えることに慣れすぎているのではないか。

どこかに壁を作ってはいないか。

エルネストがお金を取られるのを覚悟でやったことと、ビアが返金する行為。
そして、ここから、二人の気持ちはお互いに向き合い始める。

最後、エルネストは自分の気持ちに素直に従おうと思い立ち旅立つ。

ビアは誰かに依存することなくやっていこうと決心をする。

この旅立ちで、この映画の物語はいったん終わりになるが、また、別に奏でられる物語が続くのだと、多くの人に思わせる。

一歩踏み出す素敵なストーリーだと思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ワンコ

3.5サッカーばかりやってないで、もっと映画撮って。

2020年12月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

人は一人では生きて行けない。そのくせ、一人になりたがる。
どうせ一人で死ぬのだから、今、一人になっていたとしても何も変わらない。
と考えるか。
一人で死ぬ前に、一緒に居たい人と最後の時を過ごしたい。
と考えるか。

人生の最後のピリオドで知り合ったビアによってもたらされた変化。
エルネストの最後の人生の選択。
それだけの映画ですが、面白かったです。

ただ、とても長く感じられた。と言うか、あまりにも退屈w
それと、抒情詩テロって言うけど、あれのどこが抒情詩なのかが判らないw

ブラジルと言えばサッカーとコーヒー豆と借金しか思い浮かばない罰当たりな私ですが、もっとブラジル作品を見てみたいと思わされる映画でした。

退屈だったけど、良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bloodtrail

3.0優しくも少し悲しいブラジル音楽

kizkizさん
2020年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

視力の落ちた老男性と手紙を代読/筆する若い女性のブラジル映画。

ハートフルな映画かと思ったら前半からそこそこ不穏な空気で驚く。
途中ですこし寝ちゃったのでキー部分を押さえてないかもだけど地味めでちょい好みからは外れたかな。

エンディングは”そうくるか”と印象に残るものだった。
レビューを見ると伏線や叙述トリックも色々と貼ってたのかもしれない……ってことは結構寝ちゃってたのかな?;

優しくも少し悲しいブラジル音楽がめちゃくちゃ心地良かったのは最高だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kizkiz

4.0あてはまらない人はいないはず

2020年9月27日
Androidアプリから投稿

エンドロールで静かな感動が染みていく感じがありました。話自体は簡単なんだけど、人が老いていくことへの洞察と深い愛情があって感動しました。誰もが感謝とともに別れを告げられる息子の立場であり、やがては自分がその手紙を書くことになるという認識。辛い側面も多々あるんだけど、底流にカエターノ・ヴェローゾの音楽に象徴される「祝福」があってほっこりしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
つくねと皮以外は塩

3.5良いラストです。

2020年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

途中の手紙?らへんで少し寝ましたが、他は概ねしみじみとした演技と地味な展開で楽しませてもらいました。
女の子の思慮が浅すぎてイラつきましたが、作品全体のほのぼのとした雰囲気に誤魔化されます。
中盤で寝たのでイマイチストーリーを理解していませんが、良いラストだったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rewind That

3.5一人で死ぬのはいやだ

kossyさん
2020年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 今年は手紙をテーマにした映画が多い気がする。しかも、タイプライターを打つよりも温かい手書き文字がいい。視力も低下して手紙も読むことができなくなった78歳の老人エルネストに、ある時、ウルグアイ時代の友人の妻ルシアから手紙が届き・・・という展開だ。

 隣人のハビエルが妙に仲良しで楽しくなるのですが、この作品の中では最も好感の持てるキャラクターでした。週に1回来るだけの家政婦よりも、もしかして孤独死してるんじゃないだろうな?と部屋の前に置かれた新聞でチェックする日常生活。チェス仲間でもあり、彼の孤独を癒してくれる存在でもあった。

 23歳の女性ビアと知り合い、手紙の代筆など身の回りの世話もしてくれるようになり、家政婦をクビにしてしまったエルネスト。ビアに金を盗られたというより、わざと持っていくように仕向けたというほど信頼していたのだ。

 ビアとの心の交流よりもさらに信頼していたのは隣人ハビエルなのだと感じた。孤独死しても世話をしてくれるだろうし、だからこそ金にも執着しないし、ビアをも信頼できたのだと。だからこそ、最後の英断が成り立ち、若き頃の恋が再燃できたのかと・・・やはり持つべきは信頼できる隣人なんだと感じてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

4.5ヴァイオレットエバァーガーデンのファンの方は是非

2020年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

静かで低温だが所々で愛が炸裂します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
チョコフレーク

3.0最後に求めるもの

ふわりさん
2020年9月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

幸せ

ラストはそれぞれ求める未来を探して、旅立って行った。
ハッピーエンドなのはわかったけど、間がぽっかり空いている気がして物足りない感じがしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

5.0邦題からは伝わんない…

みけさん
2020年9月10日
Androidアプリから投稿

もう、凄い恋の映画でした。
結末も途中からおぼろげながら…ですが、ロマンティックな映画です。

カップルでどうぞ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みけ

3.5なんか、いいね

CBさん
2020年9月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ブラジル映画ってあまり観ないなあ。

老男性が、目が悪いので旧友(女性)から来た手紙を読めず、偶然知り合った若い女性に読んでもらう話。

"頑固なじじい" と "はすっぱ" なのだが、出会った時から、なんだかウマが合う2人。じいさん(エルネスト)は、女性(ビア)のやることを咎めないし、ビアは最初は金をくすねたりしてるのに、いつしか、それも返し、心を通わせてる感じになる。

少しずつわかるビアの過去をみると、"信じてもらう" という経験が、これまでの人生でまったくなかったであろう。それだけに、エルネストの "盗んだと知っていても、何も言わない" 態度は、「信頼された」と響いたのだろうな。ビアの語彙にはまだ「信頼」はなさそうだから、ビアが言葉にすることはなく、映画は淡々と続いていくのだが、お互いに「それを言葉にする語彙をもたない」だけで、映像で2人の絆が太くなっていく様子は、かなり気持ちよかった。

いい映画を観た。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
CB

3.5「人は一人では生きていけない」。 このお話は、観る人全てにそう語りかけてくるようです。

2020年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
もりのいぶき

4.5老人と若者の交流を描いた映画ではない

2020年9月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しろくま

4.0哲学的な要素のある作品

あささん
2020年8月20日
iPhoneアプリから投稿

老い、死、愛、結婚などを問いかける作品だったなと。
隣人愛、友愛、親子愛、恋愛、博愛

愛をテーマにした作品だと感じた。
最後の展開は予想しなかったなぁ。

ブラジル映画ってすごく新鮮。言語も普段そんなに聞くことがないのでこれもまた新鮮。
インテリアなども結構おしゃれで意外。

76歳の老人と23歳の若い女の子が恋愛に発展することはありえないけど、稀に後妻業とかでいるからそっちに行かないでーと心の中で叫びながら観てました。純粋な友愛で良かった。

なんだかホロリと泣けて心が温かくなる良作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
あさ

4.5優しくなるなー。

peanutsさん
2020年8月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ブラジルって怖いイメージがあるけど優しい気持ちになる映画でした。老後ってどうなるんかなー、なんて自分に照らし合わせながら見てしまいました。今なら老人だます詐欺って見られて息子もがなりたてるとこだろうけど暖かく自立を認めるところが泣けてくる。良作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
peanuts

4.5優しい~

hkr21さん
2020年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

とても好き !
お話も画(え)も、そして音楽も !!
エルネストのウィットに富んだセリフやダンスシーンのキュートさ、
手紙の文章のセンスの良さもステキ !!!

ルシアの手紙に
「映画館には携帯がない」的なこと書いてあったけど、妙に共感。
だから、わたしも映画館が好き!

歳を重ねて孤独の影が近づいてきても、
決して一人ぼっちにはならないのは、
エルネストが真面目に楽しんで生きてきたからだよね。
そんな人徳者の彼、少々頑固にはなっているけれども、
流石の年の功でビアより何枚も上手で、
視力は衰えても他人を見極める眼は曇っていない。

きちんと生きてきたら周りには優しい人が集まる。

ラスト、ビアにも息子にも、親愛なるルシアにも、
そして自分にも、きちんとハッピーエンドをもたらす、
いろんな愛の深さに感動。

誰かに真っすぐな手紙を書きたくなります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
hkr21

4.0【不愛想な一人暮らしの老年期を迎えた弱視の男に”良い風”が吹いてきた・・。”手書きの手紙”は人の心と心を緩やかに結び付けてくれる・・。】

NOBUさん
2020年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
NOBU

3.0やや残念

2020年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

老い。世界共通の社会問題だと強く感じた。国や人種が違っても。

叙情的で良かったが、いくつか残念ポイントはある。

ビアにあまり魅力を感じなかった。
エルネストがなぜビアに頼もうと思ったか、理由がよくわからない。
人間性を試してみてまでなぜ?
ウルグアイから移り住んで50年近くの人生についてあまり語られることがなかった気がする。掘り下げて欲しかった。

室内のシーンが多くて、ポルト・アレグレの街並みなどがあまり見られなかったのも残念。

隣人ハビエルとの関係は見ていて微笑ましかったな。

しかし、ビアはどこから来たんだろう?
ファベーラではなさそうだが、家庭環境についてわからなかったし、悪事がバレても全く悪びれないところがちょっと。
23歳にしてはやることが幼いような。
このご時世周りが心配するのも無理はない。
ビアの彼氏に殺されなかったのもある意味ラッキー。ブラジルだし。

ウルグアイ出身なのになぜブエノス・アイレスが頻繁に出てくるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジャーニー
「ぶあいそうな手紙」の作品トップへ