バルカン・クライシス

劇場公開日

  • 予告編を見る
バルカン・クライシス
25%
50%
0%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

コソボ紛争下で起きたセルビア系住民の虐殺事件とロシア特殊部隊による空港制圧作戦を題材に描いた戦争アクション。バルカン半島、ユーゴスラビア。セルビア人とアルバニア人による内戦は、ロシアやアメリカ、NATO各国を巻き込んだ紛争に発展。戦略的要地であるプリシュティナ空港を占拠せよとの指令を受けたロシア特殊部隊は、NATO軍の機先を制して空港制圧に成功する。しかし少数部隊の彼らに対し、数百名ものコソボ解放軍が猛攻を開始。隊員たちは圧倒的に不利な状況の中、援軍の到着まで耐え抜くべく死闘を繰り広げる。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

2019年製作/129分/ロシア・セルビア合作
原題:Balkanskiy rubezh
配給:「バルカン・クライシス」上映委員会

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019 BlESS-FILM LLC. All rights reserved

映画レビュー

2.0ロシア軍はヒーローです。

Bacchusさん
2020年1月12日
Androidアプリから投稿

怖い

興奮

寝られる

1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下、問題行動を起こしてロシア軍を不名誉除隊させられた面々が1999年コソボ紛争下で集結し、空港を占拠して空挺部隊を待つ指令を受ける話。

戦争映画にしては緊迫感がないしゃべり過ぎの気抜き過ぎから始まり、スタイリッシュにみせたい感じが安っぽい。

実際の報道映像なんかも交えて、背景を描いているけれど、ストーリーとは関係ないものも多いし、アルバニア人過激派とのバスでの件は、後に繋がるのはわかるけど、ストーリーがとっ散らかってしまっている印象。
格好つけ過ぎてシーンが延び延びでテンポも悪いし。

見応えのあるところもいくらかはあったけど、冗長で非常に長く感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus

4.0戦争映画が贖罪映画に! Godspeed!

2020年1月7日
PCから投稿

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
00
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る