スキンウォーカー

劇場公開日

  • 予告編を見る
スキンウォーカー
スキンウォーカー
8%
23%
38%
31%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人間を乗っ取る謎の怪物の恐怖を描いた異色ホラー。人間の命と記憶を奪い取る謎の“生き物”が現れた。その“生き物”に触れられた者は急速に体が干からび、ボロボロの死体となる。かつて“生き物”は1つの体で何年も生きていられたが、最近では数日で体が腐るようになっていた。“生き物”はいつも同じバーにいる女性ジュリアに恋をするが、自分の正体を明かすことも同じ姿で会うこともできない。そんなある日、“生き物”はついにジュリアと望んでいた関係を持つ。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。「寄生体XXX」のタイトルでDVD発売。

2018年製作/84分/カナダ
原題:Lifechanger
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • 忠臣蔵外伝 四谷怪談
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • 江戸川乱歩の陰獣
  • この子の七つのお祝いに
  • 震える舌
  • クリーピー 偽りの隣人
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0宿主を次々と変える寄生人間が一人の女性に恋をする

kossyさん
2020年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 “彼”はエイリアンなのか?次々と宿主を変え、命と記憶を奪われた人間はミイラ化してボロボロになってしまい、やがて自分の体も腐り始めると次の相手を探す。エイリアンものではよくある展開ですが、どうも一味も二味も違った作品でした。

 最初に登場するエミリーが、目覚めると隣に腐乱死体が横たわっていて、バラバラに切断して焼却する。さらに自宅に戻ると今度は夫ジェームズを殺す。正確には殺したというより肉体と記憶をもらって相手そっくりに変身するといった感じ。普通のSFやエイリアンと違う点は、一人の女性ジュリアに恋して、姿かたちを変えつつもジュリアに接近するという点。“彼”は幼い頃(50年代)に母親に寄生し、そこから男女問わず、宿主を変え生き続けてきたのだ。

 風変わりなSFホラーに加え、鎮痛剤や抗生物質を飲むと腐敗を遅らせることができるものの早く宿主を変えるときにはコカインを摂取するという設定。ジュリアと上手く関係を持ちたいが、彼女はバーでいつも違う人に声をかけられるという認識で、“彼”としては今までの人間の記憶が詰まりすぎて大変・・・

 意外な結末だったし、愛する人がいなくなれば長生きしてもしょうがないことを切々と訴えてきてるかのようでした。グロい映像のラストシークエンスに美しい音楽が流れ、奇異な運命には逆らえないという悲しささえも残る。そして、犬だけは“彼”をわかっているようだったし、犬と共に生きていくしかないのかもしれません・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0グロい純愛

2020年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

謎の生命体、人間から姿かたちや記憶を奪って生き続けるが、直ぐに腐ってしまい、次から次へと人間を襲っていく。
ところがこの生命体が人間の女性に恋をしてしまう。
いやはやハイブリッドなホラーだった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0アイデンティティの崩壊と再構築

KinAさん
2020年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

他人の肉体を奪わなければ生きていけない。
そんな生き物の愛と執着、悲しき運命のストーリー。

主人公の見た目が短いスパンで変わり続けるのが新鮮で面白い。
年齢も性別も生き方も全く異なる人間に移り変わっていくのに、一貫して「主人公」に見えるので不思議な感覚になった。

しかし、かなり唐突に物語が進んでいくので、興味を持てないままただひたすらにボーッと観てしまっていた。
哀愁漂うモノローグ的なナレーションは雰囲気たっぷりで良いのに、どうしても「誰がどうなってもどうでもいい」と思ってしまう悲しさ。

このままボケーッと終わるのかなと思いきや、最後の急展開で少し高まることができた。
アイデンティティの崩壊、それまで「こう」と信じていたものが「そう」ではなかった衝撃。
そこからのアイデンティティの再構築はなかなか胸熱じゃない。

そしてアレのビジュアルが最高。
私の好きなモノをそのままドーーンと置いてくれて嬉しい。ドゥルドゥルの肉大好き。
腐った肉体の描写も素敵だった。
身体に空いた穴から白い液体が出てくるとか、爛れたうなじとか、やっぱりキュンとしてしまうじゃない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KinA

2.0嗚呼、メタモルフォーゼ

Bacchusさん
2020年2月11日
Androidアプリから投稿

悲しい

怖い

人のエキス?と記憶をを吸い取り生き長らえる男の話。

若い頃は乗っ取ると数年維持出来ていたけれど、老いのせいか数日で腐敗、更には古い傷や痛みも現れるし、それが始まってから6時間以内に新たなエキスを吸収しなければ…というストーリー。

少なくとも迫り来るモンスターに襲われる恐怖のおはなしではありません。

エキスを吸収すると相手はミイラ化して死亡、自身は相手の記憶を自分のものとすると共に、相手の容姿までコピーする設定。

次々と身に降りかかる危機に対処し、後処理をし、なりすまし、思いいれのある女性に近付いてという流れを繰り返していく。

そんな力を持っているが故の横暴さと、力を持ってしまったが故の哀しさとが入り混じって悪くはないんだけれど、主人公の自分語りでみせていくせいか、イマイチ盛り上がらず、終始淡々とした印象を受けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る