アメリカン・プリズナー

2017年製作/107分/アメリカ
原題:American Violence

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
ティモシー・ウッドワード・Jr.
ホセ・アルバラード
ローレン・デ・ノルマンディ
マイケル・J・ロング
ヘンリー・ペンジ
製作総指揮
ジョー・リスタウス
マシュー・ヘルダーマン
ルーク・テイラー
脚本
アル・ラマンダ
撮影
パブロ・ディアス
美術
クリスチャン・ラミレス
衣装
ニッキ・ペリー
編集
ネッド・ソーン
音楽
アンドリュー・ジョスリン
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

映画レビュー

2.0理由はどうあれ、犯罪は犯罪。

2022年6月1日
PCから投稿

死刑囚との対話、という内容で「デッドマンウォーキング」という映画がある。
ショーン・ペンとスーザンサランドンの演技が素晴らしい名作だ。
それとは比べられないが、アプローチは似ている。

最初の接見では、画面は暗め、
表情は伏し目がちでよく見えない。
カメラは鉄格子のコチラ側から
引き気味のアングル。
この鉄格子の使い方がうまい。
死刑囚と接見者の間の「壁」を表している。
話が進むにつれて、二人のアングルも
引き気味から水平カット、
アップ寄りになっていき、
死刑囚の気持ちに寄り添うようになっていく。
しかし、本当に死刑囚に寄っていいものかという葛藤もある。
カメラがイマジネーションラインを越えることで
その心の揺らぎを表現。
ちなみにタイラー博士の服装は黒。

最終的には、
カメラは鉄格子の中に入り、
アングルはほぼアップ。
顔には照明があたり、表情を読み取れる。
すでにタイラー博士は鉄格子に顔をぴったり
近づけて死刑囚に完全に同調している。
ちなみにタイラー博士の服装は赤。
死刑囚の囚人服と同じ色だ。

と、表現方法を書いたが、
これがあまりにあからさまで、逆に興覚め。
デッドマンウォーキングはその辺の表現が
絶妙で巧みだった。
2つの映画に出ている役者の演技力も含め、
アプローチの手法は似ているが、
完成した作品は雲泥の差がある。

この映画が死刑制度に賛成なのか反対なのか?
どちらにせよ、死刑をこんなにキレイな映像で
描いてはいけないと思う。

賛成派、反対派、両方の矜持を汚している
ように思えてならない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
にゃろめ

1.0死刑制度反対を訴えたかったのか中途半端な映画。確かに幼少期から暴行...

2020年3月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

死刑制度反対を訴えたかったのか中途半端な映画。確かに幼少期から暴行に合い、不遇の生活を送る死刑囚だが、だからと言ってその後の泥棒生活や、恋人を殺されてしまうのも、自業自得の気もするので共感できない。デニス・リチャーズは年取った

コメントする (0件)
共感した! 0件)
KEI

2.0まさにB級サスペンス

2020年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

まあとりあえずラストまで見れたが
設定が活かされてないのが残念。
ラストはなんじゃこりゃって感じ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aopon

1.0中途半端な作品

2020年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る