うたのはじまり

劇場公開日

  • 予告編を見る
うたのはじまり
うたのはじまり
20%
60%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

窪田正孝の写真集やMr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を手がけてきた、ろうの写真家・齋藤陽道が、子育てを通して、それまで嫌いだった「うた」に出会うまでを描いたドキュメンタリー。20歳で補聴器を捨て、カメラを手にすることで、「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ、ろうの写真家・齋藤陽道。彼は同じくろうの写真家である妻の盛山麻奈美との間に息子を授かった。しかし、彼は聴者である息子との対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たったことにより、「うた」を嫌いになってしまう。しかし、ふと自分の口からこぼれた子守歌をきっかけに、齋藤にある変化が訪れる。監督は七尾旅人のライブ映像作品「兵士A」やドキュメンタリー「ほんとうのうた 朗読劇『銀河鉄道の夜』を追って」などを手がけた映像作家の河合宏樹。

2020年製作/86分/PG12/日本
配給:SPACE SHOWER FILMS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2020 hiroki kawai/SPACE SHOWER FILMS

映画レビュー

3.5耳が聞こえないカメラマンの子育て

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

夫婦とも耳が聞こえない。夫は目から情報を得るカメラマンになった。
子供ができてその子は耳が聞こえる。
自分は聞こえないだろうけど、我が子にうたを歌ってあげる。
これからどんな子育て、仕事をされていくのか興味深い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

4.0うたは、コミュニケーション

YKさん
2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿

生まれつき耳が聴こえなくて、「音楽の授業が苦痛だった」という写真家が、親になり、子どもに子守唄を歌うようになり、改めて歌について考える…というドキュメンタリー。
聴こえない人が歌うといのはどんな感覚なのか、実際のところはわからないけど、、歌うことの本能的な気持ちよさとか、大好きな人と言葉やリズムを共有する喜び。当たり前のように歌や音楽に接していると気づかなかったことに気づかせてくれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
YK

4.0「音」を「見る」

Imperatorさん
2020年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興味深い映画だ。
ただ、題名にこだわるのも変だが、この題名でなければもっと素直に楽しめたかもしれない。
作品のコンセプトに係わるからだ。
とはいえ、観客を呼ぶには良い“キャッチー”な表現だ。

冒頭の出産シーンは、スゴい。
上映後の夫人のトークによれば、「あたりまえのこと」だし、「自然な流れで撮ってくれたので、深い考えはなく」、「とても良いシーン」とのこと。
また、格闘技のシーンもある。
全体的にみて、題名が内容を表しているとは、必ずしも言えないと思う。

子供を「子守歌」で寝かしつけるシーンは、この映画のハイライトだろう。
必要に迫られ、コミュニケーションの道具として、飛び出してきた「うた」。
ただし、齋藤さんは、先天的に聞こえないので「音」はただの振動だとしても、全く「うた」を知らないわけではないようだ。
自身の“声”をどう把握しているのか分からないが、少なくともリズムや抑揚は、子供の頃にイヤイヤながらでも叩き込まれているらしい。
「音」と「うた」との微妙な関係。

だから自分はこのシーンを見て、「うたのはじまり」とも“原初的な衝動”という感じも全然しなかった。
作品としては、そこに観客を誘導したがっているのは、もちろん分かっているつもりだが、「うたへの“興味の”はじまり」と表現するのが正確なはず。本作の題名が腑に落ちない理由である。
「必要は発明の母」と言うが、子供を寝かすためには、好き嫌いを超えて、「うた」と“和解”せざるを得ないところが微笑ましかった。
自分としては「歌にはリズムが不可欠なのか」という、当たり前かも知れないことに気付いて、そうか~と唸ってしまった。そういえば、特にメロディーのない詩や短歌でさえリズムがある。もちろん、“ラップ”も。

また、ダンサーを撮影中に、齋藤さんは音が何だか分かったという。
「音を見る」。
実際は、無音状態で踊っていたのだが。
聴者にとっても刺激的なテーマだ。

自分は「絵字幕版」を見たが、作り手にとって、かなり思い入れのある手法のようだ。
「音を見る」ための変換装置だが、別の絵描きなら別の絵を描くはずで、絵描き個人の感性によるところが大きいと思った。
もしアートではなく、聾者に対するコミュニケーションの道具として使うなら、まずはリズム記号を伴った共通言語を作った上で、複雑さを表現する工夫が必要ではないか。

齋藤さんの知り合いの音楽家が、音楽は「栄養」だと語っている。
自分は、その「栄養」が存在しない世界は想像できないが、そういう世界を垣間見させて考えさせる作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Imperator
すべての映画レビューを見る(全3件)