おちをつけなんせ

0%
50%
0%
25%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「この世界の片隅に」ののんが初監督を務めたオリジナル映画。のんが監督のほか脚本、撮影、編集などを一手に担い、主演も務めた。岩手県遠野市に暮らす早池峰留見は、妖怪を空想したり絵を描いたりするのが好きな高校2年生。最近では60歳になった大好きなおばあちゃんが家を出て行ってしまい、学校では進路調査票の提出が迫っているが、なかなか進路を定めることができない。親友の希枝は東京の大学への進学を決めていて、周囲から取り残されたように感じる留見は、ますます妖怪の世界に逃避し……。YouTubeオリジナル作品(YouTube Originals)で、本作の舞台裏を追ったドキュメンタリーと本作で構成された「のんたれ(I AM NON)」として、2019年10月2日からYouTubeで配信。

2019年製作/73分/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
のん
撮影
のん
照明
のん
録音
渡辺寛志
美術
のん
吉沼慶二
吉川康美
田中真也
村山俊之
田中由紀夫
大河地哲也
衣装
のん
飯嶋久美子
山口えりさ
ヘアメイク
菅野史絵
森かおり
根本佳枝
舟生美帆
木津陽子
編集
のん
音楽
のん
岩崎なおみ
岩森さちこ
ヒグチケイ
監督補佐
蔵下穂波
助監督
加藤毅
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0のんさんが純粋

2020年8月4日
iPhoneアプリから投稿

を見るだけのものかも。ファンなら存分に見れるので大満足なのかも。でも飽きずに見れました。今後も楽しみです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もひょもひょ

1.0ただし製作過程は面白い

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

昔、テレビで、つんくがモーニング娘。の本舞台までの、練習風景、葛藤、競争心などをドキュメントして、それが共感や親近感を呼び、アイドル演出の定番の方法論となったように、この映画=本舞台も、製作の過程映像EP1~EP10がなく、のんのファンでもなければ、そうとう見劣りがするものになっている。と思う。

まして、もし、映画にのんが出演しておらず、純粋に監督側にまわっていたら、つたなさしか残らなかった。
のんには絵の才能があり、すてきな女優なのは、間違いないけれど、この映画が一種の「企画もの」なのも、間違いない。

EP1に是枝裕和監督が出てくる。
のんが監督からアドバイスをもらうという場面である。

『わたしはその土地に行って、何が出てくるかっていうのを、そこで感じたものを、そのまま出すっていうのを、この企画でやろうとしています。』

──そう無邪気に話すのんに、監督は、いらだちを見せずに、いらだちながら(と感じた)、次のように言った。

『単純に自分の心情を吐露しただけのものを、垂れ流しって言っちゃうとあれだけどさ、それは別に、垂れ流せば済むことだから、人に見てもらわなくても、垂れ流すとすっきりするっていうことが自己表出なんだよね・・・。

表現って、たぶん表出とは違うから、表現って見る人間がいて成立するものだと思っているので、ちょっと言葉が違うんだけど、自己表現が悪いわけではないし、映画も自己表現だと思うのは、そういう部分だと思うけど、自己表出になってしまうと、たぶん観客を必要としなくなる。

でも映画は他者がいないと、成り立たないメディアなんで、自己表出を、どう自己表現に転換していくかっていうためには、あの、自分が気持ちいいだけではいけないので・・・。

もちろん僕らがやっている映画は、表現、アートかもしれないけど、その一方で商品だから、お金もらって見せるものだから、もちろんそこは考えないわけにはいかないんだけど・・・。

でもやっぱり監督なら監督が、どうしてもこれを作りたいって思った切実さっていうのは、うまい下手超えて届くから、あの、下手だと見てて腹立つから怒るけど、でも切実であれば、そんなに否定しない。』

──話も対話もそこで終わるが、それに応じて、のんは以下の意見を述べる。

『是枝監督は考えて考えて考え抜いて、作り上げていくっていう方法だと思ったんですけど、のんは、女の子のエネルギッシュを放出するときの感覚をすごく大事にしていて、人に面白がってもらえるものになるように、作っていくっていうことが楽しい。その違いはすごく感じました。』

是枝裕和監督が言いたかったのは──その場で感じたものをそのまま出す──では、映画にはならないんだよ、ってことだ。
明確に『自分が気持ちいいだけではいけないので』と言っている通り、簡単に言えばのんに対して「おめえさん自慰してんじゃねえよ」とアドバイスしたわけである。

ただ、相手が有名人かつ人気者なので、後ろのほうで少し変節させ、かつトーンを落とし『でも切実であれば、そんなに否定しない』と、まとめたわけである。
しかし要点は「感覚的では商用作品として成り立ちませんよ」ということだった。

ところが、のんは、それを、まったく理解しなかった。
是枝裕和監督が言ったのは、是枝監督の独自の意見ではなく、商業監督がどういうものか、であったのに、のんは『その違いはすごく感じました。』と言ったのだ。
それでは、人に面白がってもらえないよ、と言ったのに『人に面白がってもらえるものになるように、作っていくっていうことが楽しい。』と言ったのである。

そんな蒙昧なアーティストタイプの言説に個人的には幻滅した。
ポーズかもしれないが、26歳としてはかなり幼稚な人だ。
「女の子のエネルギッシュを放出するときの感覚」って、可愛げや素性で、容赦・寛恕されることが解っているアイドルの言い草だと思う。

この「企画もの」の白眉はやはり、是枝裕和監督の、その発言だった。
とても基本的な話だが、そんな基本的な話を是枝裕和監督が言ったことに、感銘をうけた。
それを話している時の、監督は、相手をおもんぱかって、言葉を選び、言いよどみながら、話した。
あたかも映画同好会の高校生に話すような感じだった。そこに、思いやりを感じた一方でのんの表現者としてのレベルもあらわれていた。
ただ、そんな監督の発言を引き出したのんにも、一定の功績はあったと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.0ばあちゃんとのやり取りが可愛い。ゆるい笑い。

yonda?さん
2020年5月18日
iPhoneアプリから投稿

ばあちゃんとのやり取りが可愛い。ゆるい笑い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0総再生回数1000万回超え

さん
2020年3月1日
PCから投稿

笑える

楽しい

萌える

のんたれの視聴回数はyoutube オリジナルのホームページの動画の一覧から人気順に並び変えると、のんたれの各エピソードの位置するランクが理解できる。EP1-480万超え、EP2-300万超え。こうして各エピソードの数字が掌握できる。計算した結果、1000万回超えを達成している。特にEP1は英語の書き込みが圧倒的に多く、外人が多数見に来ている。
作品は3時間に及ぶ長編だが、飽きることなく興味津々で見れた。とくに桃井かおりとの掛け合いには興奮した。スタッフも一流を集めているので相当制作費がかかっていることが分かる。
のんにYOUTUBEからオファーがあって資金もYOUTUBEから出ているので作れた映画である。YOUTUBEはすでにアメリカではすでに幾本かのドラマを作っている。日本でもいよいよドラマ作りに参戦してくる。のんたれはその魁になった映画である。のんはもう民放に出る必要はない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
宏
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る