キッド(1984)

劇場公開日

キッド(1984)
0%
67%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1990年代のニューヨーク・インディーズ映画界を代表する名監督ハル・ハートリーが、84年にニューヨーク州立大学パーチェス校の課題として制作した処女短編。ネッドは自分のもとを去った恋人を忘れられず、後を追うことを決意する。しかし次から次へと邪魔が入り、なかなか町を出ることができず……。撮影はハートリー監督の故郷リンデンハーストで行われ、「アンビリーバブル・トゥルース」「トラスト・ミー」でもおなじみの風景が登場。ハートリー監督の実の従兄妹であるジャニーン・エリクセンが、アコーディオンを演奏する少女役で出演。「ハル・ハートリー DAYS OF 16mm FILMS サバイビング・デザイアー+初期短編特集」のプログラムB上映作品。

1984年製作/29分/アメリカ
原題:Kid
配給:ポッシブルフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5デビュー前夜のハートリー/80年代の16mm作品

2019年12月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

"ネッド"とか"ヘンリー"って、その後のハル・ハートリーに繋がってゆく要素が垣間見れる。

物語や時間軸など自由奔放に描いている印象と、最初からハートリー節が健在で古さよりも新しさを感じる!?

ハートリー節が健在?

青臭さが初々しい!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)