DC映画「ブルービートル」主演は「コブラ会」ショロ・マリデュエニャ

2021年8月16日 12:00

DC初のラテン系スーパーヒーローに
DC初のラテン系スーパーヒーローに

Netflixの人気シリーズ「コブラ会」に出演するショロ・マリデュエニャが、米ワーナー・ブラザースとHBO Maxが製作するDC映画「ブルービートル(原題)」に主演することが決定した。

米ハリウッド・レポーターの報道に対して、マリデュエニャは自身のインスタグラムで出演決定を報告。「この映画は世界のためになる。僕がスーパーヒーローだなんて!」と喜びをつづっている。

映画で描かれるブルービートルは、DC初のラテン系スーパーヒーロー。人類を滅亡させるパワーを秘めた異星人の兵器“スカラベ”の守護者に選ばれた、テキサス州エルパソに暮らすごく普通のティーンエージャーのハイメ・レイエスを描く。

ブルービートル役に抜てきされたマリデュエニャは、米ロサンゼルス出身の20歳。1980年代に大ヒットした青春映画「ベスト・キッド(1984)」の続編ドラマ「コブラ会」で、落ちぶれていたジョニーに助けられ空手を学ぶミゲル役で注目を集める若手俳優。そのほかの出演作にTVドラマ版「ラッシュアワー」や「ツイン・ピークス The Return」などがある。

2020年のサンダンス映画祭に出品された青春ドラマ「Charm City Kings(原題)」で脚光を浴びたアンヘル・マヌエル・ソト監督がメガホンをとり、リブート版「スカーフェイス」のギャレス・ダネット=アルコセルが脚本を担当。2022年初頭の製作開始を目指す。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ベスト・キッド (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース