ブレイム・ゲーム

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブレイム・ゲーム
ブレイム・ゲーム
0%
20%
0%
80%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テロ事件の裏にうごめく巨大な陰謀に立ち向かう男を描いたドイツ製アクションスリラー。ドイツ連邦情報局BNDのマーティンは、アメリカによる手配中テロリストへの無人機爆撃についての情報を入手する。数日後、その報復と見られる無差別テロが発生。BND内部で汚職調査をしていたマーティンの恋人オーリスもその犠牲となってしまう。マーティンは自らテロ事件の調査に乗り出すが、その裏には恐ろしい陰謀が隠されていた。主演は「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のロナルト・ツェアフェルト。共演に「顔のないヒトラーたち」のアレクサンダー・フェーリング。「のむコレ3」(2019年11月15日~/東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映作品。

2018年製作/105分/ドイツ
原題:Das Ende der Wahrheit
配給:ミッドシップ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2018 Walker+Worm Film / ZDF/ Hellinger/Doll Filmproduktion / Philipp Leinemann

映画レビュー

2.0設定にアイデアが追い付いていない。

よしさん
2020年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

テロリストの暗殺に係った諜報員が、その報復を受けたことで失脚させられるのだが、その裏では陰謀があり・・・と言うストーリー。

ドイツ製のポリティカルサスペンスです。
設定は興味をひきましたが、全体的に「浅く」「軽く」感じられる映画です。
陰謀を突き止めるための「捜査」「駆け引き」「攻防」・・・そういったことに重みや驚きがなく、淡々と上映時間が過ぎた印象です。
また、大切な人を殺された主人公にしては、その復讐心や怒りの描写に欠けているようにも感じます。
もう一工夫欲しかった映画と感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5戦争の下請け

2020年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公はドイツのエージェント、彼が得た情報でテロリストの首謀者を抹殺するが、ドイツ国内で報復攻撃を受ける。
責任論が出て主人公は干されてしまうが、密かに事件を調べたところ、戦争請負業の存在が明らかになり・・・。
戦争がビジネスとなっている。恐ろしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0真実の終わり

kossyさん
2020年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 邦題がちょっと意味不明なため、直訳の方がいいんじゃないかな。冒頭のテロップでは「嘘を比較すれば真実が見えるかもしれない」というトロツキーの言葉。そのあたりの思想はわからないけど、この言葉そのものは面白い。まるで今の日本を見ているかのよう・・・

 ドイツ連邦情報局内部とテロリストたちとの攻防。とはいえ、位置情報をCIAに流して、アメリカにドローン攻撃してもらうといった形なのだ。中央アジアの架空の国ザヒリスタンのテロリストでアメリカが追っていた男アル・バヒリ。その義弟にあたるマンスールがドイツの大使館にて入国しようとするが、その通訳を務めている男が主人公のマーティン。いくつもの名前を名乗ることから諜報員の一人だとわかる仕組み。序盤の展開は通訳を絡めて面白い展開を見せるのですが、あっという間に恋人を無差別テロによって亡くしてしまったマーティン。独自に調査するも、局内では厄介者扱いされていくのだ。

 裏にはザヒリスタンとの武器輸出禁止があり、それを停止しようとする一派が存在。そしてその裏には巨大産業による武器商人が存在するといった構図で、ドイツ国内でのテロにより世論を誘導するという動きもある。

 マーティンはラッセル・クロウ似でアクション向きではない雰囲気。ちょっと好感も持てるのだが、民意は全く無視して、恋人の復讐や己の正義だけでストーリーが進むのだ。内部にはもっと悪い奴がいることを告発しようとするものの、いけずな新上司と和解し、ザヒリスタンの会議出席のため危険な方向へと誘ってしまう。そして最後には・・・

 目には目を。毒を以て毒を制す、嘘を以て嘘を制す。上手く言えないけど、こんなことが情報局で行われてるとなれば、リアルにテロに遭う一般庶民はどうなるんだ・・・と、虚しくてしょうがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

1.5お酒にお強いドイツ人

Bacchusさん
2019年11月20日
Androidアプリから投稿

単純

知的

寝られる

ドイツ連邦情報局BND職員の主人公がテロによって殺された記者の彼女の死の真相を追う話。

序盤の通訳なのにの印象から、ちょっと軽い感じの作風かなと思ったら、以降はシリアス一辺倒で、どちらかというと陰な空気感。

諜報員と記者という周囲に知られてはいけない関係性の彼女が、何を思ったのか記者会見後の主人公に接近し相談ごとという流れからテロに巻き込まれて死亡するが、相談しようとしていたことや撃たれ方から疑念を抱くというストーリー。

説明が余りなく何でその行動?というシーンがチラホラ、その割にみえてくると真相へのヒントの数々が、かなり唐突だったり呆気なかったり安っぽかったり。

ストーリーそのものは面白いのだけれど、脚本はイマイチだし演出もお上手じゃないみたいで、シリアスなサスペンスなのに考えちゃいけないという…。

最後に一捻りというか、もう一声はあったけど、それって知ってる人いっぱいいるし、みんな死んだならまだしもホントに大丈夫?

そういうのに憧れて、頑張ってつくったデビュー作という仕上がりじゃないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る