フォックストロット・シックス

劇場公開日

フォックストロット・シックス
フォックストロット・シックス
6%
24%
35%
29%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

食糧不足で人類に危機が迫った近未来のインドネシアを舞台に、国会議員に転身した元海兵隊員の戦いを描いたSFドラマ。地球規模の気候変動によって穀物の生産に甚大な被害が生じ、経済が大混乱に陥った近未来。食物は石油に代わって最も貴重な商品となり、穀物大国インドネシアが新たな世界経済のリーダーに浮上した。しかし、インドネシアは全体主義を掲げる政党PIRANASに支配され、国民は虐げられるように。政治家となった元海兵隊員アンガは、PIRANASに対抗するべく仲間とともに立ち上がる。アンガ役に「ザ・レイド GOKUDO」のオカ・アンタラ。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。19年・第32回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA ♯06 ファンタスティック! 東南アジア」でも上映された。

2018年製作/114分/アメリカ・インドネシア合作
原題:Foxtrot Six
配給:アメイジングD.C.

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)Rapid Eye Pictures RIGHTS RESERVED

映画レビュー

3.0インドネシアが覇権

2020年8月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

近未来、インドネシアが世界の覇権国家となっていた。
主人公の国会議員が拉致されるが、犯人一味に死んだと思っていた恋人がいた。
しかも子供を連れて。
銃撃戦の凄まじさは半端なく、アクションの連続で飽きさせない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5ややご都合主義で感傷的か。自由を求める熾烈な戦い!!

2020年4月18日
PCから投稿

悲しい

単純

興奮

【賛否両論チェック】
賛:自由を求めて最前線で戦う主人公を描く、一大スケールの怒涛のアクションが圧巻。
否:少し感傷的すぎる主人公や、超ご都合主義な展開等、ツッコみどころが非常に多い印象。グロシーンもかなり多め。

 近未来の独裁国家にあって、自由を求めて立ち上がる主人公・アンガ。その熾烈な最前線の戦いが、ド派手なアクションと共に描かれていきます。クライマックスへと向かう攻城戦は、その迫力に圧倒されてしまいます。
 ただ少し気になってしまうのは、主人公がその活躍の割に、やや感傷的で女々しく感じてしまうところでしょうか。展開もかなりのご都合主義で、ツッコみどころも沢山あるかと思います。
 グロシーンもかなり多いので、基本的にはアクション映画が好きな方向けの作品かも知れません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画コーディネーター・門倉カド

2.0腹ペコ!?

MARさん
2020年1月9日
Androidアプリから投稿

楽しい

単純

興奮

まさに未体験ゾーンのSF作品といった映画だった。

仲間を1人ずつ増やしていき敵対組織と闘うという展開は非常に好みなので楽しめたし、体感的にかなり短く感じたけど、中盤の山場かな~と思っていたところがまさかのクライマックスだったので、個人的にはもうちょっと盛り上がりが欲しかったかも。

それと、最近の未体験ゾーンは続きモノが多いのか、この映画も続編を匂わせる終わりかただった。

メインキャストの6人は皆カッコ良かったので全員見たいけど・・・あのエピローグは只のギャグなのか、何か深い意味があるのか?

いずれにせよ次回作があればまた未体験ゾーンで観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MAR

2.5私情強め

Bacchusさん
2020年1月5日
Androidアプリから投稿

興奮

気候変動で食糧難となった2031年のインドネシアを舞台に、欲と腐敗まみれの与党ピラナスに対抗する改革団と、そこに絡む元海兵で現職議員の話。

冒頭のニュースのアナウンスで情勢の説明がされ、そこからほんのちょっと現代のジャカルタでのシーンがあり、すぐに2031年に。
難しい話じゃないし、あらすじを読んでいれば問題ないけれど、主人公が捕まるまでの流れや設定がかなり駆け足なので置いてきぼり注意。

そこからは単純明快、主人公を含めた改革団vsピラナスの構図になっていく。

極近未来らしいちょっとだけハイテクっぽい武装なんかを絡めつつ、ドンパチをみせて行く展開で、ツッコミどころもあったり、気付いたらゲリラが軍隊みたいになっちゃったり、回りクドさもあるけれど、なかなか面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る