マニャニータ

マニャニータ

解説

2019年・第32回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。

2019年製作/143分/フィリピン
原題:Mananita

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.02019 32nd TIFF

2019年10月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

フィリピンで実際にあった。マニャニータ作戦という事柄をモチーフにした作品。マニャニータ作戦とは、警察が麻薬犯罪者に対して、歌で投降を呼び掛け成功を収めている、平和的な捜査手法らしい。その歌で心を揺さぶる要素を生かしつつ、物語を女性スナイパーにしたところがこの作品の最大要素。
長いカットと台詞が少なさが特徴的な作品で、正直、前半の長さと静寂さには辟易した。特に、日常を淡々と長く撮ることへの疑問が自分の中でふつふつと・・・
しかし、後半も“その特徴”は最大の武器となり、何故にこういった作風になったのかも大いに理解できる気がした。欲を言えば最初っからそれを主張してほしかったような・・・
ラストは、個人的には肩すかしを食らったような印象だったけれど、マニャニータということが重要だということを考えれば、そうなるのかなと─。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
SH
すべての映画レビューを見る(全1件)