燃えよスーリヤ!!

劇場公開日

  • 予告編を見る
燃えよスーリヤ!!
燃えよスーリヤ!!
2%
24%
43%
21%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

痛みを感じない体質の青年がカンフーで悪の組織に立ち向かう姿を描き、第43回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞したインド発のヒーローアクション。生まれながらにして痛みを感じない体質を持つ少年スーリヤは周囲の子どもたちからいじめられていたが、幼なじみの女の子スプリだけは彼を守ってくれていた。そんなある日、祖父から見せられたアクション映画で、「空手マン」と呼ばれる片足の格闘家マニに衝撃を受けたスーリヤは、独自にカンフーの特訓を開始する。やがて成長したスーリヤは、カンフーと痛み知らずの体を武器に、街の悪党たちを退治するべく日々戦っていた。ある日、チンピラに誘拐されそうになっていた女性を助けようとした彼の前に、長い間離れ離れになっていたスプリが現れる。スプリが街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知ったスーリヤは、愛する彼女を守るべく立ち上がる。

2018年製作/138分/G/インド
原題:Mard Ko Dard Nahi Hota
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019 RSVP, a division of Unilazer Ventures Private Limited

映画レビュー

3.5満腹感、サービス精神、過去作へのリスペクトをみなぎらせた力作

2019年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これまで我々が「インド映画とはこんなもの」と判で押したように理解してきたテイストとも明らかに違うし、かといって従来のカンフーアクションという枠にも収まりきらない、突然変異的な何かを感じる一作。冒頭から際立つモノローグが映像と掛け合い、さらにはジイちゃんの放つ「水分補給を忘れるな!」という決め台詞がジワジワとボディブローのように効いてくる。そこから始まる「小さな恋のメロディ」を二重にも三重にもトルネードさせたボーイ・ミーツ・ガールもまた瑞々しく、可愛らしい。もしかすると前半部分のこの辺りが作品中もっともクオリティ高く、語り口の創意工夫が行き届いているかも。そしてようやく、運命のビデオテープと遭遇するあたりから、物語は本筋へ。もうここまでくると何でもかんでも盛り込みすぎで収集ついてない感じは否めないのだが、その満腹感、サービス精神、過去の名作へのありったけのリスペクトはひしひしと伝わってくる。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

3.0見方によって変わる作品

グリンさん
2020年1月21日
Androidアプリから投稿

評価低かったので、どんなものかと思い見ましたが、普通に面白かったです。

チラシの印象と作品の内容がギャップがあり過ぎて評価が低いのかなと思います。

アクション目的で観た人にはつまらないかもしれませんね…
一人の難病を持った少年の話として観てみたら、グスッと笑えるし、アクションあるし、社会的問題もあり、盛りだくさんな内容でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
グリン

2.0アクションは

2020年1月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

良いと思うけど、それ以外はダメですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごっとん

3.5アクションシーンに感動‼

kさん
2020年1月16日
Androidアプリから投稿

アクションシーンはまるでカンフー映画のようなスピード感と躍動感でした。
インド映画ならではのこれでもかという歌の応酬で、見慣れていない私としては少し邪魔に感じました。
特に捻ったところも無いので純粋に俳優達のアクションに集中できるかと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
k
すべての映画レビューを見る(全29件)