劇場公開日 2020年1月17日

  • 予告編を見る

mellowのレビュー・感想・評価

3.768
23%
54%
22%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全68件中、1~20件目を表示

5.0草食系だけの恋愛群像劇。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悪い人間が一人も出てこない映画です。
みんながみんな、他人を傷つけることを異常なほどに怖がっていて、愛情表現にも奥手になってしまった人たちの不器用すぎる愛の姿を、田中圭の「お花」という器を中心に置いて、やさしく、柔らかく描いています。

たとえ草食系だと言っても人間である以上、人を愛し、その結果、良い人を傷つけてしまう。
それが人という生き物の宿命。だから哀しいのかも知れません。

善人だけを登場させながら、キチンと力のあるドラマに仕上げるのは、今泉監督の端倪すべからざる実力だと感心しました。
無名に近い役者たちが、パーフェクトの演技を見せてくれるこの映画。
彼らのトレーニングにどれだけ真剣に向かい合い、汗と時間を費やしたことか、今泉監督の愛と努力が透けて見える気がします。

脚本も今泉監督の作品ですが、登場人物が至るところで「え?」「え?」「え?」とだけ言うセリフを乱発していて、この点だけは不快でした。
観客に解釈を丸投げするなよ、と苦言を一つ。

でも、この恋愛映画の欠点は、この一点ぐらいかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

2.5リアリティと共感度が低い!!

2020年7月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

寝られる

これね、
ちょっと退屈でしたー🥺!!
告白をテーマにした
ストーリーで有ることは分かりやすいですが、
盛り上がりに欠け、
リアリティが無く、
ツッコミどころが多くて、
共感しにくい部分があり、
退屈に感じちゃうなぁって
印象がありました🧐!!

⚪良かった点⚪
①色んな告白が描かれる!!

告白するって凄く勇気が必要で
誰でもあのドキドキ感は1度は
経験しているんじゃないかなぁ🤔??

この作品では、
通常の男女間の告白を軸に
同性の女の子を好きになってしまった‥‥.
旦那さんが居るのに好きな人が出来てしまった‥‥.

そんな様々な状況を描き、
想いを伝えるべきか、
胸に留めるべきか‥‥.
を今泉力哉監督の世界観で
丁寧に描いているので、
好きな方にはかなりハマる作品かなって思います🥰!!

想いを伝えるか迷うなら
伝える選択をすることで
自分の殻を破ったり
世界観が変わったりする!!
登場人物を見ていると
告白について背中を押してくれる
作品だなっても感じました!!

⚪残念な点⚪
①リアリティと共感度が低い!!
愛がなんだでは、
片思いの女性を描き、
恋をすると周りが見えなくなったり、
泣いたり笑ったり、
自分や周りを犠牲にしたり‥‥
主人公に感情移入しやすいし、
鑑賞していて様々な感情が湧き上がり、
凄い恋愛の核心をついた作品を
見たなという余韻もありました🧐!!

今泉力哉作品は、
BGMでストーリーを盛り上げようとはせず、
感情移入させ盛り上げていく静かな作品というイメージがあります!!

だから、
リアリティや共感度が
低くく感じてしまったこの作品は、
めちゃくちゃ退屈でした😣!!

不倫夫婦の場面では笑えましたが、
共感はしにくかったです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yoshiki5291

4.0瑞々しい女優陣が良き

バームさん
2020年7月9日
スマートフォンから投稿

笑える

幸せ

この監督特有の世界観を楽しもうと思っていないと、ピンとこない作品だった。他の方も書いているが、花屋とラーメン屋の役者が逆ならば…と見ながら思った。岡崎紗絵がラーメン屋にしては小綺麗すぎて、田中圭が花屋にしては体格がゴツい。その見た目をストーリー上で活かす何かが無ければ、視覚的印象に引っ張られる。(実際モデルとなった花屋の男性は元スポーツ選手で身体もゴツいようだが、花屋になる迄のストーリーがあるから生きる)
まあそれも敢えての挑戦と捉えるべきか。

発見だったことは、女優陣がみんな瑞々しかったこと。名前もよく知らない学生役の女の子達が芝居じみておらずリアルで非常に良かった。子役の白鳥玉季は絶品!ともさかりえのボケキャラ?も良きキーマンだった。

昨今キャラ強めの役が多い田中圭がどう演じるかに期待したが、悪くはないがこの役がハマっていたかといえば微妙で、それ以外のところに魅力ある作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バーム

5.0優しい気持ちにしてくれる作品です。

2020年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

なんと言ってもヒロインの岡崎紗絵がいい。主役の雰囲気を持っている。モデルということでスタイルもいいし、ただの美人というのではなくて惹きつける表情がある。テレビドラマにもいくつか出演しているが、これからスケールが大きい作品に出演していって欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
宮下拓朗

4.0mellowな気持ちに

ちっちさん
2020年6月19日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

幸せ

穏やかで、綺麗で、ちょっと切なくて、とてもmellowな気持ちになりました。
時間がゆっくり流れる映画ですが、ずっと観てられる。
色々な人の大切な気持ちがよく表現されていました。
夏目さん素敵だなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちっち

4.0愛とは返事を求めない声さ…

2020年6月20日
Androidアプリから投稿

泣ける

『愛とは返事を求めない声さ 一方的に贈るもの』と本来偶像である"アイドル"に歌わせた作詞家がいる。 この作品にはあまりにも一方的な恋の矢印がいくつもあって、非常に苦しくなる映画だった。

今泉監督らしい、恋愛模様を俯瞰に観察する映画。そして、これも今泉監督らしい、どの登場人物も愛しくなる言葉、演出の巧みさ。本当に素晴らしい。

想いを伝えるということの難しさと尊さに焦点をあてているように思えた。過去作の「パンとバスと2度目のハツコイ」や「愛がなんだ」とはまた違うメッセージ性だけど、その根幹にある『どんな愛の形も否定するものではない』という温かさは揺らいでないように思う。

例えば、予告編にもある田中圭とともさかりえのシーン。旦那さんがいるのに直接その話をすることが正義なのか不正義なのか、コミカルなやり取りに笑ってはしまうんだけど、思い返すとどうなんだろう。明確な答えを出さず、丁寧に描いた上でその答えを見る側に委ねるのがこの監督の真骨頂。

花の匂いを嗅ぐのと口から息を吐き出すのをあえて対比的に描いているシーンも良かった。

花は視覚的に楽しむだけでなく、嗅覚的にも楽しめるものだけど、いつかは枯れてしまう。 ラーメンがいつかはのびてしまうのと同様に。 鮮度ある時間、つまり"恋心"があるうちに味わう、つまり"告白をするかどうかという判断"が重なって切ない。花とラーメンが良いモチーフになっていると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わたろー

4.5mellow

とうふさん
2020年3月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

 言わずもがな、タイトル通りとてもmellowな作品でした…。
 自分の気持ち、相手の気持ち、疎かになってしまいがちな思いやりをぎゅっと詰め込んだ様な、とても優しい映画だなぁと感じました。(実際にはこんなにモテることが無いので分かりませんが…)

 最後の夏目さんの、自分の花屋の花を幸せそうな表情で選び、木帆さんの前で少しはにかむ姿に"好き''という言葉は必要ないくらいの幸福を感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
とうふ

5.0心に残るメロウな映画

2020年1月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
えりけん

3.5おでんの大根を食べに行くよう

バタコさん
2020年1月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

映画館へmellowを観に出掛ける。
美味しいおでんの大根を食べにわざわざ出掛けるよう。

特別なコースメニューでもない、刺激的な味でもない。所詮、大根。
だけれど、そんな所詮"誰かの日常"に触れるようなこの映画は
何故か帰るときには、どこか懐かしくも感じる大根の味が身体にも滲みて、体も温まってホカホカしながら帰ることが出来る。

登場人物の温度を感じる、素敵な映画。

映画っていいなあと思わせてくれるmellowな時間だった。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
バタコ

4.0お花が好きになります

ゆぴさん
2020年1月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

一般試写会にて一足お先に観させていただきました。

とにかく田中圭さんが「好き!」となる、圭さんの良さがたくさん詰まった作品でした。映画自体は日常を描いているけど、自然に湧き出る色気というか、あんな花屋さんがいたら(良い意味で)困るわ、、、て思ってしまうくらいでした(笑)また、他の登場人物それぞれのストーリーや気持ちをしっかり描かれていて、様々なストーリーがどれも共感できてとても面白く、色々な目線から楽しむことができる作品でした。特に、ともさかりえさんの演じる役がとても癖が強い(笑)!
公開したら、次は他の登場人物の目線で見てみようと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
ゆぴ

4.5田中圭さんの「えっっっ!?」の回数

masaki_taさん
2020年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

一般試写会に参加
会場は終始笑いが起こる(笑)
純粋に面白く、ほっこり幸せになる映画🌷

今泉監督ワールド全開
古民家花屋さんと廃業寸前のラーメン屋さんに、次々現れる不器用な片思いさん達がなんとも愛おしくなる。

田中圭ワールドも全開
どこの世界に行ってもモテ男。
この作品では、一体何回「えっっっ⁉」て言ったでしょう(笑)
つい、今までのおとぼけキャラに見てしまいがちだけれど、お花屋さんの夏目は、人情深いひたすら良い人。
こんなに花が似合ったんだ~と、少々意外な発見も!!

美しい朝陽に照らされながら川辺を歩く腕に抱えられた、真っ白な花束。
それを、あの笑顔で差し出されるんだから、幸せな気持ちにならないはずはない。

特に好きなシーンは、なんといってもともさかりえさんの告白シーン
夫の前で、伝える必要あるわけないじゃん!
なのに、その唐突さとやり取りは爆笑!必見です!
「撮影しているときは、夏目の目線で見るから、何だこのシーンと思っていたけれど、実際上がったのを見ると、めちゃくちゃ面白くて、作品自体も、一気にそこから加速していった」と圭さん本人があさイチ出演時に語っておられました。

その告白直後に、おしゃんな小学生姪っ子:玉季ちゃんがかける「大丈夫?」がぐっと来た。
大丈夫じゃない時の「大丈夫?」ほど、救われる言葉はないかもしれない。

好きです!をきちんと伝える。
口に出したコトバは、必ず自分に返ってくるもの
好きな気持ち、ありがとうを伝え、想いをかけることは、相手だけでなく自分をも大切にすること。
本音を語ろう。
この映画からは、そんな幸せと言霊パワーもいただける。
早く、観た方と愛おしいキャラクター達のその後を語り合いたい。

<試写上映前トーク内容レポ>
昨年、時の人と言われた話題の今泉監督。
「愛がなんだ」も「アイネクライネナハトムジーク」も原作があった作品。
今回、久々に脚本も手掛け、今泉節全開のオリジナル作品。
今泉監督らしさが出た作品。
今泉監督と田中圭さんとの化学反応も楽しい。
監督からは「それぞれのキャラクターのその後を議論してほしい」とのこと。
宣伝の方は、ともさかりえさん
関西テレビの方は、木帆役:岡崎紗絵さんのその後と姪っ子役:白鳥玉季ちゃんが、どう一連の片思いも見守ってきたかに注目してほしい。

今泉監督がTwitterの内容を全部チェックしているから(笑)
いち早く観た宣伝隊員として、あのセリフ、あのシーンを見て欲しい!議論が巻き起こし
mellow現象を一足早く起こして欲しい、というお話でした。

また、公式コラボグッズのパーカー、Tシャツ、バックが販売
シンプルなmellowの🌷デザインが可愛い
https://mellow-movie-news.tumblr.com/

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
masaki_ta

3.5夏目さんの恋

2020年2月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

田中圭演じる花屋の夏目さんがとにかくモテモテです。
たくさんの恋と想いと告白が散りばめられた優しい映画でした。

青木夫妻とのやりとりが本当に最高です(笑)
旦那の暴走が面白すぎです!
あの夫妻のその後がめっちゃ気になります。

年期の入ったラーメン屋では訳ありカップルが別れ話の真っ最中。
「無職で借金があるのに働く気がない」と堂々宣言する彼氏が笑えます。
中学校のバスケ部では叶うことのないほろ苦い恋が。

そしてお洒落なお花屋さんmellowには100本の薔薇。
夏目さんの恋が動き出します。
冬にぴったりの心暖まる素敵なお話でした。

強いて言うなら関西人の私にはちょっとラーメンの濃さが気になりました(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
はるたろう

5.0観た後は人に優しくなれる

まりーさん
2020年1月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

大きな展開があったりハラハラしたりするわけではないものの、会話が面白く、飽きずに見られた。
主人公夏目をはじめ、彼を取り巻く女性たちがそれぞれとても魅力的。
観終わったあとはほっこりして人に優しくしたいと思うような映画だった。やはりこういう作品が必要だと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
まりー

4.5穏やかで癒される。みんな、かわいい。

miyabiさん
2020年1月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
miyabi

4.0mellowな暮らしのススメ

2020年2月26日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
紅いりんご飴🍎

4.0mellow(まろやかな、コクのある)

ryotaさん
2020年2月18日
iPhoneアプリから投稿

この作品のレビューに多くの言葉はいらない。
どんな理由で好きだろうが、どんなことを大切にするだろうが、本当に大事なことは自分が心から理解できればいい。そして、その気持ちを誰かに伝えるときには、言葉とともにそっと花を添えたくなる、そんな作品。

自分の周りには、自分が思うよりも美しい日常があることを教えてくれる。そしてその日常は、ときに繊細だけど、だからこそその深みがわかる時が来るんだろう。

今泉力哉はいつも僕を肯定してくれる。
また素晴らしい作品に出会えた事を心から感謝したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ryota

4.5一人で見るにちょうどいい映画だなと思いました。

りょうさん
2020年1月20日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

映画を見て覚えていることを列挙していくと、男性の花屋さんってかっこいいなとか、途中のあの夫婦とのやり取りは声出さずに笑いこらえるの大変だったなとか、劇中のdantonのあのダウン欲しいなとか、今泉監督っぽい映画だなとか…
強く記憶に残り続けたり、大きな強い感銘を与えるような映画ではないにしろ、観たあとになんとなく良かったなーなんて思える心地よい映画だったなと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
りょう

5.0恋ドラというより笑いあり涙ありのコメディー

2020年1月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野川新栄

3.0記号の消費

まかのさん
2020年2月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まかの

3.0邦画には難しいジャンル

2020年7月6日
Androidアプリから投稿

この監督の作品は、ハッキリと好き嫌いが私は出てしまう。
私は、の話。

こういうオサレでサラッと流れるような作品は、
邦画では本当に難しいと思う。
役者の細かな表情が問われるので、
下手なひとはとにかく空間に溺れてしまう。

細マッチョの代表、田中圭が花屋というキャスティングは面白いけど、
作品自体はどうだったかとなると、
うーん、うーんの連続。

パターソンのような空気が出ていれば、
もっとふわっとした中で漂って居られたんだけどね…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)
「mellow」の作品トップへ