劇場公開日 2019年11月1日

NO SMOKINGのレビュー・感想・評価

3.712
15%
67%
15%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全12件を表示

4.5【紫煙を燻らせながら、多様な音楽を楽し気に作り続ける稀有なミュージシャンの半生を描く。70歳を過ぎても、彼の軽やかなステップは衰えない】

NOBUさん
2019年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

 戦後に生まれ、細野さんは子供心に”戦争が終わっていて良かった。平和な時代に生まれたのだと思った”と語る。

 米兵にチョコレートを貰ったりしながら、健やかに成長。

 細野さんの音楽の素養は母親譲りということを知る。ピアノも習ったそうである。幼少時の習い事が70歳まで続いた人なんだなあ。
 細野さんが関わった、立教大学時代からの数々の名バンド及び幅広い交流。

 細野さんと関わった多くの方が、現代の音楽史で名を残しているのは、周知の事実。
 ・大瀧詠一
 ・松本隆
 ・ヴァン・ダイク・パークス(オオ、お元気そうではないか!)
 ・ローウェル・ジョージ
 ・横尾忠則(音楽家ではないが、仲良しとは知らず、交流の幅に驚く。)
 ・坂本龍一
 ・高橋幸弘
 ・小山田圭吾
 ・星野源

 凄いなあ・・・・・。(感嘆)

 そして、日本語とウエストコーストサウンドを融合させた”はっぴいえんど”が誕生。
 その後の”YMO"での活躍は誰もが知る所。

 YMOではソリッドなエレクトリック・ミュージック(テクノ・ポップと言われていたなあ)を追求し、歌謡曲でも名曲を多数残してきた細野さん。
 現在は、緩やかなグルーブを楽しみながら、舞台上で、歌い、演奏する細野さんの姿が実に楽し気で、観ているこちらまで嬉しくなる。

 ”細野晴臣 イエローマジックショー2”で星野源、水原希子、宮沢りえ、そしてYMOの相棒たちと楽しそうに火星歩行をする姿も微笑ましい。

<”キーワードは自由” 生まれた時から、自由な雰囲気の中、多種多様な音楽を世に出して来た、稀有な音楽家の見事な半生である>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.0煙草の煙への憧れ

みなさん
2019年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

知的

細野晴臣50周年記念ドキュメンタリー。最高にクール。楽しかった。はっぴいえんどって2~3年しか活動してないんだね。YMOやらソロ曲やら提供曲やら、ライブもプライベートもたっぷりで、もやサマロケ中に偶然遭遇しちゃったときの映像もしれっと盛り込まれているからファン的には興奮。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

5.0観て良かった

2019年11月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ヒロポン

3.0いい人生

アツコさん
2019年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自分がカッコイイと感じる好きなことを見つけて
おんなじことが好きな仲間を見つけて
それでずっーと自由に遊び続けている。
いい人生だな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アツコ

4.0祝50周年!まだまだ現在進行形の細野さん

2019年11月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

日本の音楽界の頂点に立つ細野晴臣さんの50周年のドキュメンタリー。

正確には彼が生まれた1947年からの72年間を俯瞰するアンソロジー+現在のライブ活動のハイライト。

あまりにも偉大な人物でありながら、いつも気さくでお茶目だ。奇妙な歩行に奇妙なダンス。笑わずにはいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
エロくそチキン

3.5ドキュメンタリー映画としては・・・

SHさん
2019年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

まさに細野晴臣は面白くて巨人と呼ぶに相応しいと思ったけれど、ドキュメンタリー映画としての質はあまり・・・という印象だった。
とはいえ、細野晴臣がレジェンドたる所以がよく理解できた。
ただ、どうしても納得しかねるのは、演奏される曲名がテロップとして表示されなかったこと。コンサート会場や地名はテロップされるのに、曲名は?と多少のストレス─。カバーとかも演奏していたわけだから、なおさら曲名表示は必要だったのでは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.0「戦後に生まれて良かった…」

2019年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いぱねま

3.5良い年のとりかた

hanataro2さん
2019年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

細野晴臣は個人としては、さほど詳しくはないが、はっぴいえんどやYMOからみで知っていた知識のみで観に行った。レジェンドとして、あんなに海外で人気があることにビックリ。そして、自分のしたい音楽を貫いて、表現し、楽しく生きているのが本当に羨ましかった(もちろん、苦労はしているのだろう)。水原希子の足の長さにもビックリした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hanataro2

2.0タバコ・ロードにセクシーじいちゃん

2019年11月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

細野氏とは「トロピカル・ダンディ」以来のご縁だが、すっかり好々爺になったなあと。歩いている姿などは年齢を感じざるを得ないが、ステージに立つと俄然ミュージシャンの佇まいになる。近年も海外公演を随分こなしているのに感心した(海外のファンはYMO以外にどのあたりの細野氏を認知しているのだろうか)。古い時代のライブ映像をもっと見たかった。
このポスターの細野氏のイラストはいいな。
映画館もよほどこの映画を押しているのか、スクリーンの両脇にもタイトルが掲げてあった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
梨剥く侍

4.0細野晴臣のことは、細野晴臣をして語らしめよ

Imperatorさん
2019年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

とても良く作られたドキュメンタリーだ。
・生まれから最近に至るまで、全生涯を収めている
・音楽活動について、必要最小限とはいえ、時系列で丁寧に追っている
・ナレーションが入って、とても分かりやすい
・ライブ映像がたっぷり。昔のお宝映像もある
・茶目っ気たっぷりのキャラクターが、描写されている

96分の長さなら、これ以上望めないほどのクオリティである。
欲を言えば、2時間の作品にして、活動の歴史部分をもっと膨らませて欲しかったと思う。
唯一の欠点は、別に映画館で観る必要はない、ということか・・・。

こういう映画は、とかくインタビューがダラダラ続く、まとまりのない作品になりがちだ。
しかし、この映画は、他者のインタビュー映像は排して、「細野晴臣のことは、細野晴臣をして語らしめよ」とばかりに、細野自身のインタビューと映像にフォーカスして、スッキリとまとめている。
ただし、他者のインタビューも今のうちに取っておかないと、間に合わないことになりかねない。(例えば大瀧詠一はもうこの世にいない。)
古い言葉で言えば、本作品は“A面”だけで、“B面”のないレコードである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Imperator

4.5好きなことを、好きなように

ワンコさん
2019年11月4日
iPhoneアプリから投稿

細野さんの音楽には、確かに、「枠」といったものがないような気がする。
YMOで目に触れる機会は多くなったような気がするが、その後の活動を見ると、やはり、非常に自由な感じだ。

ただ、細野さんが、今の音楽には欠けているものがあって、それは40年代にはあったもので、それを大切にしたいと言っているのを聞くと、やはり、何か音楽を好きとか、そういったハートに関わることかなと感じる。

テクノロジーの発達で何でも出来る様に感じる人は多いと思うけど、実は特定のジャンルの中で窮屈にやってるだけの可能性だってある。

特定のターゲットに絞らないと商業的な計算が成り立たないといったしがらみのようなものもあるのかもしれない。

でも、細野さんの音楽には、聴いてるとボブ・ディランの影響もあると思うし、新しいことにチャレンジすることは、何も昔をスクラップにしてしまうということではないことは明らかだ。

アメリカ人が、細野さんのライブに行って、グルーヴィーだと喜んでいるのを見ると、音楽は世界共通だと思うし、流行を追いかけているだけではない人が沢山いるのも嬉しくなる。

映像を通して聴いても、リズムを取りたくなる。

最後に、横尾忠則さんが、昔、Twitterで発信してたなかに、好きなツィートがあるので紹介します。以下、

「だけど、今は何んでもコンセプトにしたがるアーティストがいる。コンセプトの枠の中で自由になれる? 確かに枠内では自由だろうが、枠の外には無限の自由がある。これじゃ広過ぎるので自己限定が必要なのかな? 限定はすでに自由を放棄したようなものだ。」

細野さんに送った言葉のようだ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ワンコ

4.0煙草の煙のように自由で気負いない革新

2019年11月3日
iPhoneアプリから投稿

銀座シネスイッチでと思っていたけど満席状態で、座席予約が取れたハロウィン明けの渋谷ユーロスペースへ。細野晴臣さんのドキュメンタリー映画「NO SMORKING」を観てきた。細野さんの50年に及ぶ音楽人生は常に新しく革新的で、それでいて気負ったところがなくどこか飄々としている。いつの時代も、いつの時代の人も彼の音楽を楽しむことができるのは「自由」を声高に叫ばない細野さんの静かでいて熱き音楽探訪があるからなのだろう。映画のなかで若い世代から慕われている細野さんを観ていて、さらにその思いは強くなった。僕は煙草を吸わないけれど、細野さんが煙草を吸う姿はとても好きです。その煙をくゆらせる細野さんの佇まいが細野さんそのものを表していて、その佇まいこそがセクシーでチャーミングな細野さんなんだなぁって思う。ワールドツアー、ロンドンでは幸宏さんと龍一さんが加わり久しぶりにYMOメンバーが揃い即興演奏の瞬間も観られた。エイプリルフール、はっぴいえんどから今日まで、そしてこれからも、細野さんの音楽は、あの煙草の煙のように自由に気負いなく世界へ立ち昇り続けるのだろうな。細野さんに会いに行こう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bluebeatblues
「NO SMOKING」の作品トップへ