高津川

劇場公開日:

  • 予告編を見る
高津川

解説

島根県を流れる一級河川・高津川を舞台に、歌舞伎の源流ともいわれる「石見神楽」の伝承を続けながら、人口流出に歯止めのかからない地方の現実を前に懸命に生きる人々を描いたドラマ。「踊る大捜査線」シリーズなど数多くの作品でバイプレイヤーとして活躍してきた甲本雅裕が、映画初主演を務めた。山の上の牧場を経営する斉藤学は、息子の竜也が地元の誇りである神楽の稽古をさぼりがちになっていることに心を痛め、また、多くの若者たちと同じように、いずれ息子がこの土地を離れてしまうのではないかと心配していた。そんな中、学の母校である小学校が閉校になることを知らされる。主人公の学役を甲本が演じ、ヒロイン役の戸田菜穂のほか、大野いと、田口浩正、高橋長英、奈良岡朋子らが顔をそろえる。監督、脚本は「白い船」「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の錦織良成。

2019年製作/113分/G/日本
配給:ギグリーボックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2021「高津川」製作委員会

映画レビュー

3.5綺麗だった。

2022年7月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

一級河川高津川を舞台に、自然、伝統、外へ出る人、外から来る人、世代交代を淡々と綴る物語。
本当に淡々と始まり淡々と終わった。
初っ端から高津川周辺一帯の自然と水の美しさを全面に押し出してきたので、もうそこから上手くお話に入り込めなかった。 伝統の神楽にしてももうちょっとどんなお話を元にしてるのか説明があっても良かったのかなと…。 核のお話は感動的で泣けるはずなんだけどなんだろ?きれいな景色が勝った? 感じ。
とても面白かったです。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
chitto

3.5きれいな川の流れのような映画

2022年4月24日
Androidアプリから投稿

2022年劇場鑑賞96本目。
主演の甲本雅裕は好きな俳優な一人で、善人にしろ悪人にしろちょっと面倒くさい所がある役を演じるのがうまいと思っています。
物語は過疎化の進む高津川周辺の人々を描いています。日本で唯一ダムのない一級河川ということで、四万十川が日本最後の清流という認識でしたが、水質は実は100位にも入らず、映画が作られた2019年には間違いなく高津川が日本で一番きれいな川だったようです。
伝統芸能を巡る話や外に出ていく人材、川を巡る開発計画など結構盛りだくさんな話題がゆったり流れる川のように描かれていていました。そこがちょっと眠気を誘う部分もありましたが・・・。しかし工場ならともかくリゾートホテルってそんなに環境破壊するんですかね?

コメントする (0件)
共感した! 3件)
ガゾーサ

5.0ずっと観ていたい景色

2022年4月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

とても美しい映画だった。
信じられないほど澄んだ、まさに清流の高津川。
去る者、残る者、戻る者、移り住む者。
隣の芝は青い、住めば都、当たり前の日常も、外から見れば別世界にも感じる。
劇中で描かれる問題は地方ではあまり珍しくない事だけど、美しい川と町を守りたいという想いと、過疎化をどうにかしたいという想い、どちらも間違ってないから簡単ではない。

限界集落などという言葉も珍しくなくなってきたけど、過疎化と高齢化は切り離せない問題ではあると思う。
地元に戻らなすぎた誠と父親のシーンは、ちょっとショックだったけど、安易に泣かせようみたいな感じではなく、丁寧に作られていたと思う。

石見神楽は、とあるライブ会場で生で観たことがあったけど、今回じっくり観る事が出来てよかった。
達也役の彼、すごく練習したんだろうな。石川雷蔵くん、本名なのかな?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
コビトカバ

5.0お礼が言いたくて、初めてレビューを書いてみました!

2022年4月23日
Androidアプリから投稿

私は43年前にふる里の益田を後にして以来関西に住んでいる還暦少年です。
まずは、錦織監督をはじめ、制作スタッフ、俳優陣、ボランティアスタッフ、スポンサーの皆様方に、高津川をこんなに美しく温かい映画に仕立て上げ私達に届けてくださった事に深く感謝します。
映画をご覧になった方の中には、方言の使い方に難があると思われる方もいらっしゃるでしょう。でも私は気になりませんでした。それどころか俳優の皆さんの喜怒哀楽を抑えた演技というフィクションと、実在の社中の皆さんによる石見神楽(イワミカグラ)というノンフィクションとの対比が面白い、と思いました。パンフレットによると、撮影に際してはフィルム撮影にこだわっておられたとか。民俗学的にも貴重な資料になるのでしょうね。
こんな素敵なふる里を持つ私は幸せものだなあ、と思わせてくれた映画でした。重ねて申しますが、コロナ禍のせいで上映開始が2年余りも伸びたのにもかかわらず届けていただいてありがとうございました。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
ヒロシ
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る