喜劇 愛妻物語

劇場公開日

喜劇 愛妻物語
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「百円の恋」の脚本家・足立紳が2016年に発表した自伝的小説「乳房に蚊」を、自ら脚本・監督を務めて映画化。売れない脚本家・豪太は、妻チカや娘アキと3人で暮らしている。倦怠期でセックスレスに悩む豪太はチカの機嫌を取ろうとするが、チカはろくな稼ぎのない夫に冷たい。そんなある日、豪太のもとに「ものすごい速さでうどんを打つ女子高生」の物語を脚本にするという話が舞い込む。豪太はこの企画を実現させるため、そしてあわよくば夫婦仲を取り戻すため、チカを説得して家族で香川県へ取材旅行に行くことに。しかし、取材対象の女子高生はすでに映画化が決まっていることが判明。出発早々、旅の目的を失ってしまう3人だったが……。夫・豪太を「決算!忠臣蔵」の濱田岳、妻・チカを「後妻業の女」の水川あさみ、娘・アキを「駅までの道をおしえて」の新津ちせがそれぞれ演じる。19年・第32回東京国際映画祭のコンペティション部門で最優秀脚本賞を受賞。

2019年製作/117分/PG12/日本
配給:バンダイナムコアーツ、キューテック

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

映画レビュー

4.02019 32nd TIFF

SHさん
2019年10月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

笑って泣ける作品。
濱田岳が上映前「自分史上最低の役でごめんなさい」と言っていたけれど、むしろ水川あさみの方がヤバ過ぎな漢字に見えたけれど、スクリーンに晒すのが憚られるくらいのパフォーマンスを二人とも見事に演じきっていて、こちらも楽しみきった。
タイトルから映像も音楽もストーリーも全部、あるひとつの塊として集約していたような印象で、涙と笑いもさることながら、トータル的な質の高さも感じた、下ネタ満載であるにもかかわらず!そう感じてしまう素晴らしい作品だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「喜劇 愛妻物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。