劇場公開日 2019年10月18日

  • 予告編を見る

ガリーボーイのレビュー・感想・評価

4.044
34%
56%
7%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全44件中、1~20件目を表示

4.0インドのスラム街にラップがほとばしる瞬間に心奪われる

2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

インド映画にはダンスと壮大な物語とメロディアスな歌唱がつきものと、判で押したみたいにそう理解していた。本作もある意味で同様なのだが、質感や温度は従来のイメージとまるで違う。これほど観る者の心を惹きつけて離さないのは、他でもない「ラップ・ミュージック」という題材が極上の化学変化を巻き起こすからだ。スラム街で育った青年の口からふとこぼれ落ちるビートとライム。その瞬間、彼はこれまで諦め続けてきたあらゆる物事に立ち向かう闘士となる。

本作は掘り下げ方も秀逸だ。当地になぜこの音楽が芽吹き、革命を巻きおこすのかという文化的、社会的背景はもちろん、家族や恋人との関係性、そして何よりも高みを目指したいとする主人公の感情を情熱的に描きつくそうとする。その点に感動し、感心し、好奇心を刺激されまくる2時間半。「8mile」「ストレイト・アウタ・コンプトン」という米産ヒップホップ映画とも併せて楽しみたいところ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.0勝気な恋人サフィナの存在が効いている

2019年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

貧しかったり、障害や悩みを抱えていたりと、なんらかのハンディキャップがある若者が音楽やスポーツに打ち込み、仲間と出会ったりライバルと切磋琢磨したりして、才能を開花させ人間的にも成長するというストーリーは、もちろん世界共通のスタンダード。本作もそうした類型をなぞるが、主人公ムラードの恋人の医学生サフィナが抜群にいい。

ゾーヤー・アクタル監督と脚本のリーマー・カーグティー(ともに女性)は本作の前にもたびたびコラボしてきたそうだが、サフィナのキャラクターはもともと独立した作品の主人公として構想していたとか。イスラム教徒の一夫多妻制、父権主義、親に決められる見合い婚など、インド社会における女性の生きづらさが描かれるが、サフィナはそうした因習と戦い、恋のライバルと戦い、幸福を自らの手で勝ち取ろうとする。格差社会における女性の自己実現という裏テーマが、この男性主人公の成功物語をより豊かにしている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

4.0ドキュメンタリー

2021年3月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

興奮

幸せ

途中から映画を観ている感覚では無かった。伝わってくる感覚はまるで情熱大陸を観ているようで、胸が熱くなった。恐らく知らない役者で、見慣れないインド映画である事も大きな要因なのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おのもん

4.5面白かった

kenさん
2021年2月23日
iPhoneアプリから投稿

結末は分かりやすいものの、飽きずに見ていられ面白いサクセスストーリー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ken

4.0ラップは生きるための武器だ

2020年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画そのものの魅力とは無関係で、些末に見える話ですみません。
日本語字幕のまちがいが、気になりました。
「チョコ(アヘン)は好きか?」という会話。
チョコはハシシ(マリファナを精製した物)の隠語で、アヘンではありません。私の知る限り。

こういうのって、無知・無関心の表れです。無知・無関心は、バイアスを生み出し、まちがった物の見方につながります。
映画は知らない国を理解するための、とても良い窓になるのに、ちょっと残念。
ちなみに、大麻を嗜好品として認めている国・州はいくつもあり、オバマ元大統領も高校時代には使用したと言っていました。
薬物を使用した人を、ひとくくりに危険人物・犯罪者として、世間から疎外する日本を、公正で幸せな社会だとは思えません。

ちなみにインドには、かつて大麻が合法であった州もあったのですが、現在は国として違法になったそうです。カーストも違法です。ヒンズー教徒は一夫一妻ですが、一夫多妻はイスラム教徒にだけ合法です。
ムラドの家庭はイスラムでした。ラップの決勝戦の直前に、ムラドがアッラーに祈っているらしきシーン。この組み合わせが何とも面白い。
彼にとっては、両方ともによく生きるための武器。他人も幸せにするなら、それは良い武器です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マツドン

5.0スラムに住む人も、スマホを持っている

2020年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いやぁ〜、長尺だけど、なかなか面白い作品でした。

インド人の喋る英語って、早口だしクセが強くてよく分からない、という印象だったけど、こうやってラップにすると無茶苦茶カッコ良くハマる言葉なんだね。単純に、ラップとしてイケたので、それだけで★5評価です。

サイファがビート無しなのも新鮮だった。でも、これじゃあただの罵り合いじゃん!(笑)

あと、貧富の格差、男尊女卑社会、根強い身分意識、学歴社会、宗教差別など、現在のインド🇮🇳の社会事情が生々しく描かれていて、興味深い内容だった。

そして、そういった差別意識の強い社会の社会的弱者が、思いをラップにのせて唄う事で、世界を変えていく。こんな内容で、面白くないハズがない!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年7月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

インド・ムンバイのスラム街ダウディ
ここで生まれ育った主人公ムラド
ラップと出会いそれまでの人生が一変
フリースタイルラップの大会で優勝を目指す
.
キング・オブ・ボリウッドと目される
ランヴィール・シンが主演
厳しいカースト制度世界で
路地裏から世界へ羽ばたく様子を
インドで活躍するアーティストNaezyの
実話を基に描かれています
.
厳しい格差社会のインド
ムンバイで“今”まさに起きている
ガリー(路地裏)ボーイたちの
ラップに込められた声が聴こえます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

4.0カーストの残像

2020年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公は大学生だが実家は貧乏、父は愛人を家に連れ込み、母は耐えるだけ。
恋人も大学生で医学部に通っているのだが、性格の激しさに耐えている。
主人公は好きなヒップホップで仲間を見つけ・・・。
インドの階級社会の厳しさがよくわかり、応援してしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0新世代のインド映画

2020年2月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

インド・ムンバイ出身の実在するラッパーをモデルにした青春映画。
いわゆるインド映画につきものの歌とダンスのシーンはなく(正確にはあるけどMTVの撮影という体でラップが使われてる)、キスシーンも普通に登場する本作。
さらに近年のインド映画全般に言えることだけど、社会的なメッセージ性やイマドキだけど普遍的なテーマとリアルも入れ込まれている。
1995年の「ムトゥ踊るマハラジャ」で色物的に注目されたインド映画だけど、本作は完全に世界基準の新世代インド映画だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

4.0インドの8マイル

WALLEさん
2020年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

けっこう意識して製作されていたように感じた。ボリウッドダンスが出てくるわけでもなく、ヒップホップのかっこよさも感じられる。テーマは重いはずだが、爽やかに駆け抜けられる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
WALLE

4.0素晴らしかった!

2020年2月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

インド映画としてもラッパーの映画としても、
恋愛、青春、家族映画、成り上がり物としても素晴らしい
映画でした。
どこから見ても全方向に行き届いてて感動しました。

初めはインドのラップ、自分は観てられるのだろうか?
と心配してたけど、全く問題なかった。
それどころか、ものの5分で魅了されました。

シェールとの友人も良かったし、
恋人のキャラも面白かったし関係性も青春の甘酸っぱい感じ
が出てて可愛かった。
お父さんとの関係性もフリが効いててグッと来たし、
薬の売人の友だちも卑怯なくらい良いシーンが待ってて
ムラドの成り上がりを素直に応援出来る。

欲を言えば、完璧な男シェールと金銭の問題とかで
仲違いしてラップバトルで仲直りする。みたいな展開が
あればもっと熱くなれた気がする。

インド人の気質なのか文化なのか、
インド映画へのオマージュなのか、
ガリーボーイのPV撮影のシーンがインド映画のダンスシーン
を抱負させて笑ってしまった。

誰にでもオススメ出来る素晴らしい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

4.0スラムドッグ♪ラッパー

近大さん
2020年1月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

幸せ

インド版『8Mile』と言ってしまえばそれまで。
が、ただそれだけには収まらない魅力に包まれた、ボリウッド・ラップ・ムービー!

インドのラッパー、Naezyの軌跡と半生がモデル。
無論、名前を聞いた事も存在すら知らなかったレベル。知ってたら相当なインド・カルチャー通!(…いや、ラップ好きの間では有名なのかもしれないが)
そもそも、インドのラップってどんなもん…? こちらも見た事も聞いた事も無い。
ご安心なく。ラップ文化は万国共通!

劇中披露されるラップ曲の数々は胸躍る。
ラップと言えば、ラップ・バトル。この醍醐味も勿論!
主人公の心の声を代弁し、時に熱く、時に胸に突き刺さるほど、魅力的で聞き入ってしまう。
インド映画と言えば、アクションあり笑いありラブあり歌あり踊りありのコテッコテのエンタメ。
が、本作は非常にリアルなタッチの物語。
主人公の青年のサクセスと青春物語であり、恋人とのラブストーリーであり、家族や生活やインド社会を描いたドラマであり、そして何より熱いラップ・ムービーなのである。

話もミュージシャン伝記の王道スタイルで、スッと入っていける。
スラム街で生まれ育った大学生のムラド。
医者を目指す裕福な家の娘サフィナと付き合いながらも、悪友たちとつるむ毎日。
家は貧しく、高圧的な父のせいで常に険悪ムード。
そんなある日大学で、ラッパーのMCシェールのパフォーマンスを見て魅了され…。

悪友とつるんで悪さをしたりするも、ちゃんと大学に通い怪我した父に代わり働いたりと、真面目なムラド。初めてのラップ・バトルでは相手に言い返す度胸も無いほど。
元々ラップ好きであったが、その才能が花開く時が。
自身の境遇や鬱憤をぶつけた歌詞をラップにしてシェールに歌って欲しいと頼んだ所、「自分の言葉は自分で歌え」。
かくして歌う事になったムラドのラップは、一躍注目を浴びる事になる。
ラッパー名は、“ガリーボーイ(路地裏生まれ)”。

勉学、就職、そしてラップと三足の草鞋を履くムラド。
が、父はそれを許さない。運転手である“使用人”の父は「身の丈に合った夢を見ろ」。つまり、使用人の息子は一生、使用人のまま…。
ラップの実力はメキメキ上がり、アメリカで音楽を学んだ女性ミュージシャンから目を掛けられる事に。彼女のプロデュースでラップ作りをしていく上で親密になり、サフィナとぎくしゃくした関係に。そして破局…。

ある才能が花開くと、運命の悪戯か、障害が立ち塞がる。
やがてムラドはラップ一本で生きていく事を決意。が…
そんなにラップは恥ずべき事なのか…?
厳しい学歴社会のインドではそうなのかもしれない。
いや、日本だって。真面目に勉学に励んでいた我が子が突然、ラッパーになりたいと言ったら、簡単に賛同は出来ないだろう。
が、自分にしか出来ない訴え、自分がやりたい夢がある。
ムラドのラップの才能は埋もれさせる事は出来ないほど。

ムラド役のランビール・シンはその熱演と見事なラップもさることながら、イケメンっぷりも必見。
ムラドのラップの才能を花開かせたMCシェール役のシッダーント・チャトゥルベーディーが最高にナイス助演!
インド映画あるあると言えば、インドの女優さんは美人。本作でも、恋人サフィナ役のアーリアー・バットの美貌が映えるが、それ以上に、ただお飾りの恋人ではなく、自立心があり芯の強い女性として描かれている点。
それもその筈。監督のゾーアー・アクタルは女性監督。
女性の描かれ方は勿論、繊細さと心のこもった描写と演出と作風は、日本で言ったら西川美和監督のような才ある存在なのだろう。

変える事の出来ないガリーボーイ(路地裏生まれ)。
が、自分の人生は変える事が出来る。
自分に価値など無い事は無い!
俺の時代が来る。
どんなに大言壮語で、高慢で自惚れと思われたって構わない。
それほどの度胸、自信、強く逞しく生きていく。
自分の全てをラップに乗せて。
歌え、ガリーボーイ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

4.0楽しかった

2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

3.5インド映画らしくないかも。この映画、ハートフルで落ち着いているけどソウルフルで好きです。

Marikoさん
2019年11月22日
iPhoneアプリから投稿

【ガリーボーイ】路地裏の少年、という意味。
ラップでスラムからのし上がったスターの実話。
ラップ界にはほとんど知識がない私(エミネムくらいは知ってます!!)でしたが、2時間30分、魔法瓶のコーヒーを飲むのをすっかり忘れるほど没頭してしまった。
ほとばしるエネルギー感じる映画でした。
迷ったけど、観て良かった。

インドのカースト階級社会、父権社会、底辺の人々の貧困などが生々しい背景としてある中(貧乏とは言え主人公は親の稼ぎで大学に通えてるし立派なスマホも持っているのが気になったが💦)ラップによるソウルフルな心の叫びというものが、いい楽曲揃いで聴かせてくれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Mariko

2.0リリックは響いたけど全体的にはハマれず

2019年11月9日
iPhoneアプリから投稿

インドのスラム出身だから生まれるリリックはキラーワードの連発で、実話ということもあり響く部分も多々ありました。
でも全体的にはハマれなかった…。楽曲がことごとくピンとこないのが原因かなぁ。もともとヒップホップジャンルは得意じゃないというのもあり…。(でも去年のパティ・ケイク$は最高だったんだけど。)
あとインドの女性(今作ではサフィナ)キレ方と自己中心的な考え方にヒイてしまった。パッドマンでもそうだったけど、彼女や奥さんになるとあぁなってしまうのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まだまだぼのぼの

3.0主人公の環境がなんだかチグハグ…

克晴さん
2019年11月6日
iPhoneアプリから投稿

作品全体の雰囲気も、主人公が放つ楽曲も、「どん底からブチ上がるぜ!」という熱気に満ち溢れてるんですが、主人公がそこまでどん底かっていうと、いつも小綺麗だし大学に難なく通えてるし美人の彼女もいるし自分のスマホもある…本人も肉体美溢れるイケメン…

確かにスラム見学ツアーの対象だったり生まれで差別されたり、貧困っぽい描写もありますが、他の描写と噛み合っていない感じがしてどうも納得感がなく。
そこへ加えて車泥棒の常習犯だったりドラッグの密売に手を貸してたり、彼女絡みのトラブルは単なる自業自得の面が強かったり。
これがインドの現状なのであれば複雑怪奇で大変だな、とは思いますが、いかんせん自伝的な映画というのは往々にして「盛る」のが常、どこまで事実なのかばかり気になってしまい集中出来ませんでした。

おかげで楽曲自体はいいし翻訳も頑張ってるのに、いまいち入り込めず…いやお前そこまでどん底ちゃうやろ的な…なんかもったいなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
克晴

3.5インド版、"8mile"

hanataro2さん
2019年11月5日
PCから投稿

Eminemの8mileを観ていた自分にとっては、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hanataro2

4.0rap meets Bollywood

mikyoさん
2019年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

インド映画には歌とダンスが定番だが、ストリート風にしたらどうかって企画書には書いてあったに違いない、実在のアーティストを元にしたサクセスストーリー。

家族、恋人、学業、友情、就職、格差社会、運命。いろんなものに悩んだりつまずいたりしながらエンディングに向かっていく。

ラップのことは詳しい人に任せて、私自身ははその女性登場人物の多彩さに驚いた。スラムの生活からラップでのし上がっていくなんて、男性ばっかだし、スクリーン汗臭いだろと思ったら、実際複数の友情のストーリーがあり(数多め)、それはそれで面白いのだが、女性の登場人物は彼女とお母さんだけではない。(見てのお楽しみ)

インド映画のハードな部分と優しい部分が混じり合った、どんな人でも楽しめる良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo

4.0悲しい宿命

Imperatorさん
2019年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自分はヒップホップのことは全く知らないし、興味もないし、日本語訳ではリズムしかつかめず、韻は分からない。
ただ、見事な“音楽映画”だったし、本場のラップにクオリティで負けていないだろう。
女性監督が、実に男臭い世界を描いたことにも驚いた。

とはいえ、最近、自分はインド映画を見過ぎているのだろうか?
新鮮な感動は得られなかった。
恋愛、貧富の格差、欧米崇拝的な嗜好、ハートウォーミングな話。
クサくて、予定調和な、“王道”を行くストーリーに、食傷気味な自分に気づいた。

興味深かったのは、この種のラップの“悲しい宿命”のようなものが、見て取れたことだった。

豪華なスタジオで収録したり、ミュージックビデオを撮影するのは、白々しくて気の抜けた炭酸飲料のように見えた。
むろん、いつまでも“ユーチューブに投稿”というわけにはいかないので、きちんと録音・録画する必要はあるだろう。
しかし、もはや、切れば血が出るようなフレッシュで、何が飛び出てくるか分からないような、危険でスリリングなものではなくなっていた。
完成度が高くなればなるほど、退屈になる矛盾。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

4.0実話をもとにした映画

2019年10月28日
iPhoneアプリから投稿

一重にシェールの存在感が素敵でした。
彼の人となりと懐の深さがなければガリーボーイは生まれでなかったと思わされるほど。
ガリーボーイの彼女の許烈さと、それでいてお互い惹かれ合うのも、これまた違った意味で懐が深い方たち。
純粋って、そういう事なのかもしれないなって感じた映画でした。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よっしー
「ガリーボーイ」の作品トップへ