だれもが愛しいチャンピオン

劇場公開日

  • 予告編を見る
だれもが愛しいチャンピオン
だれもが愛しいチャンピオン
36%
55%
6%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハンディキャップを持つ選手たちによるバスケットボールチームと人生迷走中なコーチの出会いと絆を描き、スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞で作品賞など3冠に輝いたドラマ。バスケットボールのプロリーグでコーチを務めるマルコは、短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇されてしまう。知的障害者のバスケットボールチーム「アミーゴス」を指導することになった彼は、選手たちの自由すぎる言動に困惑しながらも、彼らの純粋さや情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起。全国大会でまさかの快進撃を見せる。「アミーゴス」のメンバーには、実際に障害を持つ600人の中からオーディションで選ばれた10人の俳優を起用。「マーシュランド」のハビエル・グティエレスがマルコを演じた。監督・脚本は「モルタデロとフィレモン」のハビエル・フェセル。

2018年製作/118分/G/スペイン
原題:Campeones
配給:シンカ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE

映画レビュー

3.5チームも社会全体もみんな同じなのかもしれない

2019年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ハンディキャップを題材に扱う映画はその描き方が難しい。少しでも偏見が挟み込まれると非難の対象になりうるし、だからと言って変に気を使い過ぎると逆に現実から乖離し本質が見失われてしまう。だがこの映画はどうだ。ハンディキャップをその人の個性として捉え、誰もが各々の音色を精一杯に響かせながら、いつしかチーム全体で一丸となってゴールへなだれ込んでいく。

バスケリーグで勝利の手応えを味わうにつれ、チームメイトの表情は生き生きと変わる。だが最も変わるのは、それまで人生どん底の日々を過ごしていたコーチのマルコだ。自己中心的で煮ても食えないプライドを持つ彼の方が、彼らとの日々の中で恐らく人生で初めて人間らしく羽ばたく。そして何かを伝えるためには、しっかりと目と心で通じ合い、相手と真正面から向き合うことが大事なのだと知る。何も特別なことなんてない。このチームも、我々が暮らす社会も、すべてはみんな同じなのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

4.0「人扱いしてくれた」と皆で抱き合うラスト。自然と涙がポロリ。

2020年6月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

単純

バスケットボールプロリーグでコーチを務めるマルコは不運も重なり反省を含め社会奉仕活動をする事に。知的障害者達が集まる「チーム・アミーゴス」に3か月バスケを教えるコーチになったのは良いが最初は上手く纏まらず。
しかし、絆を深めて行くにつれ、とんとん拍子にチームが波に乗り、マルコの人生や価値観が変わってゆく物語。

最初に言っておきますが、ダウン症など知的障害者を日常から差別的、生理的に受け付けないという方(その方を非難している訳では無いです。)にはオススメしません。
また「知的障害者を面白おかしく描いてるんだろ?逆に失礼じゃない?」と思っている人へ。そりゃ面白おかしく描いてますが、それ以上のエエ話が待っている。それを期待してくれるならばオススメします。

私も当初は高評価を疑っていた。メンバーが集まるまで正直面白くなかった。
しかし、知的障害者達に悪気は無いのだが、漫才やコントの様な自由すぎる行動には笑わせて頂き、徐々にこの映画に興味を持ち始めていた。

走る事もままならない。コミニケーションすらままならないメンバー達。
しかし、行動を理解してあげる事、発想を変える事で徐々に良くなるチーム。
バスケが上手くなって行くんです‼️
纏まって行くんです☺️

tubeでも取り上げられていく様な常勝軍団になってゆくチーム・アミーゴス。彼らの行く着く先は何処⁉️

障害者もの映画は色々観て来ましたが、彼らの生い立ちを同情したりお涙ちょーだい優先の様な映画では無い。
彼らの頑張りが光り、「良い映画だなぁ」と自然に涙がポロリ流れる様な映画なのだ。

ラストの試合が淡白だったのが勿体ない。
もう少し工夫があれば更に良い映画になったと思う。
全体的展開としてはベタ。しかし、ハンディキャップを逆に利用しここまで映画として築いた製作参加メンバーに拍手したい👏

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 16 件)
巫女雷男

3.5元気貰えました

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純で皆んなが頑張る…でも、色々とある人達をバスケを通して、その心情の動きをシンプルに捉えて、コーチが導きながら自分の価値感も変わっていく。
最後は「よーし」と思えちったです(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あにゃい

3.5鉄板だよ。分ったよ。好きにしなよ。

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
bloodtrail
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「だれもが愛しいチャンピオン」以外にこんな作品をCheck-inしています。