ANIARA アニアーラ
ホーム > 作品情報 > 映画「ANIARA アニアーラ」
メニュー

ANIARA アニアーラ

劇場公開日

解説

スウェーデンのノーベル文学賞受賞作家ハリー・マーティンソンの代表作「アニアーラ」を実写映画化したスウェーデン製SF大作。放射性物質で汚染された地球から火星へ移住するため、8000人の乗客を乗せて旅立った巨大宇宙船アニアーラ号。しかし事故によって燃料を失い、火星への軌道を外れてさまようことになってしまう。修復不能なまま歳月だけが過ぎていく中、希望を失い狂気へ落ちそうになった乗客たちは、人間の感情を治癒・制御するAI「MIMA(ミーマ)」に依存するようになるが、あまりに多くの感情を受け続けたMIMAは自らの意思で機能を停止・爆発してしまう。漂流から5年が経ったある日、アニアーラ号へ向かう救助船と思しき存在が現れる。だが、それは未知の物質で作られた巨大な槍形の物体だった。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(19年7月13日~8月9日)上映作品。

作品データ

原題 Aniara
製作年 2018年
製作国 スウェーデン・デンマーク合作
配給 アットエンタテインメント
上映時間 106分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
1.5 1.5 (全2件)
  • 投げて投げて投げて。 本来らなら3週間強で地球から火星へ移住する人を運ぶ宇宙船アニアーラが宇宙ゴミを回避してボルトと衝突し漂流する話。 放射線治療がどうのとか8000人とかは本編では語られず。漂流から数日後、3年後、... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2019年7月13日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • これには、副題がある。”時間と空間における人間の復活” ネタバレ! この映画は、個人的考えとして聞いてもらいたいのだが、前半の40分と後半の約1時間で映画の質や雰囲気が変わるので、それを理解できる方は、おおむねこの映画を諦めずに見ることが出来る方であって、、また... ...続きを読む

    Naaki Naakiさん  2019年6月24日  評価:2.0
    このレビューに共感した/5
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報