ジョアン・ジルベルトを探して

劇場公開日

  • 予告編を見る
ジョアン・ジルベルトを探して
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イパネマの娘」「想いあふれて」などで知られ、「ボサノバの神様」と称されるブラジルの伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトの行方を追った音楽ドキュメンタリー。卓越したギター演奏と甘美な歌声で世界中の音楽ファンを魅了したジョアン・ジルベルトは、2008年8月にリオ・デ・ジャネイロでのコンサート出演を最後に、公の場に姿を現すことがなくなってしまった。それから10年、ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーは、ジルベルトに会うためにリオ・デ・ジャネイロに向かったが、結局会うことはかなわなかった。その顛末を記した本が出版される1週間前、フィッシャーは自らの命を断ったという。彼の旅に強く共鳴したフランス生まれでブラジル音楽をこよなく愛するジョルジュ・ガショ監督が、フィッシャーの夢を実現させるため、ブラジル中をくまなく歩き、ジルベルトゆかりの人びとや土地を訪ねていく。

2018年製作/111分/G/スイス・ドイツ・フランス合作
原題:Where Are You, Joao Gilberto?
配給:ミモザフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

映画レビュー

5.0伝説の巨人をガチで探して歩く珍道中ドキュメンタリー

よねさん
2019年6月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2018年6月、サンパウロで開催された音楽ドキュメンタリー映画祭で鑑賞しました。

ジョアン・ジルベルトといえば泣く子も黙るボサノヴァの生き神様。泣く子も黙るどころか本人が来日公演中に黙ってしまって観客が騒然となったという伝説があるレジェンド中のレジェンド。そんなレジェンドに感銘を受け本人に直接会って生で"Hô-bá-lá-lá"を聴かせてもらいたいと何のツテもないのにリオを訪れてジョアンを探すノンフィクションを書いたドイツの作家マーク・フィッシャーはその本が出版される数日前に亡くなっていた。じゃあ彼の足取りを追ってジョアンに会おうじゃないかとリオにやってきたのがスイス人の映画監督ジョルジュ・ガショー。

リオでマークの助手を務めたハケウさんとともにマークが遺した情報の断片を追ってジョアンを知る人達に片っ端から会いに行くジョルジュさん。ミウシャ、ジョアン・ドナート、マルコス・ヴァリ、ホベルト・メネスカウといったボサノヴァの巨人達からショボいレストランのシェフ、床屋の親父、ジョアンの旧友達といった怪しい人々まで会いまくるのですがなんせ全員ブラジル人の爺さん婆さんなのでそりゃあもうエライ目に遭うという、ブラジルあるあるがパンパンに詰まった大爆笑のドキュメンタリー。果たしてジョアンに会えたのかは書けませんがブラジルってそういう国だね!というのがストンと胸に落ちる驚愕のラストであることだけ言っておきましょう。これはスゴイわ、参りました。

この映画祭、何気にジョルジュさんの作品が特集されていて他にも面白そうな作品がいっぱいあったのですが観れなかったのが残念。本編上映前にはご本人も登場して挨拶されましたが、上映後外に出るとご本人がシレッと立っていたので思わず最高でした!と握手してもらって写真も撮らせて頂きました。当たり前ですが作品中のご本人と同じく物静かで優しげな方でした。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全1件)