ラスト・エスケイプ

2018年製作/93分/トルコ
原題:T.i.M

スタッフ・キャスト

監督
オヌール・イジット
製作
セルダール・アタカン
イスメト・ムステフ
脚本
セルダール・アタカン
イスメト・ムステフ
  • セルダール・アタカン

  • エスラ・エルデン・アタカン

  • フェルカン・ベイ

  • セラハティン・ベル

  • ハティス・カリット

  • エルカン・デュルムス

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

1.5続編あるなら観るぞ!

2024年4月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

他所の国との合作ではなくてトルコ単独の映画は恐らく初めて観ると思う。
予告編が面白そうだったのでトルコ映画はどんなもんかと思って観てみたが、何とも言えず微妙な作品でしたな。
予告編の作り方が上手く騙されたね。5人VS3000人とか、部分的には嘘予告でもあったわけだが、まあ許そう。

まず驚くのは演技が酷いことかな。
邦画でもハリウッドでもアイドル映画なんかの演技は酷いものだが、そのレベル。
言葉が全くわからなくても笑いが出るほど酷い演技なんだから逆に大したもんだよ。彼らはもしかして俳優じゃないのかな?

次に、全体的に安っぽいを越えて安い。
アクション系やコメディ作品など、安っぽさが逆に魅力になったりするものだが、本作の安さはただ事ではないレベル。
たまに綺麗な映像だったりして一貫性がないのもよくわからん。予告では綺麗な部分だけ上手いこと切り抜いて使っていたよね。

いつもならこの手の作品では笑いながら観て、レビューも茶化して書いたりするのだが、作品冒頭に、祖国のために戦った人々に捧げる的なテロップが出るせいで、なんかふざけたらいけない感じのプレッシャーがかかったね。つまり真面目な作品なんだろうね。
だけど、開始早々、兵士たちが我先にと死亡フラグを立てまくる段階で、最後まで気持ちが耐えられる気がしなかったよね。
母に会いたいだの、娘に会いたいだの、婚約者に会いたいだの、ここはすでに戦場のようなものだぞ、お前たちは死にたいのかっ!とツッコまずに観られるもの?
ツッコミたいけど、茶化し禁止~みたいな雰囲気はそれなりにキツかった。

しかし不思議なもので、普通は星一つレベルの作品だと不満が爆発するものだが、観てても不快ではなかったし、もっとアクション頑張れとか映像頑張れとか、まだまだやれるはずだとか、トルコ映画を応援するような気持ちになったね。

続編ありそうな終わりかただったけど、仮に続編が作られたとして日本国内で観ることは叶うのだろうか

コメントする (0件)
共感した! 0件)
つとみ

3.0トルコの対テロ特殊チーム

2023年3月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
odeonza

3.0ヒーローも、敵に対しては容赦せず

2022年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Kazu Ann
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る