トゥームストーン

劇場公開日

23%
38%
31%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アリゾナ・トゥームストーンの町は無法者たちに支配されていた。その地へやってきた元保安官のワイアット・アープは、結核に冒されていた旧友ドク・ホリディと再会。ふたりはワイアットの兄バージル、そして弟モーガンとともにOK牧場で悪党たちと対決し、勝利を収める。しかしその後、兄弟が報復の凶弾に倒れてしまう。ワイアットとドクは復讐を果たそうとするが……。有名なOK牧場の決闘、そしてワイアットとドクの友情が描かれるオールスター・キャストの西部劇。

1993年製作/130分/アメリカ
原題:Tombstone
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0う〜ん??

everglazeさん
2018年11月10日
iPhoneアプリから投稿

Charlton Hestonがちょっぴり出ていますが、彼が主演していた頃の西部劇と比較すると、現代的に味付けされて女性の格が上がり、色鮮やかなセットで見栄えは良いものの、俳優のアップがすごく多くて、映像に思ったほど迫力を感じませんでした。西部劇では、遠方からの長回しで映る壮大な景色も醍醐味の一つと思っているもので。映画館で観ていれば違ったのかな。

Wyatt Earpだけでなく、お兄ちゃんやDoc Hollidayもカッコいい作品でした。Val KilmerをJohnny Deppと見間違えているレビューがあり、確かに少し似ています。

“Revenge..... for..... being born.”

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
everglaze

4.5ドクホリデイがカッコよ過ぎてまいった。 ワイアットアープの話なんだ...

yonda?さん
2018年8月27日
iPhoneアプリから投稿

ドクホリデイがカッコよ過ぎてまいった。
ワイアットアープの話なんだけれども、とにかくこの映画ではドクホリデイ。ワイアットアープには弾が当たらない、くらい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0リアルで迫力の「OK牧場の決闘」!

Ravenclawさん
2017年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

興奮

西部劇。
有名な「OK牧場の決闘」を、史実に近い形で映画化した作品。

ワイアット・アープ役のカート・ラッセルは髭が立派。
ドク・ホリディ役のヴァル・キルマーがカッコイイ。
銃撃戦もリアルで迫力があり、満足度が高い映画。

「OK牧場の決闘」は1881年の出来事。
この年は、クリント・イーストウッドのUngorgiven(許されざる者)の設定と同じ年。

舞台となったTombstoneは、アリゾナ州にある実在の町である。
Tombstoneは、もちろん墓石という意味で、ゴールドラッシュ時代、山岳地帯の過酷な環境に関連してつけられた名前だそうだ。
現在は、舞台となったO.K. Corralとともに、町全体が西部開拓時代の町の生きた博物館として国の史跡に指定されているらしい。
google mapで見ると山岳地帯の中にあり、かっては過酷な環境だっただろうことがうかがえる。

アリゾナ州はメキシコと国境を接するアメリカ西南部の州で、ロッキー山脈と砂漠で有名。
3:10 to Yuma(3時10分、決断のとき)の舞台も同じアリゾナ州で、西部劇の本場となった地域である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ravenclaw

3.5作品の基本に進歩が見られないアープ像

Cape Godさん
2014年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

総合65点 ( ストーリー:60点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:65点 )

 1993年の作品ながら、昔ながらの西部劇そのまま。いわゆるみんなが思い描く英雄としてのワイアット・アープ像を描いている。強くて恐れ知らずで傷つきながらも常に勇敢に強敵と立ち向かうという英雄像である。古い作品と比べれば映像や演出は洗練された部分も多いが、西部の英雄が悪と対峙するだけという基本的な部分でとても単純で50-60年代の西部劇から進歩がみられない。彼らがいかに強者かという素人相手の前振りも多くて、そこらあたりも昔のままな描き方で進歩がない。そういう昔ながらの単純な撃ちあいを期待している人にはいいのだろうが、制作時期を考えれば西部劇にも昔と違う何らかの進歩を期待していた自分には物足りなさをおぼえる。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る