Daughters(ドーターズ)

劇場公開日

Daughters(ドーターズ)
17%
44%
26%
11%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ルームシェア生活を送る2人の女性が、妊娠、シングルマザーという人生の選択を経て、現実と向き合いながら生きていく10カ月を描いたヒューマンドラマ。「ダンスウィズミー」「犬鳴村」の三吉彩花と「ソローキンの見た桜」「海を駆ける」の阿部純子が主人公の2人の女性を演じる。中目黒の桜が並ぶ川沿いのマンションの1室で暮らす小春と彩乃。ライフスタイルの似ている27歳の2人は、仕事に遊びに充実したルームシェア生活を送っていた。しかし、彩乃からの突然の妊娠の告白から、2人の生活に変化が訪れる。そして彩乃は父親のわからない子どもを産む決意をする。小春役を三吉、彩乃役を阿部がそれぞれ演じる。監督・脚本は、同作が初⻑編作品となるファッションイベント演出家、映像作家の津田肇。

2020年製作/105分/G/日本
配給:イオンエンターテイメント、Atemo

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
津田肇
プロデューサー
伊藤主税
エグゼクティブプロデューサー
佐藤崇弘
ラインプロデューサー
角田道明
撮影
高橋祐太
横山マサト
照明
友田直孝
サウンドデザイン
西條博介
美術
澁谷千紗
内田真由
ファッションディレクター
岩田翔
スタイリスト
町野泉美
ヘアメイク
細野裕之
主題歌
chelmico
音楽プロデューサー
芳賀仁志
助監督
北畑龍一
松尾崇
安井陶也
キャスティング
伊藤尚哉
制作担当
天野恵子
犬飼須賀志
櫻井紘史
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)「Daughters」製作委員会

映画レビュー

3.5色彩、ファッションなどの映像・デザイン的な美しさと共に、主演の2人をリアルに描きだした監督の手腕が光る作品。

2020年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

ポスターやロゴのデザインセンスが通常の映画とは違い、センスの良いものとなっていますが、これも津田肇監督のディレクションによって作られているだけあって、通常の邦画とは良い意味で一線を画す作品と言えます。
この手の作品は思っている以上に単調になったり、アート性に寄ったりと、バランスが難しいのです。しかしW主演の三吉彩花と阿部純子が生き生きとしていたり、映像としても人物や風景が色彩的にも美しかったりと、驚くくらいバランスが高いところを維持していました。
さらには衣装のバランスやインテリアのコントラストなど様々なこだわりを感じられ、(2019年の)3月、6月、10月と春、夏、秋冬の計18日間の撮影でこれだけのものが作れるのは、ファッションイベントの演出などを手掛けてきた津田肇監督のクリエイティブな才能に拠るものが大きいと思います。
東京の中目黒を拠点とし、沖縄のロケも効果的に使われていました。

主人公の2人は、同じような職種で似た波長を持ちルームシェアをしているのですが、ある事をきっかけに2人の日常に変化が訪れます。果たしてこの2人のバランスがどのように変化していくのか。
脚本も初監督作品としてはとても良いですが、場面転換の際に使われるポエム的な部分だけが少し深みが足りない気がしました。この辺りが狙い通りに響くと、より物語に重厚さを与え名作になったと思います。いずれにしても、とても初⻑編監督作品とは思えず、今後の作品が楽しみな監督になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
細野真宏

3.5出だしの二人のやり取りを聞いて、これは好みの作品ではないかなと思っ...

2021年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

出だしの二人のやり取りを聞いて、これは好みの作品ではないかなと思ったけど見応えはあった。主役二人の関係に絞った描写が良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

3.0リアル

トタ助さん
2021年1月2日
Androidアプリから投稿

萌える

とてもリアルな演出、演技でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トタ助

これはない

ぴろきさん
2020年10月19日
スマートフォンから投稿

映画って端役とかエキストラの芝居とか演出が実は大事なんですね。最初の方の主人公ふたりと同級生の男たちの飲み会のシーン、あれ、もろコントの芝居です。お金を払って観る映画としてとてもまともに観ていられないレベルの芝居で苦笑するしかなかった。じっさいに撮影現場で役者に演出をつけて、あの芝居にOKを出した監督さんのセンスが理解できません。この監督さんは笑いの全くないウケないコントが撮りたかったのかな?学生の自主制作映画ならわかるけど、ちゃんとした映画館で封切りされた映画で、チケット代を払って観ている有料入場者に苦笑されたりあまりのひどい芝居に観ていて恥ずかしい気持にさせる、そんな映画を公開してしまうというのは商業映画としていかがなものですかね。なんか久々にやっすい日本映画の悪いところ、ダメなところが満載の映画を観させられて正直、戸惑うしかないです。令和の世に封切りされる映画としてこれはないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴろき
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「Daughters(ドーターズ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。