ウルフズ・コール

劇場公開日

ウルフズ・コール

解説

正体不明のソナー音に翻弄される原子力潜水艦に迫る危機を描いたフランス発の潜水艦アクション。並み外れた聴覚をもつシャンテレッドは、フランス海軍原子力潜水艦チタン号に特別分析官として乗艦していた。わずかに聞こえる音を頼りに敵の動向を探るのが彼の重要な役割だったが、シリアでの潜航任務中、怪しげな音に気づいたものの識別に失敗し、その判断ミスから危機を招いてしまう。「黄金の耳」とまで言われるシャンテレッドの耳を惑わせたのは、まるでオオカミの歌(呼び声)のような正体不明のソナー音だった。再びその音が聞こえてきたとき、シャンテレッドは大きな決断を迫られる。主演は「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」のフランソワ・シビル。共演に「最強のふたり」のオマール・シー、「負け犬の美学」のマチュー・カソビッツ、「永遠のジャンゴ」のレダ・カティブらフランスの実力派が集う。

2019年製作/115分/PG12/フランス
原題:Le chant du loup
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019 - PATHE FILMS - TRESOR FILMS - CHI-FOU-MI PRODUCTIONS - LES PRODUCTIONS JOUROR - JOUROR

映画レビュー

2.5どんでんがえし?

2022年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ちょっとかっこいい潜水艦もの、と思ったらいきなりベッドイン。なんだそれ。大麻の伏線なの?フーリエ変換はどうなったんだよ。ベッドインにつなげるためだけ?
あ、この人死亡フラグ立った、と思ったら逆の人が死んだ。どんでんがえしなのか。
なんか納得いかない字幕が結構あった。フランス語解らないけどさ、それソナーじゃなくて機雷だろ、とか信頼性じゃなくて確実性だろ、とか。こういう軍事物はちゃんと監修入れた方がいいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
arlecchino

2.0テーマはよいが、結末が残念。

A1さん
2022年4月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

フランス映画ですね。
潜水艦なのに曇り空のような雰囲気ですね。
前半の緊張感は良かった。
けど、後半になると敵味方がよくわからなくなって、話が理解できなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A1

1.5魚雷ってもんが理解できていない

2022年3月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
快適に暮らしたい

2.5まあ、わかりはするけど、

けいさん
2022年3月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る