北の橋

劇場公開日:

北の橋

解説

ヌーベルバーグの中心的人物として活躍したフランスの名匠ジャック・リベットが、ミゲル・デ・セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」をモチーフに、パリの街で2人の女性が繰り広げる奇想天外な冒険を描いた作品。パリの街をバイクで走る少女バチストは、刑務所から出所したばかりの閉所恐怖症のテロリスト、マリーと出会う。マリーの恋人が持っていた謎の地図を手にした2人は、地図をすごろくに見立てて街中をめぐるうちに陰謀に巻き込まれていく。リベット監督作の常連ビュル・オジエとその実娘パスカル・オジエがマリーとバチストをそれぞれ演じ、「ベルトルッチの分身」のピエール・クレマンティ、「トリュフォーの思春期」のジャン=フランソワ・ステブナンが共演。

1981年製作/127分/フランス
原題:Le Pont du Nord
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
日本初公開:1993年7月

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1981 Les Films du Losange

映画レビュー

5.0不快な音、かわいい声

nijitoneさん
2022年4月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

※星取りは苦手。何か書きたくさせた時点で☆5つ!

若者で溢れた劇場を見て、
「あなたの見慣れた
手筈の整った映画のようには
いかないかもしれない。
あなたの観たいように観せて
くれない映画かもしれない。
その時は思いっきり、
わかりにくいんだよー!
と叫んで大丈夫なんだからね」
と誰に言うでもなく
心の中で呟いてた笑

バチストの不快な態度のときに、
不快な音が増幅して
不快さが増した。
あれはある種、
こちらの戦闘意欲?を削ぐな…
もういいよ、観ててやるよ、
て観念させられた笑
そして、
それに反してバチストの声が
とびきりかわいいのが調子狂う

つらい筋トレの後のような
爽快さを抱いて帰路についた

あの白いバイクはどうした?
え、蜘蛛の巣張れる道具ってなに?
ドラゴン、火ぃ吐いてるしー!
めっちゃいいー!

スマホのない世界の「約束」が
脆弱なようで確実で
誠実に映った

#ジャックリヴェット #北の橋 #lepontdunord #JacquesRivette

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nijitone

4.0カラテ

m mさん
2022年4月17日
iPhoneアプリから投稿

習いたくな…らないな
帰り沢山思い出し笑いしながら帰ったのでマスクがあって良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
m m

2.5すごい。訳がわからない。しかし嫌悪感が無いのはリヴェットが映画せし...

2022年4月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

すごい。訳がわからない。しかし嫌悪感が無いのはリヴェットが映画せしめているからか。映画とリヴェットの器の大きさに呆れる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kazuyuki chatani
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る