天国にちがいない

劇場公開日

天国にちがいない

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「D.I.」の名匠エリア・スレイマンが10年ぶりに長編映画のメガホンをとり、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で特別賞と国際映画批評家連盟賞を受賞した作品。スレイマン監督は新作映画の企画を売り込むため、故郷であるイスラエルのナザレからパリ、ニューヨークへと旅に出る。パリではおしゃれな人々やルーブル美術館、ビクトール広場、ノートルダム聖堂などの美しい街並みに見ほれ、ニューヨークでは映画学校やアラブ・フォーラムに登壇者として招かれる。友人である俳優ガエル・ガルシア・ベルナルの紹介で映画会社のプロデューサーと知り合うが、新作映画の企画は断られてしまう。行く先々で故郷とは全く違う世界を目の当たりにするスレイマン監督。そんな中、思いがけず故郷との類似点を発見する。

2019年製作/102分/G/フランス・カタール・ドイツ・カナダ・トルコ・パレスチナ合作
原題:It Must Be Heaven
配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 カンヌ国際映画祭(2019年)

受賞

コンペティション部門
スペシャル・メンション エリア・スレイマン

出品

コンペティション部門
出品作品 エリア・スレイマン
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2019 RECTANGLE PRODUCTIONS - PALLAS FILM - POSSIBLES MEDIA II - ZEYNO FILM - ZDF - TURKISH RADIO TELEVISION CORPORATION

映画レビュー

5.0監督は映画のオーセンティックなものを求めている。

2021年10月8日
PCから投稿

この映画はトレーラーが出回っていて、それをよく見る機会があった。 面白そうだと
思いいつか見るぞと思っていた。そして、無料が見つかったので今日見られた。

ニューヨークでタクシーの運転手がスレイマン監督に、どこの国からきたのと。
スレイマン『ナザレン』と町の名前で答える。
運転手『国?』
スレイマン『パレスチナ人』 タクシーを急に止める。 『パレスチナ人を見たことがない、よく顔を見せろ』と。マイクロアグレッションの賜物!!! 可笑しい!!
運転手はナザレン(ナザレ)がイエスキリストの生誕地なので、興奮しているようだ。それに、アラファット議長をカラファットと間違えて、いい奴だと言っているようだ。
そして、奥さんからの電話をタクシーの運転手はとり、パレスチナ人をはじめてのせている話をする。
本当に意味のあるコメディを作るのが上手だ。ニューヨークにユダヤ人は多くいてもパレスチナ人は🇵🇸少ない?!

ニューヨークの大学かどこかに、監督として招待され、そこで、監督としての経験を意味のないようなあるような形で質問され、『他の言葉で言うと、スレイマン監督は完全にストレンジャーですか』と聞かれるが、スレイマン監督は講堂に集まっている学生を戸惑いながら右の方から左へと上の方から下へと見つめている。学生は有名な監督に与えられた、質問の答えを真剣に待っている。ーーー私は大笑い。 だって、監督にとって、講堂にいる学生の身なりの方がストレンジなのである。クマだったり、ウサギだったり、、、、、面白い。質問する教授と真剣な眼差しと、そのトーン、学生の有名な監督から何か聞きだそうとする態度、スレイマンの当惑。 すごいシーン。

この映画は笑えるシーンが多すぎて書き切れないからここでやめる。フランス(パリ?)やニューヨークを訪れて、新しい場所を見つけようとしても、どこもかしこも同じような問題にぶつかり、どこに住んでも一長一短で、帯にながし、たすきに短しだ。故郷が一番いいかも、と言う映画だと思った。しかし、これだけじゃない。 オーセンティック(本物の,確実な,真正なという意味)なもの(こと)に良さを感じている監督であり、そうしたいと思っている監督だとおもう。パレスチナではパレスチナの俳優、フランスではカナダ・フランスの俳優、アメリカではアメリカ・カナダの俳優をかなり多く使っている。そこに、メキシコ生まれの俳優、友人役でガエル・ガルシア・ベルナル監督が出る。ガエルの電話の会話(スペイン語を話している) で、[スペイン(orラテン系)の話を英語で作れ、それに、ネイティブの民族にはどんな言葉でもいいから適当に話させろと。]こう言う企画ならやめると。 これは、スレイマン監督の言いたいことだと思う。映画監督は最近、英語の映画にするのが多すぎるし、(日本映画もタイトルが英語になっている時がある)オーセンティックでなくなっている。スレイマンはグローバル化によるこの兆候の見直しも主張しているのではないかと勝手に思った。

スレイマンの『時の彼方へ』 を観てレビューを書いたことがあるが、この監督の良さが分からずじまいだった。 ただ私はパレスチナの映画を数多く観ている。 そして、それらのレビューも書いているし、少し、ある教育に携わっている。そんなに数多くのパレスチナ人を知らないが、 日本でもよくあった(ある?)受け身の自律性に欠ける教育なようだ。(あくまでも私の少ない経験に基づいている) だから、スレイマンのように批判的思考力に基づいた映画監督はちょっと稀なような気がする。

筆を置こうとして気がついた。スレイマン監督はこの映画で静かな声の出ない傍観者なのだ。なぜ? 冗談にばかり気に取られないで、批判思考力の目線でもう一度見るべきだなと思った。グローバル社会の問題点を追求しているのではないか。英語映画やどこの国でも同じ問題を抱えているということ以上の問題を私は意識化する必要があるなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Socialjustice

5.0隣人よ!隣人よ!

きりんさん
2021年9月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

(たぶん)母親を亡くしたのだろう、
エリヤ・スレイマン監督が庭に1本のレモンの木を植えて旅に出る。

旅に出たスレイマン監督の気持ちはわかるなぁ。僕も、人生の大きな段落を越えたあとにはいくつかの旅をしてきたものね。

街を、そして人をよく見つめて観察をする監督。
まっすぐこちらを見るカットが多くて、ついつい僕も身を乗り出して監督の姿を見る。
旅は、自分との出会い。
自分を発見する時間。
自分が何を願っているのかを旅は鮮明に浮き立たせる。

スレイマン監督がその目に映す光景は、パリでもニューヨークでも、コミカルに、そして象徴的に「パレスチナの領土問題」を語る⇒

・パリでの丸い池のほとりでの椅子取りゲーム(お情け無用の陣取り合戦)。
・官権によるオープンカフェの執拗な検地。
そして市井の人たちの警戒と、無理解と、嘲笑。

オリーブ畑の中を“お百度”を踏んで祈っていた娘は、鉢の水が蒸発するまで歩いていたね。

監督も“無言の行”で世界を巡り、祈りを受け入れる素地がこの世に有りや無しやをじっと見ている。

・・・・・・・・・・・・

「隣人よ」「隣りびとよ」と繰り返されるあの呼びかけは、キリスト教徒にとっては超有名な「ハッとする」キーワード。
「善きサマリヤ人の喩え」で検索すればWikiで聖書本文が読めます。
パレスチナ人とユダヤ人(=キリスト教西洋社会)の、2000前からの確執について、ナザレ人イエスが語る珠玉の喩え話。

・・・・・・・・・・・・

で、先日、
弟から面白いメールがあった。以下

『僕の車の運転席前(ダッシュボード)に、いつもパレスチナの旗を立ててあるのですが、
先日アパートの車庫から車を出そうとしてドアを開けたら、犬の散歩をしながら通りかかった高齢の男性から声をかけられました
「いつもここを通るのですが、これはパレスチナの国旗ではないですか」
「あ、そうですよ」
「関係者なのですか?」
「関係者ではないですが、支援をしています」
するとその男性、嬉しそうに、「私もです」と言って、パレスチナの国旗がついているキーホルダーをポケットから出して見せてくれ
ました。
ちょっといい話でした。』

ねぇねぇスレイマンさん、
これどう?いいエピソードだと思いません?

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きりん

5.0見る映画。風景は美しい。 パリのカフェから見る女性の美しさ。 食事...

えみりさん
2021年7月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

見る映画。風景は美しい。
パリのカフェから見る女性の美しさ。
食事を積んでるSAMU。
文脈の決定できないおかしさばかりが積み重なる。
コントの連続みたいな。
そして、圧倒的な風刺。
パリやニューヨークで、パレスチナはただ消費される存在でしかなく、「文化」の浅薄さが圧倒的に描かれる。むしろ日常の中に不条理がある。
パレスチナがあるかどうかをタロットで占うシーンは最高におかしかった。
日常の文脈を異化するだけだけれど、深い意味をもたらす映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
えみり

3.5【”不条理に満ちた美しき世界の中の、シュールな笑い。”シンメトリックな構図の多さが洗練された感を与える、随所でクスリと笑えるシーン満載の作品でもある。】

NOBUさん
2021年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

幸せ

ー 観ていて、”最近、似たテイストの映画を観たなあ・・、と考えていた。個人的な意見であるが、ロイ・アンダーソン監督の「ホモ・サピエンスの涙」に風合が似ていると思いながら、鑑賞した。ー

■感想<Caution! 内容に触れています。>

・エリア・スレイマン監督自身が、全てのシーンに出演しているが、彼は殆ど喋らない。彼の周囲の不可思議な風景や、人々をじっと観察しているのである。
 その、数々の不可思議で、不条理な風景や人々の姿が、クスリと笑えるのである・・。

・それは、スレイマン監督の隣人が、”扉が開いていた・・”と言いながら、スレイマン監督の家の庭のレモンを大量に収穫していたり、バッサバッサと勝手に剪定していたり・・。
 その姿を見ても、スレイマン監督はじっと眺めているだけである。
 何故か、クスリと笑えるのである。

・スレイマン監督の別の猟師の隣人が語る、蛇の恩返しの話。

・スレイマン監督は、ナザレからパリに飛ぶのだが、パリでも不条理な事は続く。
セグウェイに乗った三人組の警官の姿。シンクロされた動きの美しくも可笑しき姿。
美しいシンメトリックな街中を進む、数多くの戦車。
同じくシンメトリックな街中を歩む多くの象、そして排泄された糞を回収するスイーパーが続く・・。

・ニューヨークでは、スレイマン監督の映画の企画は”パレスチナ映画色が弱い・・”と言う理由で没にされるも、ニューヨークの町でも不可思議な風景に次々に遭遇するスレイマン監督。
ライフルや、RPGを普通に持ちながら歩く人々。
セントラルパークの噴水の周囲での奇妙な椅子取り合戦・・。

<パレスチナのナザレから来た、エリア・スレイマン監督がパリ、ニューヨークの二大都市で見た不条理だが、シンメトリックな美しさを湛えた、クスリと笑える数々の風景。
 パレスチナ人が観た、ブラックユーモア溢れる数々のシーンが、”良く、これだけの絵空事を考えたなあ・・”と思わせてくれる世界の秘密を告げるが如き作品
エンドロールで流れる、スレイマン監督の”パレスチナに捧ぐ”と言う言葉が、印象的な作品でもある。>

<2021年4月25日 刈谷日劇にて観賞>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「天国にちがいない」以外にこんな作品をCheck-inしています。