劇場公開日 2019年12月27日

「「低層民」を「地下」で象徴する映画のシンクロニシティー」パラサイト 半地下の家族 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

4.1411
46%
44%
7%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0「低層民」を「地下」で象徴する映画のシンクロニシティー

AuVisさん
2019年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

興奮

韓国の社会派映画といえば、かの国特有の政治や軍事などを題材にした力作が目立つが、ポン・ジュノ監督最新作は貧富の差の拡大というグローバルに深刻化する問題を取り上げ、予測のつかない超一級のエンターテイメントとなった。韓国初のパルムドール受賞も、普遍的な問題への意識が一因だろう。

丘の上の明るく広い邸宅に暮らす上流の家族と対照的な、暗く狭い地下で暮らす下層の家族。低層民、被差別者、不可視の存在を、彼らが生きる「地下」で象徴するアイデアは、同じく今年公開された米国のホラー映画『アス』と通じる。このシンクロニシティー(共時性)も興味深い。

映像では伝わらない「匂い」で生活の格差を表現したのも、監督の巧妙さであり、観客の想像を経て本能に直接突き刺さるようだ。

監督もメッセージで懇願しているように、これは絶対にネタバレを回避して観に行くべき作品。ジャンルを超越した怪作にぜひ圧倒されていただきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 103 件)
AuVis
「パラサイト 半地下の家族」のレビューを書く 「パラサイト 半地下の家族」のレビュー一覧へ(全411件)
「パラサイト 半地下の家族」の作品トップへ