父 帰る

劇場公開日

  • 予告編を見る
父 帰る
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東京藝術大学の研究室を母体に共同監督で映画の可能性を模索する映画製作プロジェクトで、カンヌ国際映画祭から2度にわたり作品の正式招待を受けた「c-project」で、2016年に製作された短編作品。家を出て行った父と残された長男、次男、長女、そして彼らの母という一家に訪れた、ある宿命的な一夜を、実際に行われた映画のキャスティングオーディションの記録映像を編集し、総勢60人の役者が一家を演じるという新たな表現アプローチで描いた。上映時間34分。「佐藤雅彦研究室 カンヌ短編プロジェクト」と題し、同じくc-project製作の「八芳園」「どちらを」とあわせた短編3作品で19年4月6日から、渋谷ユーロスペースにて劇場公開。

2016年製作/34分/日本

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2016 TOPICS

映画レビュー

3.0《父帰る》ってすげえ作品だな

Scottさん
2019年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

オーディション風景を装って、色んな俳優さんが入れ替わりながら《父帰る》を演じてくの。

「兄役はこの人がいいな」とか思いながら観てて、「他の役者さんとの組み合わせで決まるところもあるか」「みんなうまいから誰がやってもいいな」「こりゃ、俳優として世に出るかどうかは運だな」とか思いながら観てたの。

それでラストシーンに突入するんだけど、本当のラストの『賢一郎!』『兄さん!』からの『新二郎、いますぐお父さんを』が凄い。菊池寛すごい。なんか手法とかバカバカしいというか小賢しく見えちゃうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

3.0見ごたえはあるが評価は微妙

2019年4月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

 同時に上映された三作品の中では、本作品が最も映画らしかったが、演出が非常にユニークだ。舞台稽古みたいな、あるいは俳優のオーディションのような設定で、役は同じだが俳優が次々に入れ替わるという斬新な手法である。
 菊池寛の「父帰る」は林家三平の落語にも登場するメジャーな文学作品で、本作品はその戯曲をほとんど踏まえていると言っていい。
 人間の存在は、思い出や想定などで話に出てくる観念的な存在ならば、簡単に切って捨てることができるが、質量と体積を持った実物の人体として眼前にあると、なかなか無視はできないし、それなりの重みがある。人には情があるからだ。世間一般の父親という役割を果たしていなくても、父は父であるという時代でもあった。
 親と書いてしたしむと読む。つまりは鳥と同じで、身近にいるから愛著が湧いただけの話なのだ。個体としての父ではなくて、普遍的な意味合いでの中年男だと思えば、情が湧くことはなかっただろう。その辺りが人間の切ない部分であるし、おそらく菊池寛は前向きに評価しているところでもあるだろう。
 愛と憎しみは表裏一体である。愛も憎しみもなければ、それは無関心ということになる。愛の反対は無関心であるが、無関心が悪とは限らない。父親を他の男性と区別しないで同じように接することができるのは、愛著から脱却して悟りの境地に入った者だけだ。人間は愛著という苦しみから解放されず、いつまでも人間関係の中で苦しみ続けるのだ。菊池寛の戯曲の本当の意味はそこにある。
 本作品は菊池寛の戯曲をほぼそのまま上演した作品で、菊池寛の深い世界観がその重さのままに迫ってくる。見ごたえのあるいい作品ではあるが、映画としての独自性や個性、主体性には欠けており、評価は微妙と言わざるを得ないだろう。ただ役者陣の演技はかなり洗練されていて、高く評価できると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「佐藤雅彦研究室 カンヌ短編プロジェクト」シリーズ関連作品