JKエレジー

劇場公開日

JKエレジー
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地方都市で暮らす鬱屈した日々を打破しようと、逆境にもめげず突き進む女子高生の姿を描いた青春映画。群馬県桐生市に暮らす高校3年生の梅田ココアは、学業は優秀だが家庭が貧しく、ギャンブル狂の父親と元漫才師でニートの兄のせいで将来に希望を見いだせずにいた。そんなココアには、学校とバイトの合間に「クラッシュビデオ」(ものが女性に踏み潰され、破壊されるさまを見て性的欲求を満たす目的で作られた動画)に出演しているという秘密があった。もともとは兄の元相方であるカズオに頼まれてはじめたことだったが、最近ではココア自身も、さまざまなものを踏み潰す感触に快感を覚えはじめていた。そんなある時、クラッシュビデオ出演が学校にバレてしまい、大学推薦を取り消されて学校にも居場所がなくなってしまったココアだったが……。2017年の「ミスiD」で入選した希代彩が映画初主演を務め、インディペンデント映画を対象とした米スカイダンス映画祭で優秀演技賞を受賞。監督はこれがデビュー作となる松上元太。

2018年製作/88分/日本
配給:16bit.inc

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2018 16bit.Inc

映画レビュー

4.0絶望からの微かな希望

2019年8月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

悲しい

公開前からタイトル、粗筋や予告映像から主人公ココアが状況に抗うも挫折して希望のないラストだと思った。覚悟して見たが予想より清潔感があった。
劣悪な家庭環境、優秀で努力する人が進学できないという辛い状況を描く社会問題を提起する映画かなと思っていた。
希代彩のココアは思った以上に役に合っていて、川瀬陽太の父シゲル、前原滉の兄トキオのダメさ加減が凄く良かった。
猪野広樹の兄の友人カズオのダメだけど少し得体の知れないところが良かった。
廃校のシーンや友達二人とのシーンはとても良かった。ココアとカズオの空気も予告だと恋愛になりそう。世相を描くより、青春とか家族にフォーカスした方がいいのでは…と思った。
ココアと父、兄のやり取りに、家族は良くも悪くもこのくらいなあなあになるものだなあと共感した。
地方の閉塞した空気感、お祭りが凄く大事な娯楽なんだろうなとか、高校生がアルバイトするのも限られる、車がないと話にならないとか、ダメな大人達のダメさ加減も凄かった。
ラストの「簡単に謝らないで」っていう台詞が良かった。
事態の悪化を招く、自分の失態を改善しようと無茶な行動して、結局年下に助けられるカズオは憎めない。
展開が甘い、ご都合主義な点も多々あった。
部屋の様子とか作り込みが甘い。
社会制度と合ってないと思われる点も多いが、ココアが悪意や暴力からは回避できている点等リアルな現実そのまま描いてはいないのだなと思う。映像は良かったので別の脚本家の作品で監督の次回作に期待したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゴロウ1111

1.0全てが既視感満載

ビビさん
2019年8月13日
iPhoneアプリから投稿

もうやめてください。貴重な映画館数を減らさないで。

何もないでしょ、こんな内容にキャスト。女子高生に音楽…
作ってて悲しくならないか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ビビ

5.0濁りの美しさ

ジュンさん
2019年8月10日
iPhoneアプリから投稿

タイトル通り、これは女性の物語

主人公ココアの映画に描かれない母の死から現在までの時間の中に、様々な紆余曲折があったのだろう

主人公ではないが、友人2人の「生」にも映画の主題となるような物語があったのだろうと感じられる

気持ちの良い「清さ」でなく「濁り」の中にも、「美しさ」を感じる

希代彩演じるココアの生命力に惹かれる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ジュン

2.5破裂・崩壊待ち

Bacchusさん
2019年8月10日
Androidアプリから投稿

悲しい

単純

幸せ

母親を7年前に亡くし、それ以来働かず生活保護を受ける父親とニートの兄と桐生で暮らす、将来と金のことで悩む高校3年女子の話。

遊園地の売店でバイトをしつつ、兄貴の友人による怪しげなDVD撮影の演者として小銭を稼ぐ主人公。

働かないダメ人間とチンピラ紛いのダメ人間達に囲まれて何とか生活している状況に理不尽な出来事が降りかかってくるストーリー。

未成年の高校生という立場上出来ることが限られる中で、押し潰されずに抗おうとする姿はなかなか響く。

その年頃の子にしてはかなりキツい状況なのに決して暗い感じにしていないのも好感が持てる。

そんな中での居酒屋からの祭りの件で、ああこうなるのかと先が読めるのは構わないが、それまでの心情の描写が無いのにその言い分と行動はとびすぎじゃない?という連れ去られるまでの流れ。

シーンは良かったしラストを委ねられたのは構わないけどもう一歩先が欲しかったかな。

話としては悪くはなかったけど、頭と終わりのテンポがちょっとぐずったのと、ストーリーとしてキレが悪く感じてしまったのが残念だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「JKエレジー」以外にこんな作品をCheck-inしています。