喝風太郎!!

劇場公開日

  • 予告編を見る
喝風太郎!!
19%
37%
25%
6%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「サラリーマン金太郎」「俺の空」などで知られる本宮ひろ志の同名漫画を、市原隼人主演で実写映画化。僧の風太郎が山奥の寺での修行を終え、久しぶりに町へと帰ってきた。ボロボロの袈裟を身にまとい、大酒を食らい、大の女好きで破天荒、勝手気ままで横暴な風太郎は、出会う人たちを振り回していく。幸運のお守りを売りつけて詐欺まがいのことをしている健司、家でも会社でも居場所を失い家族や上司への復讐をもくろんでいるサラリーマンの末吉、インフルエンサーを自称するネット依存症の詩織、それぞれの事情で風太郎を利用しようとしていた彼らは、風太郎の自由な生き方に触れることで心が解きほぐされていく。そんな中、風太郎たちはボランティアでホームレスへの炊き出し活動を熱心にする心やさしい麻季と出会う。しかし、麻季には風太郎も気づかなかった裏の顔があった。監督は本作が初の劇場長編作となる「あいが、そいで、こい」「ひとまずすすめ」の柴田啓祐。

2019年製作/103分/G/日本
配給:S・D・P

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)本宮ひろ志/集英社 (C)2019 浜友商事株式会社

映画レビュー

3.5DVDを借りて写経?したくなる作品

2020年2月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

難しい

2020年映画館鑑賞8作品目

話の内容が難解だ
山寺の破戒坊主が街に出て悩める人に喝をいれ解決する話だが果たして解決したのか?
これで解決なのか?いやなぜにそうなる?

構成は工夫していて好感が持てる
近藤芳正演じる高平と工藤綾乃演じる詩織と藤田富演じる笹本という3人の視点?の3つで構成されている
だから前に見たという場面が多い
視点を変えたりもしてるけど

内容は全く違うがなぜか『ランローララン』を思い出した

近藤芳正の全裸が観れる
普通のおっさんの汚いケツだなあ
市原の鍛えた上半身に比べると鑑賞に耐えられない
裸の若手女優との2ショットじゃないと絵的にきつすぎる

工藤綾乃ってなぜか売れないね
『幽霊レストラン』で主演したけどどう見てもバーターで出ていた剛力彩芽の方がブレイクしてしまった

鶴田真由の悪役は新鮮
今後もどんどんやれ

ますます迫力がある顔面凶器麿赤兒

占い師でチョイ役の板野友美相変わらず変な顔

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

5.0ビジュアルとストーリーからは想像が出来ないほどとても素敵なバディも...

茶瓶さん
2019年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

泣ける

楽しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茶瓶

3.0☆☆☆★★ 一切何の情報も知らず、当日に鑑賞を決める。 何故観たか...

2019年11月6日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★

一切何の情報も知らず、当日に鑑賞を決める。
何故観たかと言うと。現在、当方TOHOフリーパス発動中につき(山田くん座布団取りなさい(u_u)
こうゆう機会だからこそ観た…とも言える。

そんな個人イベントも来年からは…。

いかん!いかん!愚痴は止めてレビュー!レビューっと_φ(・_・

うむ…何を書けば良いのやら!

じゃあ!つまらなかったんだ!と問われれば…。
これが意外にも面白く観たんでよすね〜( ˘ω˘ )
とは言えども、オススメする程とは思えませんが(笑)

エンディングで、本宮ひろ志のコミックが原作と知る。
主人公の市原隼人は若き僧侶で無鉄砲。
《釈迦に説法》な内容かと思って観ていたら。色々と時代を反映した小道具や、社会背景が複雑に絡み。細かい伏線を回収しつつ、或る事件の解決に繋がるとゆう話…って、あ?それ言っちゃダメだったかも_| ̄|○

原作コミックは未読ですが。おそらく、原作が発表された時代には無かったであろう、電器機種への依存する若者。生きる目的を失った人達へのメッセージ的な要素は映画オリジナルであろうと感じた。

比べるモノでは無いのは重々承知の上で書き連ねると。昨日観た『マチネの終わりに』は。照明にせよ、衣装・セット美術や小道具に至るまで。「こりゃ〜、金も時間も掛けて丁寧に作ってるな〜」と思ったのですが。
それと比べるとこの作品は、どうにも低予算に見えるし。演出であり、(こんな事を書くと失礼かも知れないが)スタッフの力量も今ひとつに思え。時間も掛かってはいないのでは?…と。
どこか勢いだけで作られている様にも見える。
でも…そんな。一見すると、出来が悪そうな作品でも。割としっくりと来てしまう場合もありましてね〜( ´Д`)
でもオススメはしないですハイ!
だから、『マチネ…』とどちらが良いですか?と聞かれたら。「丁寧に作られている『マチネ…』じゃないですかね?」と言いますねハイ!
アチラも観る人によっては、面白いかどうかは分かりませんが(´-`)

2019年11月4日 TOHOシネマズ日比谷/スクリーン2

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

5.0予想してた内容と違く、少し驚いた。少し雑だったかなーという印象。

おれさん
2019年11月3日
iPhoneアプリから投稿

予想してた内容と違く、少し驚いた。少し雑だったかなーという印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る