劇場公開日 2019年11月1日

喝風太郎!!のレビュー・感想・評価

3.15
20%
33%
27%
7%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

5.0ビジュアルとストーリーからは想像が出来ないほどとても素敵なバディも...

茶瓶さん
2019年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

泣ける

楽しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茶瓶

3.0☆☆☆★★ 一切何の情報も知らず、当日に鑑賞を決める。 何故観たか...

2019年11月6日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★

一切何の情報も知らず、当日に鑑賞を決める。
何故観たかと言うと。現在、当方TOHOフリーパス発動中につき(山田くん座布団取りなさい(u_u)
こうゆう機会だからこそ観た…とも言える。

そんな個人イベントも来年からは…。

いかん!いかん!愚痴は止めてレビュー!レビューっと_φ(・_・

うむ…何を書けば良いのやら!

じゃあ!つまらなかったんだ!と問われれば…。
これが意外にも面白く観たんでよすね〜( ˘ω˘ )
とは言えども、オススメする程とは思えませんが(笑)

エンディングで、本宮ひろ志のコミックが原作と知る。
主人公の市原隼人は若き僧侶で無鉄砲。
《釈迦に説法》な内容かと思って観ていたら。色々と時代を反映した小道具や、社会背景が複雑に絡み。細かい伏線を回収しつつ、或る事件の解決に繋がるとゆう話…って、あ?それ言っちゃダメだったかも_| ̄|○

原作コミックは未読ですが。おそらく、原作が発表された時代には無かったであろう、電器機種への依存する若者。生きる目的を失った人達へのメッセージ的な要素は映画オリジナルであろうと感じた。

比べるモノでは無いのは重々承知の上で書き連ねると。昨日観た『マチネの終わりに』は。照明にせよ、衣装・セット美術や小道具に至るまで。「こりゃ〜、金も時間も掛けて丁寧に作ってるな〜」と思ったのですが。
それと比べるとこの作品は、どうにも低予算に見えるし。演出であり、(こんな事を書くと失礼かも知れないが)スタッフの力量も今ひとつに思え。時間も掛かってはいないのでは?…と。
どこか勢いだけで作られている様にも見える。
でも…そんな。一見すると、出来が悪そうな作品でも。割としっくりと来てしまう場合もありましてね〜( ´Д`)
でもオススメはしないですハイ!
だから、『マチネ…』とどちらが良いですか?と聞かれたら。「丁寧に作られている『マチネ…』じゃないですかね?」と言いますねハイ!
アチラも観る人によっては、面白いかどうかは分かりませんが(´-`)

2019年11月4日 TOHOシネマズ日比谷/スクリーン2

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

5.0予想してた内容と違く、少し驚いた。少し雑だったかなーという印象。

おれさん
2019年11月3日
iPhoneアプリから投稿

予想してた内容と違く、少し驚いた。少し雑だったかなーという印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

2.5某グレートティーチャー系

Bacchusさん
2019年11月2日
Androidアプリから投稿

楽しい

単純

原作未読

赤ん坊の頃山寺に捨てられて、30年間そこで暮らすと共に修行した僧の風太郎が、仏法の本質とは何ぞやを学ぶ為に下山し町の人と交流すると共に、人々の抱える問題を解決していく話。

世間知らずどころか一般常識が欠如していて最早普通に暮らすのも難しそうな主人公が、何故かどこぞの教祖様の様にもて囃されて、それに応えて行くストーリー。

コミカルで軽い作りではあるけれど、直接笑いに繋がる様なギャグがある訳ではなく、殻や闇を払拭していく開放感や痛快さを楽しむつくり。

もっと笑いを取りにいっても良かった気がするし、急展開過ぎて説得力に欠けるところもあるけれど、まあ普通に楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus

4.0真剣に鑑賞

akiさん
2019年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

隠し玉が多く、観ていて引き込まれる作品です。生きるとは何か?観終わった後、心に響きました。細かい点に着目して鑑賞されることをお勧めします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aki
「喝風太郎!!」の作品トップへ