カイジ 動物世界

劇場公開日

  • 予告編を見る
カイジ 動物世界
8%
61%
8%
23%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実写映画化も話題を呼んだ人気コミック「賭博黙示録カイジ」を中国で映画化。定職にも就かず自堕落な生活を送っていた青年カイジは、友人にだまされて5300万円もの借金を負ってしまう。窮地に陥った彼は、負債者に借金一括返済のチャンスを与えるというギャンブル船「デスティニー」に乗り込むことに。謎の組織が取り仕切るそのギャンブルは、勝てば借金帳消しだが、負ければ命の保障はない。人生の一発逆転を狙い、命をかけた究極のゲームに挑むカイジだったが……。カイジ役を中国の人気俳優リー・イーフォン、日本版の利根川にあたるアンダーソン役を「アントマン」シリーズのマイケル・ダグラスがそれぞれ演じた。監督・脚本は「メモリー First Time」のハン・イエン。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

2018年製作/132分/中国
原題:動物世界 Animal World
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)福本伸行 (C)Ruyi Films & Fire Dragon Guo. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0私は日本版より好きです

といぼさん
2019年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

福本信行先生による大人気漫画の中国版実写映画。
私はアニメ全話視聴済み・藤原竜也主演の日本版も視聴済みです。

私個人の意見ですが、中国リメイク版の今作は「日本版での不満点をおおむね解消している」と感じました。もちろん不満点が無いわけではありませんが、原作ファンの私でも楽しめる良作映画でした。

藤原竜也主演の日本版は、2時間ちょっとの上映時間に「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」「Eカード」という3つのゲームを盛り込んだ内容になっていましたが、私はこれは失敗だったと思っています。3つのゲームを短い尺に収めるために非常に淡々と物語が進むせいで、この作品の面白さの肝である緻密な戦略や高度な心理戦が非常に薄っぺらく見えてしまったからです。アニメ版で20話以上掛けて描いたストーリーをたった2時間ちょっとの映画に詰め込むのはどう考えても無謀です。原作ファンだった私は日本版カイジを観た時に「限定ジャンケンだけで映画化すれば良かったのに」と心底ガッカリしました。

そんな日本版に対して中国版カイジは登場するゲームは「限定ジャンケン」だけで、2時間掛けて丁寧に丁寧に戦略や心理戦を描いています。ゲームの緊迫感やキャラクターの心理描写は中国版の方が勝っていました。過剰な演出が多用されるところは正直賛否の分かれているみたいですが、原作もあれくらい意味の分からない演出が多いので私は全く気にならなかったですし、むしろ「よくやってくれた!」ぐらいの感覚でした。

ただ、原作には無い「病気の母を助ける」「幼馴染とのラブロマンス」という改変部分が原作ファンとしては鼻に付いたところはあります。映画としてのまとまりやラストの感動を演出するための改変なので、「映画としての面白さ」は向上したと思いますが、「期待していたもの」とは違っていました。原作でもアニメ版でも日本版でも、徹底的にクズな主人公カイジが描かれていたので、それを求めていくと期待外れに感じます。

良かった点・悪かった点、それぞれありますが、映画としては本当に面白く観られましたし、原作に対するリスペクトを随所に感じられました。
藤原竜也主演のカイジ新作映画も発表になりましたし、この機会に是非ご覧になってはいかがでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

3.5ピエロの大激闘

KinAさん
2019年1月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

限定ジャンケン一本勝負だったことにびっくりした。
漫画の実写化といえばエピソード詰め詰めで異常なテンポで話が進むのが当たり前だと思っていたので。

一つ一つの出来事や勝負の行方を丁寧にリズミカルに見せてくれるので間延び感は無く、駆け引きにハラハラしながら観ることができた。
カイジがかなりの人情派なのもスリルを足している。
その割に頭のキレ方が抜群なのも良い。
その機転と読みを上手く使っていれば普通に良い生活できると思うんだけども…。

決死の賭けと裏切り裏切られの展開に手に汗握れるけど、ところどころで理解が追いつかないのは私がこの手の話に疎いだけなので仕方ないかな。
一手の解説を見て、ほーんと思うだけにとどまってしまったのが残念。
もっと一緒に苦しみたかった。

中国ではIMAX3Dで公開されてることも納得の映像体験。トリッキーでポップで気持ち悪くて楽しかった。
人間からモンスターに変化するシーンが好き。
かなり頻繁に挟んでくるので若干飽きてはくるけど。

敗北の先がエグすぎる。
しかしワクワクしてくるので正直もっとしっかり観たかった。まさに生き地獄なあの場を舞台にまた何か展開してくれたら良いのに。
なんだかんだ続編が公開されたら観たいと思う。
原作未読、日本版実写映画は二作とも鑑賞済み。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KinA

3.5中国版カイジ

まん坊さん
2019年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

2019-008@ヒューマントラストシネマ渋谷

動物世界とは?と思いつつ原作好きなので気まぐれで鑑賞。
割引使わなくても1300円とお得だった。

原作と大きく違うところは、なんと穀潰しにもかかわらずカイジに彼女がいること笑
確かにお客さんに感情移入してもらうために主人公のバックボーンを掘り下げたかったんだろうなと。
そのため元々は優等生だったという設定に。笑

カイジは借金を背負い起死回生のギャンブルをすることになるんだけど(デフォルト)、原作に忠実なおかげでゆるぎない面白さ。
マイケルダグラスの右腕のモヒカン頭のお兄ちゃんの名前がアンド―でなんでやねん笑
中国版では参加者がインターナショナルなのでたまに日本語が聞こえてきたりしてニヤニヤ

ただ、原作知ってる方ならわかると思うけど、作者は割と頻繁に独特な描写の仕方でカイジの心情を描くのだけれど、それを実写の本作ではCGを駆使して作っていて、どっかで見たような手法や効果音
のせいもあってか残念な感じになってるのがもったいなかった。

続編があったら、、、やっぱり観ちゃうかな!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まん坊

1.5to be continue作品は大嫌いです

aki007さん
2019年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

日本版「カイジ」とは違い、この中国(香港)版は、借金一括返済のチャンスを与えるというギャンブル船「デスティニー」に乗り込んで勝負するという設定。
しかし、そのゲームが1種類だけで、2時間も引っ張るものだから中身はダラダラ。その上に、エンドロールには「to be continue」の文字が!全く面白く無い作品でした。こういう続編ありきの作品作りは止めて欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
aki007
すべての映画レビューを見る(全7件)