岬の兄妹

劇場公開日

岬の兄妹
29%
55%
10%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ポン・ジュノ監督作品や山下敦弘監督作品などで助監督を務めた片山慎三の初長編監督作。ある港町で自閉症の妹・真理子とふたり暮らしをしている良夫。仕事を解雇されて生活に困った良夫は真理子に売春をさせて生計を立てようとする。良夫は金銭のために男に妹の身体を斡旋する行為に罪の意識を感じながらも、これまで知ることがなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れることで、複雑な心境にいたる。そんな中、妹の心と体には少しずつ変化が起き始め……。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内コンペティション長編部門で優秀作品賞と観客賞を受賞。

2018年製作/89分/R15+/日本
配給:プレシディオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)SHINZO KATAYAMA

映画レビュー

4.0倫理観が、価値観が揺さぶられる。胸ぐら掴まれたみたいに生を突きつけられる。

2019年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

怖い

岬という場所は、生と死が入り混じるところと言われる。それがこの兄妹に当てはまるのかどうかはわからないが、少なくとも彼らが極限生活を余儀なくされることだけは確かだ。金もなくなり、保護も受けられず、ガスや電気も止まり、やがてティッシュを食らう。もう一歩進めば確実に死が待っていたはずだ。

彼らは終止符をただ素直に受け入れることはしない。それが倫理に反すること、それを侵すことで人間以下の存在に成り下がることを覚悟の上で、絶望と悔しさの悲鳴を上げながら、それでもどうにか生きようとする。これは何かを糾弾する映画でもなければ、ましてや万人の心を和らげる映画でもない。ある意味、ギリシア悲劇のごとく、考えうる究極の一線を越えながらただひたすらもがき、生きようとする兄妹の物語だ。易々と人にオススメはできないが、それでも胸ぐらをつかまれたみたいに生を突きつけられた。見る側の心に何が芽生えるのかを問われる一作だ

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
ぐうたら

5.0人間への深い愛がある

ローチさん
2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

今村昌平の映画のようだ。あけすけに人間の見にくい部分を暴き出すが露悪的ではない、むしろここまで見つめることができること自体に、人間への深い愛情を感じる。綺麗事を吐くの簡単だが、人間には見にくい部分が必ずある。そこに目をつぶって、キレイなものだけ見つめる輩とこの映画の片山監督のように、醜悪さもしっかり見つめる人とどちらが、より人間を愛していると言えば、断然片山監督のが人間を愛していると思う。
困窮する生活、自閉症の妹に売春させる兄、売春の相手も社会の「底辺」にいるような人がほとんどだ。しかし、臭いものに蓋をすべきではない。現実にこういうことは存在している。
2人は貧しいし惨めかもしれない。しかし、不幸かどうかはわからない。人の幸せを勝手に自分のモノサシで測ってはならない。のんきに現代社会を不自由なく生きている人間には、持ちえないモノサシで彼らは生きている。これぞ価値観の多様性である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

4.0片岡監督、新星であることは間違いない。

shinkatoさん
2019年11月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

興奮

ムービーウォッチメンで本作を知り、調べると片岡監督は、ポンジュノ、山下敦弘の助監を経験してると!これは一刻も早く観ねば!と新百合ヶ丘まで遠征しました。
観終わっての感想は、⬆︎の事前情報が若干のノイズになってしまったかも。。「(俺が思う)ポンジュノ監督っぽい」っていう部分と「(俺が思う)山下監督っぽい」っていう部分を僕自身が勝手に汲み取ってしまい、作品全体としてかなり歪な作品に感じた。もし、事前情報無しで「片岡作品」としてまっさら状態で観たら、衝撃がもっと強かったかも。まあ、その事前情報を知らなかったら映画自体観てなかっただろうけど笑何度か繰り返し観たら「片岡監督っぽさ」というのがわかるかもな。。いやそれもダメだ。。何故ならこの作品、もう一度見たいという気が起きない。。
しなしながら、片岡監督、これから目が離せない、これだけは確かだろう。
「生活保護を何故受けない?その時点でリアリティが無い」という感想を見かけたが、負のスパイラルってそういうものでは無いだろうか。側から見て「こうすれば良いのに」ってことも中々出来ないような状況だったり環境だったり。まして良男さんは卑屈方面に相当我が強そうだし。。
そして最後の着信、あれは希望なのだろうか?あの状況で良男さんが出ちゃうのは大事な電話だから、おそらくあの人からであろう。しかし、その前に起こった絶望を思うと、決して希望とは言えない。
とにかくイカれてる。そして、見た後自分に襲いかかる罪悪感のようなもの。最近傑作ばかり観てるので言葉の重みが無くなってるが、やっぱり言いたい、傑作だ💩

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shinkato

4.0終わり方 演技

海中さん
2019年11月20日
iPhoneアプリから投稿

終わり方
演技

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
海中
すべての映画レビューを見る(全81件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る