テルアビブ・オン・ファイア

ALLTIME BEST

劇場公開日

テルアビブ・オン・ファイア
16%
62%
20%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

パレスチナ系イスラエル人のサメフ・ゾアビ監督が、複雑なパレスチナ情勢を皮肉とユーモアに包んで描いたコメディドラマ。1960年代の第3次中東戦争前夜を舞台にした人気メロドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」。その制作現場でインターンとして働くパレスチナ人の青年サラムは、撮影所へ通うため毎日イスラエルの検問所を通らなくてはならない。ある日、妻がドラマの大ファンだという検問所の主任アッシから脚本のアイデアをもらったサラムは、制作現場でそのアイデアを認められて脚本家へと出世するが……。主人公サラム役に「パラダイス・ナウ」のカイス・ナシェフ。2018年・第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。

2018年製作/97分/G/ルクセンブルク・フランス・イスラエル・ベルギー合作
原題:Tel Aviv on Fire
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Samsa Film - TS Productions - Lama Films - Films From There - Artemis Productions C623

映画レビュー

3.5不謹慎ギリギリを攻めた気概に拍手

村山章さん
2019年11月30日
PCから投稿

笑いの良し悪しを図るのはとても難しいけれど、決してコメディとしの精度が高いとは感じない。もっとハネていいアイデアだと思うし、パレスチナ問題という難しいモチーフをよくぞここまで!という褒め方も、ちょっと下駄を履かせている気がしなくもない。ただ、ある種、身も蓋もないオチの乱暴さと居直りは完全に予想を超えていて、いささかマジメすぎるコメディという全体の印象をひっくり返すほどに、テーマに対する作り手の覚悟と本気が見えてきた。回りくどい言い方になってしまったが、現実の重みに屁をくらわすような痛快作ですよ、これは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
村山章

4.5パレスチナ・イスラエル問題を喜劇に昇華させた天才技

2019年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

かつての東西ベルリンや南北ベトナム、そして現在の朝鮮半島のように、かつてひとつの国・地域だった土地が政治的軍事的な事情や外国勢力の介入によって分断される悲劇。イスラエルでもまた、政治・軍事で優勢なユダヤ人が分離壁を作ってアラブ系のパレスチナ人を押し込めている状況が半世紀も続いている。それほど根深く深刻なパレスチナ問題を、皮肉とユーモアをたっぷりまぶしたコメディで描く映画が登場したことに驚嘆する。

イスラエル近代史に明るくなくても十分楽しめる。ドラマ制作スタッフのパレスチナ人主人公と検問所のイスラエル軍司令官の奇妙な交流、そして劇中ドラマでは1967年のテルアビブでイスラエルの将軍に接近するパレスチナ女スパイの活動と恋?が描かれ、この複雑な状況を楽しみながら学べるようにできているから。ラストは「こんな終わらせ方があったか!」と驚き、また爆笑して、希望を感じ取ることができるはずだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

3.5何故かアメリカ映画度高し

胃袋さん
2021年10月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

内容に何か感じたというよりは、アメリカ映画の語り口のパターンが、パレスチナ問題さえ簡単に飲み込んでしまうという、その一点だけで久々に圧倒されてしまった。
プリンの型じゃないけど、その型に入れてプッチンとして皿に持ったら何でも美味しく食べられてしまうみたいな、全世界共有の魔法のようでもあり、ブラックホールのようで恐ろしくもあり・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
胃袋

3.0予想外の佳作!

時村さん
2021年2月14日
Androidアプリから投稿

パレスチナ問題を扱った作品というとシリアスで理解が難しいという印象があるが、本作はユーモアと魅力的なキャラでぐいぐい見せてくる。さらにこの地域の文化がわかるとフムスという小道具ひとつとっても皮肉めいた示唆が見えてきて深みがあり何度も楽しめて面白い。脚本が周りの都合でどんどん変わっていくシナリオ、監督はウディ・アレンとの類似を話していたが日本では「ラヂオの時間」等の三谷作品を彷彿とさせた。ラストの乱暴な展開もそれはそれで面白さに繋がっていてなかなか快作だなあと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
時村
すべての映画レビューを見る(全58件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る