いつか家族に

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
いつか家族に
いつか家族に
7%
59%
30%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「活きる」で知られる中国の作家・余華(ユイ・ホア)によるベストセラー「血を売る男」を映画化したヒューマンドラマ。「1987、ある闘いの真実」「お嬢さん」「チェイサー」など数々の話題作で活躍する俳優のハ・ジョンウが監督としてメガホンをとり、自ら主演も務め、物語の舞台を朝鮮戦争後の激動の韓国に舞台を移して描いた。朝鮮戦争終戦直後の1953年。現場仕事でなんとか食いつないでいるサムグァンは、ポップコーン売りの美しい女性オンナンに一目ぼれする。オンナンには羽振りのよい恋人の存在があったが、そのことを知りながらもサムグァンはオンナンにプロポーズし、彼女の父親を説得し、2人は結婚する。3人の子どもを授かり、けっして裕福ではないものの一家は幸せな毎日を送っていた。しかし、11年間わが子として育てた息子が、実は他人の子ではないかという妙な噂が流れ出す。ハ・ジョンウが主人公サムグァン、「マンハント」のハ・ジウォンが妻オンナン役を演じるほか、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、ドラマ「コーヒープリンス一号店」のユン・ウネらが顔をそろえる。

2015年製作/124分/G/韓国
原題:Chronicle of a Blood Merchant
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved

映画レビュー

3.5原作小説は「血を売る男」。ホラーではないので、ご安心ください

2020年4月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
岡田寛司(映画.com編集部)

3.5罪はない

ミカさん
2020年12月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

子供に罪がないのは分かっていながら、サムグァン、非道になる様に無理して自分に言い聞かせていたのかな。オンナンだって無理矢理されて身籠った訳だから、本来だったら被害者ですよね。もっと労ってあげてもいいのに。こういうところ、男性のダメなところだと思います。だけど、息子の為に命をかけるサムグァンをみていたら、やっぱりそんな自分が情けなくて許せなかったんだと思います。家族で肉まんが食べられて良かったね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ

3.5パパ

R♪さん
2020年10月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
R♪

4.0【子供を助けるために”売血”に次ぐ”売血” ”血のつながりとは何か”という事をコミカル要素を塗して描いた作品。】

NOBUさん
2020年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

悲しい

幸せ

ー初鑑賞時には、サムグァン(ハ・ジョンウ)の長男イルラクが、自分と血のつながりがない疑惑が生じてからの態度急変と、ストーリー展開の粗さが気になった作品。-

・1953年、朝鮮戦争終結直後の韓国の田舎でサムグァンはポップ・コーン売りのオンナン(ハ・ジオン)に一目ぼれ。オンナンには金持ちの恋人、ハ・ソヨンがいることを知りながら、父親に結婚を猛プッシュ。ついに、父親の了解を得る。
ーえ、デートで肉まん、冷麺、プルコギをオンナンに振舞って、父親にも直談判。強引だなあ。え、結婚しちゃうの?-

■時は流れ、11年後の1964年。
・サムグァンとオンナンの間には、3人の元気な男の子が。
 長男、イルラク
 二男、イラク
 三男、サムラク
 が、イルラクはハ・ソヨンに似ているとの噂が流れ、血液検査を受ける。結果は・・。
 ”イルラク、皆のいる前では、おじさんと呼びなさい”Byサムグァン
ーそれは、酷いんじゃないの?子供に罪はないよ。確証もないし。-

・ハ・ソヨンが倒れた際に、怪しい道士から”息子に願いを・・”といわれ、イルラクはハ・ソヨンの家へ。
ー可哀そうだよ。-

・が、イルラクも突如、倒れオンナンと病院へ。入院費を稼ぐためにサムグァンはあらゆる手段を使って売血し、お金を稼ぐが・・。

<貧しい人は、売血して生計を立てていた時代の物語。最後はハッピーエンドで終わるが、イロイロとストーリー展開の瑕疵が気になった作品でもある。が、そこは韓国映画の力業でねじ伏せたのかな。再見すると、面白かったから。>

<2019年1月20日 出張先の歓迎宴会を一次会にて抜け、シネマテーク高崎にて鑑賞。但し、酔いが回っていた・・。>

<2020年7月 別媒体にて、再鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る